「ほっ」と。キャンペーン

2011年 04月 28日 ( 1 )


2011年 04月 28日

仮払金って、推進派ももらうの?

原発被災に対する仮払金が ようやく支給されるそうだ。
まったく遅きに失すると思うけど、素朴な疑問として、
これって、原発誘致に賛成だった人たちも貰うの?と、思う。
現地の避難所などでは、住民の和を考えてこんな議論はなされて
いないだろうけれど、(思っていても、たぶん言いにくい。)

まぁ、多くの人は賛成派と言っても、東電とか原発利権に絡んだ
政治家の嘘に乗らされただけだろうから、同じように保障を受ける
権利があると思うけど、利権に釣られて推進運動に関わった人や、
政治家は当然もらうべきじゃない。
というか、自分も加害者として、現状で処分できる資産を処分して、
他の人に償うべきだろう。

こんなことを書くと、眉をひそめる人も少なくないだろうが、考えて欲しい
今も全国には運転中の原発があって、多くの人はそれに不安を抱えて
いるのに、相変わらず、信念だか欲得ずくだかは知らないけれど、
原発は必要だと言いつづける人も居るのだ。
賛成する動機はべつにどうでも良い。こんなにはっきり危険だということが
明らかなものを、安全だと言い張って、もし万一のことがあったら、
「私は電力会社や国に騙されていただけだから責任はない」では済まされ
ないだろう。
これから、国や原発利権の怪物たちは必死で誤魔化しにかかり、尚も
原発を促進しようとする。国民の多くはおそらく反対するだろうけど、
経済や環境を理由にブラフをはり、なんとか丸め込もうとしてくる。
それをさせないためにも、いや、人間として当然の責任として、危険に
他者を巻き込んだ者には、相応の罰則がくだされるべきだ。

被災地で苦しんでいる人に、よくそんなことを!というお叱りはあるだろう。
しかし、今回はっきりしたように大人たちが迫られる、予測される危険に対する
判断は間違えば、未来を生きる子ども達に危害をおよぼすことになる。
「東電や国が安全だと言った。」などと言う言い訳はなりたたない。
国家権力や国策会社が、国民の命などに重きを置いていないことは、
普通に文字が読める知力がある大人になら、充分理解できたはずのことだ。

浜岡に上関に柏崎刈羽に悲劇を繰り返さないためには、まず為政者や
国策企業の言説を信じない習慣をこそもたなければならない。
[PR]

by shanshando | 2011-04-28 12:50 | ■古本屋子育て日記