上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 14日

商店街道楽  立石仲見世通り商店街 ①

四半世紀まえに上京した私は、食い扶持を稼ぐために首都圏各地のスーパーに
週替わりで出店して、お茶の催事販売をするアルバイトをしていました。
あまり稼ぎのいいアルバイトではありませんでしたが、一カ所に腰を据えているの
が苦手な私にはなかなか楽しい体験ではありました。
学生の頃から、私は旅に出ると商店街を見て歩くのが好きで、それは多分ATG映
画「旅の重さ」のワンシーンから受けた影響だと思うのですが、このお茶売りのアル
バイトは、出かけた先のスーパー周辺に広がる商店街を探訪する余得もあったせい
で、私は結構はまっていたのです。
出張先は大抵当時住んでいた三軒茶屋から通える範囲でしたので、精々東京とそれに
隣接している県が殆どでしたが、遠くは栃木茨城なども出かけました。
当時の商店街は、今ほどチェーン店の進出がなく。行った先々で美味しい飲食店を
見つけたり、面白い町並みを観たりするのは本当に楽しく。気に入ると独り者の気軽
さから土地のサウナなどに泊まって数日滞在したりもしました。
公務員の固い家庭で育った私は、そんな気ままな生活が面白く、ちょっとした寅さん
気分だったのかもしれません。
お茶を売っていた2年半、それから20代の終わりにやっていたビル補修の仕事での
4年、私が歩いた商店街の中で印象が強かったところを選んで再訪してみて、そのこと
をブログに書いてみたいと思っています。

まず、第一回は昨日6月13日に再訪した「立石仲見世通り商店街」。
ここは、まさに寅さんの故郷葛飾柴又の近くですが、映画で有名になって、観光地化
された柴又よりも濃い生活臭があって、まさに下町の坩堝というかごった煮というか、
もし、「男はつらいよ」ファンの方で柴又を訪れてみようと思ったら、ついでに三つ隣り
のこの駅にも降りてみることをお薦めします。

さて、西荻窪を午前10時台に発って、お茶の水と浅草橋で乗り換えた私が京成立石
の駅に降りたのが11時過ぎ。南口のエレベーターを降りると道幅2mちょいの通りを
隔ててすぐ前に見えるのが立石仲見世のアーチ。道幅が狭いので、人々は肩をすりよせ
るようにして歩いています。

47の小さな店(一坪くらいのもあります)が軒を並べる仲見世は駅前側が二股になっ
ていて、二股のそれぞれの入り口にアーチがあります。そのうちのひとつの入り口に
今回私が一番のおめあてにして来た「立喰 栄寿司」があります。
回転寿しが隆盛を極めている昨今、寿司を安価に食べさせる店は増えましたが、ここ
は江戸前寿司の基本型といわれる立ち食いスタイルを今も続けている数少ないひとつ、
たしか池波正太郎さんも立ち食いのことを書いていますが、ここは店の立地から店内
の雰囲気まで昭和初期の匂いを伝える本格派!私は駅を出てすぐにここを覗きました
が、さすがにまだ早くって、とりあえず通りを一回り…。他のお店はだいたい物販は
10時、早い所は8時から、飲食は昼前、飲み屋さんは午後からが多いようです。

二股のもうひとつの入り口、実はこちらがメインストリートなのですが、こちらには左に
焼き鳥から揚げなどの店、右に煮豆や惣菜、漬け物焼き魚などを作って売っている
店(ここが商店街の理事長さんのお店でした)、ドンドン入っていくと入り口付近は概
ね食料品店、食欲をそそられることを覚悟して、朝はおかゆで軽くすませて来たので、
メインのお寿司を前にして、早くも買い食いに走りたい気持ちがむくむく、これをグッと
抑えて、奥へ進むと、中頃位からは食品以外も増えて来ます、衣料品履物タバコ屋薬
局、薬局の前には古い時代の葛飾の写真が張り出してありました。どうやらなんかの
本から転写した物のようですが、私は「雪の立石駅」と題した昭和30年頃の写真にグ
ッときました。

通りの中央近くには最近入居したばかりの古道具屋さんがあり、時代物の生活雑器に
見とれるうちに、「栄寿司」の開店時間。大急ぎで取って返して、さていよいよおまちか
ねのお寿司!メニューは100円200円300円とネタ別に分かれており、カウンターにつく
とお約束の大湯呑み、ひとくち啜るとこれが渋い!大概寿司屋のお茶は渋いけどここの
はとびっきり渋い。もとお茶売りとしては一番安い手の粉茶だろうとあたりを付けましたが、
これが寿司といっしょにやるとめちゃくちゃ旨い!マグロに煮イカ煮ホタテヒラメ鯛青柳
ミル貝……他の店でも食べるつもりなのでセーブするつもりが、ついつい食べ過ぎ、
これは結構いったかなぁとお勘定したら2100円!安い!貝類はめちゃくちゃ甘くって、
まぐろも切り口がピンとして新鮮そのもの!
 
お勘定をすませて出がけにどこかで商店街の話を聞けませんかと聞いたら(よみうり
の講座で話をせねばならんのです。)愛想のよいご主人が商店街事務所を教えてくれ
ました。(明日に続く)
[PR]

by shanshando | 2007-06-14 16:36


<< 立石仲見世通り商店街 その2      煙草 >>