上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 31日

顔面紙芝居!!

好きなもの、良いものにめぐり合った時、どう表現しますか?
ワンダフル!グレート!超ヤバイ!かっけぇー!

実際に日常的な口語で遣われているのを聞くことはあまりない
気がしますが、私は「結構な…」という言葉が好きです。
立川談志は名人上手の芸を指してよくつかいますよね。
あと、「結構なお湯でした。」とか「結構なご酒でゲス」なんて…

「結構」というのは本来最上のしつらえに対する賛辞であって、
「結構いいケツしてんジャン!」とか、
「結構キテルんじゃない、あの古本屋のおやじ!」とかは内容も
含めて誤用なんじゃないかと思います。
英語で言うとexcellent!!あたりが一番近いかな?という感じ。

さてなんでこんなことを書いているかというと、昨日久しぶりに
「結構」にあったからです。
いろいろテレビでも紹介されているみたいですから、ご存知の方
も多いと思うのですが、世界唯一、特許庁認定商標登録「顔面紙
芝居」のピカさんの芸です。

どんな芸かを文章で説明するのも野暮なので、ホームページから
スケジュールを確認して是非実見してください。

テレビをつければお約束の笑いは日常的に垂れ流されているし、寄席に
行けば達者な芸を観ることも可能ですが、なかなか「結構」な芸には
めぐり合えないものです。
「達者さ」や「ウケ」は努力すればある程度まで手に入れられますが、
「結構」の習得には幅広い経験値が要求されるのだねぇ、と小金井公園
夕間暮れにため息をついたわけでございました。
[PR]

by shanshando | 2010-01-31 13:00 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 山谷ブルース VS 釜ヶ崎人情      居酒屋の思い出 三軒茶屋 鯉 伍平 >>