上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 25日

構わない 構いはしない

「構わない」は、「構いはしない」の略語だと思うのだけど、違うのだろうか?
そうだとするなら、やはり「構はない」が正しいはずだ。
地面という言葉にルビをふる時は、(じめん)と書くが本当は(ぢめん)
なのでは?
「痔」は「じ」が正しいはずで、ワープロの変換はやはり「じ」になっているが、
街角で見る「痔」関係の看板には「ぢ」と表記されていることが多い。
これはやはり「痔」→「血」→「ぢ」という連想から来た、イメージ喚起のため
の表記だろうか?
関西で「質屋」の看板を「ひちや」と書いているのは、「しの字」嫌いの
縁起担ぎだが、「痔」→「ぢ」には縁起がらみは想像しにくいから、たぶん
「ほっら!『ぢ』のほうが痛っそーやん!ね!」などと言うことを痔薬の会社の
創業者なんかがのたまって、それが定着しちゃったのかもしれない。
しかし、「痔」というのはやはり文字通り寺の病なんですね。

私は就活というやつをやったことがないので、実際には一般教養試験と
いうのを受けたことはないけど、父親が地方公務員であった関係で、
その歳に行われた採用試験の問題を中高校生のころよくやらされた。
おそらく父は私を先々公務員にしてしまうつもりでそんなことをしたのだろ
うけど、私は高得点が採れた時のお小遣いだけを目当てにやっていて、
公務員になる気はちっともなかったのだけど。やっているのは中級試験
だから、はっきり言って高校の入試問題より簡単で、中学生の頃から、
ほぼ満点をとることが出来た。
満点をとれると普段めったに小遣いをくれない父親が五千円くらいポンと
くれるのが夢のようだったけど、しかし例えば、「大童」「屡」「所以」などという
漢字が読めるということが、どのように「一般」教養で、そうした文字が偶々
読めた人が、何故公務員にむいているのか?と考えてみると、大人社会
の非合理性に首をかしげざるを得なかった。

昨年は首相の漢字の読み間違いで随分騒いだけど、べつに麻生さんの
肩をもつわけじゃないが、政治家の能力と漢字の知識はとくに関係ない
と思える。まぁ官僚のあげた書類や新聞くらい読めないと駄目だろうけれど、
国語能力のなし=首相失格というのは短絡だと思う。
豊臣秀吉の手紙だって、誤字脱字だらけじゃないか!
もし豊臣秀吉が現代の政治家だったら!!………やっぱ駄目か。

麻生さん、「大童」や「屡」は読めなくても「構はない」けど、新聞に載っている
程度の普通の日本語が読めないのは、やはり大いに「構ふ」みたいよ。
[PR]

by shanshando | 2009-01-25 12:52 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< わらしべ      風説 >>