上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 05日

ビートたけしはニートが嫌い?

面白いプログラムをネット上で運営しているphaという自称ニートの人の創った
村上春樹風に語るスレジェネレーター」に嵌ってしまった。

本人が自信を持ってニートだと言っているのに、他人が疑義をはさむのは
失礼な話だけど、そもそも「ニート」なんていう言葉で、ただ働きたくないから、
働かない人たち
を括りたがる安易さを私は嫌いだから、あえて自称と書かせて貰う。
働きたくないから、働かない人たちは、いつの世も…まで言うと言いすぎ
だけど、大抵に時代にはいたに違いない。江戸時代だって明治だって大正だって
そうでしょ。尾形亀之助なんて、敢えて今風にいえば「ニート」だし、昔の芸人
の逸話なんて読むと、もう「ニート」だらけじゃん。
pha氏にはプログラム芸人とか、プログラムエンタティナーなどの呼称があっている気がする。
まぁ本人がニートって言ってんだから、ニートなわけだけど……

かつて日本の為政者たちが、山の民を駆り出して無理やり定住させたのは、
主に徴兵目的だったけど、今の「ニート」口撃はとりあえず納税人口の確保が主眼で
やがて徴兵に切り替わるかもしれないけど、為政者でも管理者でもないただのオッサン
達がごもっともな顔して、説教垂れるのは自分自身の「全然イケてない状況」で溜め
込んだストレスを発散しているに過ぎない。みっともねぇー

そういうお馬鹿なオッサンやオバサンを喜ばせるために、つくられた低俗番組で、
ビートたけしがこんなことを言っている。
「働けよ馬鹿野郎!」だって、この人もしここにタイムマシーンがあって、三十代の
全然売れてない頃の志ん生に逢ったら同じこと言うのかね?
誰かが言ってたけど、芸人っていうのは普通に働いたり、努力したりするのがイヤだったり
する人間が「楽そうだから…」ってなるもんだそうだ。
実際に芸人として売れるのに努力が不要とは思わないけど、だからって芸人である
(イヤ少なくともかつて芸人であったはずの)ビート(イヤ北野…どーでもいけど)たけし
が、そういう事を否定してどうする?
「落語っていうのは業の肯定だ」っていうのは立川談志の「現代落語論」だけど、
名人談志とエセ芸人ビート(イヤ北野…どーでもいいけど)たけしじゃこのぐらいセンス
の差がある。

政治家とかにちやほやされていい気になっているのか、最近よくこういう馬鹿なコメント
をしているのを観るけど、偉そうに言う前にpha氏の作った「村上春樹風に語るスレジェネレーター
でも試してみるといい。
少なくともあんたがバラエィでほざいているワンパターンのくすぐりなんかより遥かに
笑える。
入力する単語は、できるだけ立派で有り難い言葉のほうが効き目がある。
例えば「〇皇陛下」とか「〇室報道」など入れると霊験あらたか間違いなし!
[PR]

by shanshando | 2010-03-05 19:50 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 伊勢丹跡地で古本市!      完全犯罪 >>