2010年 06月 15日

もつ焼き横堀

ちょっと前の……、そう10年位前の三鷹を知っている人にとっては
古本屋といえば、すぐ思い浮かぶのが駅前にあった下田書店さん
だっただろう。なにしろご主人は三鷹事件の記憶をよく話されていた
というから、4,5年前に廃業されるまで、すくなくとも半世紀は営業
されていたはずである。
廃業のきっかけとなったのは、お約束の駅前開発で、ご子息はすでに
歯医者さんを営まれて盛業中だったから、転地してまでの営業続行は
選ばれなかったのだろう。
その下田書店のお隣で営業していたのが、もつ焼き「横堀」で、こちら
は少し位置を変えて今も駅前で盛業中。
以前から、一度行ってみたかったのだが、なにしろネタが売切れ次第
閉店のお店なので、上々堂の閉店時間にはもはや開いていることが少な
いので、果たせずにいたのだが、先日休日の羽伸ばしでようやく行ってきた。

こういう食べ物の話というのは、とかく大袈裟なヨイショととられがちだが、
はっきり云って、私はあんなに美味いもつ焼きを食べたことがない。
肉が全て大振りに裁かれていて、食感が信じられないほど柔らかい。
塩も特別なものを使っているのだろうか、ただの塩味ともいえない複雑
玄妙さで、なるほどこれならもつ焼き以外のメニュウをあえて置かないのも
よく判る。
席につくと同時に出される、小鉢のお新香ともつ焼きだけで100パーセント
満足させられる。
一日に何本くらいを売るのかは知らないが、良いネタを仕入れ、その日に売る
ぶんだけを仕込んで、売り切れたら閉店。もつ焼き屋にはよくある煮込みすらも
出さない。単純明快だからこそロスがなく、素材をおごることが出来るのだろう。
不景気にも強いこういう商売は見習いたくても中々見習えない。
大事なのは、運と思い切り?……だろうか?
[PR]

by shanshando | 2010-06-15 11:13 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< あるほどの…      夏座敷 >>