2011年 05月 12日

メガバンクをこらしめる

世の中にはにこやかかな悪党っていますよね。
大銀行がそうです。
可愛いイメージキャラクターなんかつかってくれちゃって、優しげに
振舞っていますが、私達はバブルの崩壊以来その醜い本性を見てきました。

我々庶民がいくら「変だな?」「おかしいな?」と感じても、選挙の時以外
政治家は振り向きすらしませんが、大手銀行や大手資本のためななら、
犬馬の労を惜しみません。まことに、すごく腹が立ちます。

まぁそうは言うものの、やはり彼らが市場経済を支えて居ればこそ、我々の
生活は豊かになるんだし、と「長いものには巻かれろ」式の意見にも一理あって
上々堂なんかつぶれたって、困るのは私の家族くらいのものですが、
TM銀行やMS銀行やM銀行なんかが潰れたら困る人は大勢居ます。

でもですね、だからってどんな場合も彼らの言いなりにしておいて本当に
よいのでしょうか?

東電の原賠法の問題です。
メガバンクにはどうやら東電を解体する意思はなさそうです。
送電線の売却なんて絶対させないと思っているでしょう。
市場原理優先で考えれば、既に日本最大の電力会社として纏まっている
東電を解体して、再生可能エネルギーへの移行などという経済的リスクの大きい
賭けをする理由なんて、彼らには考えられないでしょう。経団連の会長が反対
しているのも同じ理由です。
でもこの問題は、単に経済効率だけで考えるべき問題ではないはずです。

日本中の多くの人が今や自然エネルギーへの転換に希望を託しているのは、
経済より大事なものをこの震災とそれに続く人災で知らされたからです。
経団連の老害爺さんはともかく、なんとしてもメガバンクにはこの考えを改めて
もらわねば困ります。

そこで、三大メガバンクの預金者が、例えば一万人ずつくらい署名して各行に意見書
を出すというのはどうでしょう?
まず一人100万円平均くらいの預金額があると仮定しても、一万人で10億。
10億という金額自体はメガバンクには鼻くそかもしれませんが、
これが一万人の総意に基づいた10億となれば若干事情は異なるとおもいます。

もし、意見書を無視したら預金はお近くの信用金庫に移すのです。
公共料金などの支払いには何の影響もありませんし、信用金庫なら同一金庫で
なくとも全国共通のATMが使用でき、かつ休日も手数料無料のはず。
おまけに地域の産業を応援することにもなります。

すべての信用金庫がそうとはかぎりませんが、城南信用金庫のようにはっきり
脱原発を提唱しているところもあります。
メガバンクにとっては蟷螂の斧に過ぎないかもしれませんが、一万が二万、二万が
四万に増えていくことを考えれば、さすがに考えをあらためるでしょう。
どうですかね。
[PR]

by shanshando | 2011-05-12 11:40 | ■古本屋子育て日記


<< 杉並区の幼児の内部被爆危機に関...      謝るひと >>