上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 04日

古本屋の掃苔帖 第百二十一回 ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

来年2006年は、モーツァルト生誕250年になる。
そのせいか、いろんなところでモーツァルトの名前
を見る。モーツァルト・カフェにモーツァルト・リキュール
ペンション・モーツァルトにモーツァルト療法
浪速のモーツァルトなんていうおっさんもいましたなぁ。

さまざまな分野に天才という人はいるが、モーツァルトほど
その名にふさわしい人物はいないだろう。
5歳で初めの楽曲を作曲し、8歳で交響曲を作曲して、14歳
の時にはたった二回聞いただけの混声曲を暗譜し、完全に
写してみせたという。まさにもう悪魔的な才能といえよう。

天才には謎と伝説がつきものである。
フリーメーソンの会員だったらしいし、スカトロ愛好者だったとも
いう。
もっとも、西欧人は騎馬民族の祖先が馬上でつねに直腸を刺戟されて
いたせいでもあるまいが、男女の別を問わず肛門性愛やスカトロジス
トが多いようである。
細々とした謎や伝説はその他にも一杯あるが、なんといっても一番
大きな謎は死にまつわるものだろう。
サリエリは本当にモーツァルトを毒殺したのだろうか?歴史上なんども
話題になっている謎である。

天才ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトは1791年の明日、
12月5日35歳で亡くなっている。ヴィーン市民の最低料金の葬儀で
葬られ、付添人もなかったため、遺体が何処に埋められたかはわか
らない。
[PR]

by shanshando | 2005-12-04 14:14 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第百二十二回 ...      古本屋の掃苔帖 第百二十回 中島敦 >>