上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 30日

古本屋の掃苔帖 第三百十五回 水谷八重子

筆まめな人であったのだろうか?
今までに二度、私は買取の中にこの人の旅先からの葉書を見つけて
いる。どちらも絵葉書で、旅先からの軽い挨拶状だが、売っていただい
た人は別々で、いくら紙モノをよく扱うといっても、10年ぐらいで二回も
出てくるというのは、よほど私が水谷八重子に縁があるか、それとも
水谷八重子が葉書を出しまくっていたかのどちらかで、可能性としては
断然後者だろう。

旅公演中の女優から手紙をもらうというのは、さぞ気分のいいものなの
だろう。別に特別な関係になくても、自分がすこしイイ男になったような
気がするのではないか。今の八重子も悪くないけど、やっぱり圧倒的に
先代のほうが美人だった。
新派というのは、私は生で見たのは一度だけ玉三郎主演の「皇女和宮」、
それでは観たことにならないかもしれないが、なんだか奇妙な世界だった。
女形と女優が一辺に出るというのは、なんだか曖昧な倒錯世界で、女形
の芸に焦点をあわせて観ていると、女優はなんだか汚く観える。イヤ言葉
が悪いかもしれないが、やはり女形のほうが透明感があるのだ。喩えて
言えば、女形は皮膚が薄紙で出来ていて、内部はエーテルだけという感じ
がするのに対して、女優は白粉の下には確実に肉があり、中には臓物が
びっちりと言う感じ。女優だけの舞台ならそうは思わないのだけれど。

初代のほうが美人とか書いたけど、私は生では初代八重子を観ていない。
しかし、写真で見るだに初代は一種の透明感があるように思える。それは
名女形花柳章太郎との研鑽の中で創られたものだったのかもしれない。
二代目八重子は素地が三の線ということもあるけれど、対抗するべき新派
専属の女形のスターに恵まれなかった事も、苦闘の一因になっているのか
もしれない。

初代水谷八重子は1979年の明日、10月1日乳がんのため死亡した。
享年74歳
[PR]

by shanshando | 2006-09-30 14:53 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第三百十六回 ...      古本屋の掃苔帖 第三百十四回 ... >>