上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 31日

古本屋の掃苔帖 第十九回 徳川夢声

どうもこんな商売をしていると、趣味が爺むさくなっ
ていけないが、私は落語や講談、浪曲などの音源を聴
くのが趣味である。
いつか、有り余る時間を得たらやってみたいことがある。
どこか田舎に…、そう東京近県はいけない。
もっと遠く、たとえ仕事が追いかけて来ても、もうどう
しようもないぐらいの遠い、そして山深い田舎に庭付き
の一軒家を借り、オーディオセットを備え、好きな音源
を聴いて過ごすのだ。
朝は、音楽が良いだろう。ジャズでもクラッシックでも
ただ身体に素直にはいる音がいい。
午後は散歩や釣りに出掛け、日が傾いた頃もどり夕刻から
酒を飲みつつ、話芸の音源を聴くのだ。
長い物がいい。
浪曲は、たとえば虎造は今もよく聴くが、どちらかと言えば
都会むきで、田舎のそうした環境にはむかない。血が騒ぎ過
ぎるのだ。
落語なら 志ん生・談志より円生・小さん。そして、なにより
そんな状況で聴きたいのが、夢声の「宮本武蔵」である。
夏、暮れかかった庭を眺めながら、冷や酒を傾け、全20巻の
CDを一日一枚ずつ聴き進む。終わりまで聴いたら、他の音源
を数日楽しみ、そしてもう一度あたまから、気がつくと秋の匂い。
なんてーぇのは私の場合あと30年くらい無理だろう。
30年経つと、75歳である。そんな夏をふた巡りぐらい味わっ
て死ぬと夢声とおなじ享年になる。

徳川夢声、本名福原駿雄。活動写真の弁士として大正期から売り
出し。メディアの変遷とともに常にトップスターのひとりとして
活躍。文筆家としてもたくさんの著書を残している。その、間をた
っぷり取る話術は、今のラジオ、テレビだと放送事故と間違われる
かもしれない。「宮本武蔵」は吉川英治の小説の朗読を1961年
から3年にわたりラジオ関東で放送したもので、これには様々な逸
話があるが、それは本で読んで下さい。
夢声に関しては、本人の著書以外にも色々な人たちが書いているの
で、その関連を探すだけで蒐集の一ジャンルになるかもしれない。

1971年8月1日脳軟化症で死亡。
享年77歳。
[PR]

by shanshando | 2005-07-31 13:32 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第二十回 吉田健一      古本屋の掃苔帖 第十八回 朱里エイコ >>