上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 05日

古本屋の掃苔帖 第九十六回 松田優作

松田優作が生きていたら今年56歳になる。
昔の時代劇だと、たとえば銭形平次を演じた大川橋蔵
のように本人が幾つになろうと、役の上では老けられ
ない為、むりやりメイクで若作りしたりしていて、あ
れはあれでグロくて良かったが、現代劇で、しかも映像
が鮮明になった昨今ではそうもいくまいから、松田優作
も年相応の役を演じていた事だろう。

山口猛著 ちくま文庫「松田優作、語る」を読むと、伊丹
十三の「お葬式」で江戸家猫八が演じた黒めがねの葬儀屋
の役は、初め松田に振られて、彼が断ったものらしい。
普段、陽気で饒舌なイメージのある猫八にあえて陰気にぼ
そぼそと喋らせたいたのは面白かったが、松田優作ならどう
演じただろうと思うとそれも観てみたい気がする。
いずれにしても、松田優作で考えていた役を猫八に振るとい
う不思議な思考方法が伊丹十三という人の値打ちだった。

松田優作は、野方図で陽気でクレージーな外見と裏腹に内面
の闇を感じさせる役者だった。陰と陽が一人の人格の中でグ
チャグチャになっている感じ、そこがその後ゾロゾロ出てき
た彼の亜流たちと彼の決定的な差だったと思う。

松田優作は1989年の明日11月6日、膀胱癌で亡くなっている。
享年40歳。戸籍では出生届が何故か遅れたため39歳になって
いるという。
[PR]

by shanshando | 2005-11-05 18:55 | ■古本屋の掃苔帖


<< あたり!      怒涛 >>