上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 23日

思考停止にならないで

被災地のようすが毎日報じられ、為に国民の心がひとつになっているところ
があって、それはとても良い事だろうと思う。

今は、戦犯探しだとか、責任の所在がどうとか言っている時ではないだろう。
まさにその通り。
しかし、考えて欲しい被災された方に充分な援助をする為にも、一刻も早い
国力の回復が必要だ。まずはやはりエネルギーの安定的な供給が急務だ。
よし、原発を大急ぎで造ろう!とりあえずこうなったら、主な電力の消費地である
東京がその生産地として手を上げるべきだろう。湾岸に原子力発電所を!
おいおい、それじゃあ猿知恵だよね。

昨日、日経が日本の原子力発電は海依存が弱点と報じていた。
海辺は今回のように津波のリスクもあるし、そもそも地盤が脆いから原子力
発電所など建てるのはリスクが高すぎる。……でもさあ、そんなこと始めっから
分かってたことじゃないの?分かっていて、利便性、経済性を安全に優先させ
たのでしょう。
こうして事故が起きて、取り返しの付かない事態を前にして、「弱点は海依存ですね!」
なんてしたり顔で言うのは、むしろもっと根本的な問題から目を逸らす行為だと思う。

この事態に際して、自然エネルギーへの過度な期待を言うのも、やはり無責任な
ことであるらしい。現状自然エネルギーは今の肥大化した物質文明を支えるには、あまりに
力不足だ。ない夢に期待をもつことは罪だろう。自然エネルギーを利用するには社会の
再構築しかあり得ない。

ここまで、他人事のように書いてきたが、実は他人事でないことは良くわかっている。
このところの停電騒ぎで、私たちの社会がいかに電力に依存している社会なのかが、
思い知らされた。我々はそれぞれ自分で生きているつもりでも、実はそういう整備された
インフラの温床のうえで生きているに過ぎない。つまり私たちは全員今回の原発事故の
共同従犯だといっていいだろう。
自然エネルギーへの切り替えもすぐには無理、というか我々全員がエアコンを諦め、
大型TVを捨て、すべての自由主義経済による競争原理を捨てない限り、それは無理。
では、火力発電に戻るか?これは資源の枯渇が見込まれるかぎり難しいですね。
温暖化のこともあるけど、実は原子力発電もウラン精製その他でかなりCO2を排出している
という説もありますから、一応即座に原子力のほうが温暖化防止に寄与するとは言えない
ようです。
となると、やはり原子力の安全利用しか答えは無いようですが、それにはまず現今のエネルギー
政策に至った歴史的な経緯、付随する利権の構造、原発ジプシーなど暗部に隠された事実
を公表するなどが行われなければならないだろう。
一部の政治家や官僚だけが事実を囲みこみ、周辺住民はじめ利用者にも安全だ安全だと
ばかり言い続けて、いざ事故が起これば、リスクはみんなで分担じゃ誰が納得するか?
[PR]

by shanshando | 2011-03-23 15:09 | ■古本屋子育て日記


<< 東京に原発が林立する日      ただちに影響は…… >>