上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 14日

古本屋の掃苔帖 第百二十九回 坂庭省悟

他の地方都市の音楽事情はよく知らないが、
京都という土地は、昔から東京中心に広がる音楽文化圏
とは様相を異にする音楽的島宇宙のような土地で、現在も
「ふちがみとふなと」というとっても個性的で素敵なバン
ドがここを拠点に全国展開していたりする。

その昔には京都フォークなどという言葉もあったと記憶す
るが、私が棲んでいた70年代後半から、80年にかけては
カントリー&ウェスタンやブルーグラスが彼の地のライブ
ハウスやラジオを賑わしており、その中心にいたのが「高
石ともやとザ・ナターシャセブン」であった。
毎年行われた「宵々山コンサート」には近県から大勢の観客
が集まり、ライブレコードは飛ぶように売れた。
このバンドの一員でそのさらに昔には「はしだのりひことク
ライマックス」の一員であったのが坂庭省悟である。
クライマックス時代の活躍は私の世代だと、わずかにはしだ
と北山修との共作「花嫁」が思い出されるくらいだが、ナタ
ーシャ時代の楽曲はほとんどすべて聴いている。

純然たるブルーグラスやカントリーのインストゥルメンタル
も良かったが、私はどちらかというと日本語の歌詞がついた
センチメンタルな曲が好きだった。いまや立派にどす黒いお
じさんに成長した私も、その当時は花の色や季節の風の匂いに
涙する純情な青年で、暮夜ラジオから聞こえてくるナターシャ
の歌を聴いては涙したりしていたのだ。

逃げるように京都を去って四半世紀、ナターシャセブンの歌など
あまり思い出さなかったのだが、先頃メンバーの一人城田じゅん
じ氏にまつわる事件を新聞で読み、昨日偶然坂庭氏が2003年12
月15日に癌で亡くなっていたと知った。

1983年にナターシャが解散したのち、坂庭省悟は城田じゅんじ
とのデュオのほか、ソロやまた先年亡くなった高田渡とも活動し
ていたらしい。
ひさしぶりにナターシャセブンが聴きたくなった。
そして、京都に行きたくなった。今頃の京都はめちゃくちゃ寒い
だろう。昔、ホットウィスキーをよく呑んだ店はまだやっている
だろうか?
坂庭省悟 享年53歳
[PR]

by shanshando | 2005-12-14 21:10 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第百三十回 伊藤整      古本屋の掃苔帖 第百二十八回 ... >>