上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

古本屋の掃苔帖 第百九十二回 岡本綺堂

明治5年10月15日、東京に生まれている。
ご承知の通り、明治5年は12月2日で終わって次の日から陽暦
に切り替え、明治6年1月1日になってしまう。これは財政難の
明治政府が役人の給与を一ヶ月分節約するために行ったと云わ
れているが、とりあえずそれはおく。とにかく、数え年が一般
的だった当時、綺堂は生まれて二ヶ月足らずで2歳になった事
になる。だからと云うわけでもあるまいが、非常に早熟な少年
であったようだ。満年齢の9歳で英語を学び、18歳で東京日々
新聞に入社、狂綺堂の号で劇評を書いている。
昨今も高校生から芥川賞候補になったりするが、創作と評では
やはり客観性を強く求められるぶんだけ評の方が若年者には希
有であると云って良いだろう。狂綺堂がやがて略され綺堂の号
になる。
幼くして英文学に親しみ、また同時に歌舞伎芝居にも親しんだ
事により綺堂は明治大正を代表する劇作家の一人となるが、そ
れには多分に父親の意向があったように思われる。維新期佐幕
派だった彼の家系では、如何に英語が出来、学業優秀であって
も官途ついて出世することは難しかったのだろう。

「半七捕物帖」やその番外編として書かれた「三浦老人昔話」
は、江戸末期の風俗とそこから変遷した明治初年の空気が同時
に味わえて面白い。

秀才ながらどうやら虚弱体質であったらしい彼は、生涯度々「
脳貧血」や「不眠」に悩まされたらしいが、66歳まで生きて、
昭和14年の明日、3月1日前年からの心臓衰弱が悪化して死去
した。
[PR]

by shanshando | 2006-02-28 21:05 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第百九十三回 ...      昨夜、王子の劇場に >>