上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 07日

古本屋の掃苔帖 第二十五回 いわさきちひろ

55歳で死んでいる。
絵本作家は長命な人が多く、先日亡くなった
長新太さんが77歳で、「本当に早すぎるね」と
言われたぐらいだから、55歳はまだ子供のうちに
亡くなったようなものである。

亡くなってから3年目に発見された、「草穂」と
いう絵入りの日記が講談社から出版されているが
、これは終戦の次の日から9月6日までに書かれ
た物で、「かなしいとき、苦しいときしか私はつ
けていない」とあるが、女性らしいデザイン画や
家の間取りと思われる図があったり、なんだか
「いわさきちひろ」という出来上がったイメージの
むこうにある「少女ちひろ」(このとき彼女はすで
に26歳で一度の離婚を経ているのだが、)が見えて
いとおしさを覚えてしまう。

1974年8月8日原発性肝癌によって死亡。
[PR]

by shanshando | 2005-08-07 13:06 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第二十六回 市村俊幸      古本屋の掃苔帖 第二十四回 内田吐夢 >>