上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 18日

すぐに、浜岡停めないと3正面になりますよ。

ちょうど一箇月少し前、わたしは非常にナーバスになっていた。
原因は例の「ただちに……」である。
やれ、レントゲン一回ぶんに満たないだの、ニューヨークまで飛行すれば
もっとだの、官製デマに騙されて周囲の人間はみな楽観論を口にしていた
けど、どう考えてもそんなわけはない。
被曝しても水道で洗い流せば大丈夫って、犬のウンチ踏んづけたんじゃ
あるまいし……。

被災した現地で危険に晒されている人がいるのに、自分の心配するなんて
…と、顔をしかめられたりもした。
一番怖かったのは子ども達に対する影響で、それは今も続いている。
関西の実家にせめて春休みの間だけでも子どもを疎開させたかったけど、
あいにく私自身に入院手術の予定がすでに震災前からあったりして、
商売のこともあるし、なかなか踏み切れず。踏み切れない自分にまたじれたり
して、これは子ども達に一生わびても追いつかない罪なことをしてるのでは
ないかと毎日悩んだ。いや今も悩んでいる。

人の逃げ道を塞いでまで、自分の子どもを逃がすのはエゴイズムだが、粛々
と自分の子の安全を諮るのは親として普通の判断だろう。
しかし困るのは、逃げるとなると仕事やその他犠牲にしなければならないことも
少なくないなかで、危機判断のための情報が正確に流れてこない事だ。

今次の震災を罹災して証明されたとおり、若干平和ボケの気味もあるのでは
ないかと思うくらいに日本人は冷静である。情報を過度に制限してパニック
対策をする必要があるとは思えない。なのに何故政府や東電はあんな三つ子を
あやすような見え見えの嘘をつくのか?発表した一週間後には簡単に覆るのだか
ら、嘘と決め付けても言いすぎじゃないだろう。
おそらく、交通機関への殺到などの直接的かつ物理的なパニックよりも、経済的
なパニックを怖れているからだろう。

大企業の中には入社式を関西で行ったところも少なからずあったようだから、現在
実質的な業務の拠点を関西に移管しつつある、あるいはすでに移管してしまっている
企業が多数あると思って間違いないだろう。表立ってそうしていない会社もいざとなれ
ば即座に移れる準備はしているにちがいないし、またそうあるべきだろう。そんな危機
管理も出来ないようなら、経営者は失格の烙印をおされる。
今回の地震が契機となって、東海沖や相模湾に大地震が起こる可能性が非常に
高いことは、周知の事実なのだし、政府に正常な判断能力があれば、東京在住の
人の中で、他の地域に移住する事が可能な人には、むしろそれを勧め、都内の人口
を減らしたほうが、いざ被災した時にも残った人の安全が諮りやすい。
そもそも、異常なほどの一極集中なのだから、そうするのが当然なのに、絶対にそう
しないのは、それが経済に与える打撃を怖れているからだろう。
一体、命と金とどっちが大事なのか?と問えば勿論口では「金です。」とは言わない。
しかし、本音のどこかで、「命なんて、抛っておけばまた生まれてくるんだから、それより
そうでなくとも落ち込んでいる経済に打撃を与えたくない。」と思っているに違いない。
というと、「言いすぎだ!そんなわけはない!」と怒られるだろうか?
しかし、それはどうやらこの国の真の為政者、官僚と財界の本音なのだ。
だって、そうでなければ、浜岡原発を未だに運転していることの説明がつかないではないか。

たとえば、東海沖に大地震が来る可能性が非常に少なく見積もって20パーセント
だとしても、その20パーセントが当たったら浜岡原発は必ずクラッシュする。
中日新聞などは広告主である中部電力の顔色を見て、まるでリスクが津波であるかの
ように情報操作しているが、周知のように震源はまさに原発の足元で、しかも立地する
土壌が砂岩、泥岩などの脆い土壌なのだから、最大のリスクは揺れそのもので、20パー
セントだろうが、10パーセントだろうが、来ちゃったらおしまい。近隣の人は福島同然の
悲劇に遭遇し、東西に汚染地を抱えた東京の首都機能は完全に死ぬ。つまり日本は
今度こそ立ち上がれない打撃を受けることになるのだ。

報道によれば、管首相は今朝、自らの政府の震災対策が国民に承認されているかのような
見事な勘違いを表明したらしいが、その道化ぶりを笑っている余裕はない。問題は、
彼がその中で地震と原発の2正面で大変だと言っていることだ。彼は、つまり、すぐそこにまで
第3の正面が姿を現す可能性を見ていない。いや、勿論政治家なんかにそこまで期待は
しないけど、彼がそういう発言をしれっと出来るということは、ブレーンとなるべき官僚にその
危機感がないということで、そのことを思うと夜も眠れない。誠に……
馬鹿は隣の火事より怖いのだ。
[PR]

by shanshando | 2011-04-18 13:25 | ■古本屋子育て日記


<< 浜岡原発で事故が合った場合…      戦後の日本とは違います。……あ... >>