上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 24日

東京に原発が林立する日

東京都知事選が告示されたようだが、当然原発の問題が大きな争点に
なるのだろう。
耳聴こえの良いことでお茶を濁さないようにして貰いたいものだ。
もし、脱原発、自然エネルギーへの転換を掲げる候補がいたら、ちゃんと
具体的な実現の可能性を語らなければならない。感情論だけで、クリーン
なエネルギーなどというのは、結局背信行為だろう。

昨日も書いたように自然エネルギーの転換は、経済の縮小、社会体制と
生活形式の変革なしにはありえない。
貧乏になって、エアコンや大型家電も捨てて、江戸時代の日本のような
農業国家になる覚悟がなければ無理だろう。贅沢や利便は確保して、環境に
優しくなんて寝言も甚だしい。

まあ、みんなが覚悟してそうなるのであれば、それも賢明な選択かもしれないけれど、
その場合、医療や教育などのレヴェルが途上国なみになることを覚悟しなければならない。
今の日本人にそれが出来るだろうか?

やっぱり貧乏はいやだよ!というのであれば、やはり現じょうでは原子力発電所を
あらたに造るしかない。
しかし、もう他の地方に用地を提供してもらって、使うのは東京なんていうむしの
いい考えではどこも受け容れてくれるところがない。いくら政治的な圧力をかけようが
札束で頬面を張り飛ばそうが、もう誰もこんなリスクを引き受けてくれないだろう。
当然だ。

今の規模の電力需要を賄おうと思うと、柏崎刈羽原子力発電所クラスの原発が五個分
は必要だろう。それを東電管内の8都府県内で使用電力に比例させて公平に分配する。
柏崎刈羽は国内最大で敷地だけでも420万平米あって、東京都などはそれだけの
用地買収がむずかしいだろうから、とりあえず小さなものを幾つか造って出力量を
確保する。臨海地区は地盤が脆弱だから、地盤の安定した内陸部につくるとして、
一定の面積が確保出来そうなのは、立川の昭和記念公園、小金井公園などが、
ふさわしいだろう。それでも勿論まだ足りないから、砧公園、井の頭公園なども動員
北の丸公園 新宿御苑 日比谷公園なども全部原発にすれば、なんとか今の電力
需要が賄えて、他地域の皆さんに今回のような辛酸をなめさせるご迷惑を掛けないで
済むし、さすがに自分たちの喉元にあるとなれば、官僚や政治家も安全基準に厳格に
ならざるを得ない。すべて良好。きわめて正しい解決手段となる。……というかもうこれしか
ありえないだろう。

TVで震災の情報を見て、気の毒がっている場合ではない。震災の被害は天災だが、
原発事故は半ば以上に人災で、その責任の一端はあきらかに原発電力の恩恵を
蒙ってきた私たち全員にあるのだ。東電とか国は直接の責任者か知らないが、私たちは
謂わばこの国のオーナーであり、そうである以上今までそんなことになっていたとは知
りませんでしたは通じない。ご迷惑をかけたみなさんに申し訳なく思うのなら、今後は
自分でリスクも持つべきだ。
[PR]

by shanshando | 2011-03-24 13:41 | ■古本屋子育て日記


<< ジムに行く前に階段を使え!      思考停止にならないで >>