「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 01月 ( 53 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 31日

鎌倉文庫

2005年1月31日(月)晴れ

夕方近く、ナイスミドルに「この間まであったあのエリオットの詩集は?」と尋ねられ、確か、ここに、と棚を見ると無い。
すみません、売れてしまいました。と言うと、「あんな本買う人がいるんですねえ。いや、実は僕が売ったんですが、やっぱり手元に、と思って今日買い戻しに来たんです。いや、あんな専門書買う人がいるんだ。いやはや、仕方ない。」

そうか、買い戻し、という事もあるわけですねえ。
一年半やって来てこんなことは初めてでした。

ところがまた、遅い時間に買い戻しのお客さんがあり、続くときは続くものだと。
この方の場合はちゃんと本が残っていましたので、再び持ち主の元へ。

この男性、年のころは60歳代後半、昔、日活で映画の仕事をしていたとか。この方が、『鎌倉文庫』の雑誌『人間』の創刊号を手にして「今、こういう雑誌はもう、作れないんじゃないかなあ。」と。

そうですね。そういう志高い、希望溢れる雑誌というのは、今の時代には生まれないかもしれないですね。と答える。

鎌倉文庫については、自身そんなに詳しいわけではないけれど、いくつかの文章で読んで、その度に、眩しいような、羨ましいような、気持ちになる。できれば一緒の時代に存在してみたかった、と。
時代と真っ向から向かい合って生きていった作家たち。
古本屋にならなけりゃ『人間』の創刊号を手にすることもなかったろう。
古本屋になってよかった。
[PR]

by shanshando | 2005-01-31 23:35
2005年 01月 31日

充実の休日

1月31日 月曜日  晴れ
休日。
午後から『クラフトスペースわ』に出かけ、オーナーの岡本さんから
フィンランド絵本の話を伺い、作家に関しても教えて貰う。
特にエストニアの作家ユリ ミルデベルグの存在を知ったのは今日の収穫。
そのあと井の頭線で帰る途中ふいに思いたち、駒場東大前で下車。
東大キャンパスやその周辺を散歩。
東大生協書籍部のちくま文庫のコーナーには岡崎武志さんの本が揃ってた。
学生たちをしっかり古本洗脳してください。
駒場野公園は人が少なくていい。夕方の空が綺麗だった。
[PR]

by shanshando | 2005-01-31 17:44 | ■原チャリ仕入れ旅■
2005年 01月 30日

少しずつ、春。

2005年1月30日(日) 晴れ 北風の一日
北風の一日。
それでも陽射しは明るく、春が一歩一歩。
異動の季節。
部屋の整理、本の整理、という方々が多くなってきました。

本日、前半は買い取りラッシュ。息つく間が無かったデス。

この本、上々堂の感じかと思って・・・、と本を選んで持って来て下さるお客さんが増えて来たのが何とも嬉しい。
今日一番大量の買い取りは、ほるぷ出版の復刻版『オズボーン コレクション』。
個人的にも好みである、細密な銅版画の絵本の数々。
ブログ上でも近日中にご紹介致します。

本を売りにきてくださった人の中には、引っ越しで三鷹を離れてしまう方も。
折角、仲良くなったのになあ。

春は出会いと別れの季節。
新しい旅立ちにむけて皆備えている
睦月最後の日曜日。

月も冴えて。

ではまた明日。
[PR]

by shanshando | 2005-01-30 23:04
2005年 01月 29日

話を聞く

2005年1月29日(土) 結局 雨の一日 月は見えない

夕方、俯いてせっせと本をクリーニングしていると「こんにちは」と男性の声。
顔をあげるとAさん。昨秋、テレビ取材に来て下さった或る放送局のディレクター氏。今、紙もの骨董に興味があるという話や、本郷・菊坂に感じのいい煎茶喫茶と古本屋さんがある、とか、世間話をいろいろ楽しむ。
又、ここのところ、マスコミ関係のニュース、色々と世間でいわれているので「どうですか?」と一言聞いてみたい衝動にかられ、つい、聞いてしまう。

夜、近所に住むT大学の顔馴染みの男の子が来店。先日「4ヶ月ぶりに彼女ができました」と報告にきたばかり。
彼は「話したい病」らしい。
六本木で映画「東京タワー」を彼女と見て、その後、六本木ヒルズかなんかに行って夜の東京タワーを見て来た、という報告を謹んで伺う。
その後、彼が柴田元幸さんの講義も受けていたという話を聞く。村上春樹の文章を英訳しなさい、などという課題が出たそうだ。
「これなら酒の友になるかな。」と言って岩波の『タゴール詩集(絶版)』を手にレジへ。お買い上げ有り難う。

今日は他にも沢山の人の聞き手になる一日だった。
話すのも好きだけど聞くのも好き。
村上春樹の『1973年のピンボール』の冒頭を思い出し、棚から抜いて久々に読んでみる。

彼らはまるで枯れた井戸に石でも放り込むように僕に向って実に様々な話を語り、そして語り終えると一様に満足して帰っていった・・・(『1973年のピンボール』より)
[PR]

by shanshando | 2005-01-29 23:10
2005年 01月 29日

雨・・・・・・・・・・・

2005年1月29日(土)小雨

いつもは眩しい朝日で目覚めるのだが、今朝は曇っていたせいで寝坊。
と、天気のせいにするのもなんだけど。
慌てて店に自転車をすっとばす。
店に着いた頃には青空が覗いた。
よ〜し、楽しい週末、店の前を絵本で一杯にしようと、どんどん並べて、
と、そうこうするうちに買い取りのお客さんなどでバタバタしはじめる。

「雨だよ、本、濡れるよ。」
いつのまにか空は灰色。

親切なお隣さんが声をかけてくれる。
ああ、悔しー。せっかく賑やかに並べたのに・・・。

また店の外と中を行ったり来たり。並べ変え。
ふう。
本日は雨仕様で店内外、お待ちしています。
[PR]

by shanshando | 2005-01-29 12:04
2005年 01月 28日

タクシードライバー

2005年1月28日(金)夜、星が綺麗でした 今宵は“寝待ち月”

常連さんでタクシーの運転手さんがいらっしゃいます、
今夜、ひょっこりご来店。
この運転手さんは、これまでのお話から察するに、尺八奏者でもあって、国内外、演奏旅行の経験が何度もあるらしいのです。
ノルウェーやアメリカ・・・。
ノルウェーでは休み中の大学の寄宿舎に寝泊まりし、アメリカでは大工さんの経験もあるというお話も伺ったことがあります。

今夜もいつもの様にじっくり店内をご覧になって、装幀の美しい一冊の外国詩集と大橋歩の雑誌『アルネ』(これは新本、最新号。毎号当店で販売。バックナンバーも全号在庫アリマス)をお買い上げ。
「アルネ」の特集のひとつが“村上春樹の自宅を大橋歩が訪問する”
運転手さんは「アルネ」の特集記事のページを繰りながら、レジで訥々とこんな話をされたのです。

「以前、ノルウェーに行った時、現地の人から『ノルウェイの森』のムラカミが面白い、と薦められて驚いたんですよ。」
「私、国立に住んでいて、昔、村上春樹さんの店に何度か行ったことがあって・・・」
「入り口は狭くて、地下に降りて行く感じで、入るとピアノが置いてあって・・・
食ベ物も結構おいしくて・・・。その時は何年後かに作家としてやって行く為に、ということで雌伏の時だったみたいです。」
「自分で計画や目標をたてて、それを実現していく。そして人からも認められるというのはなかなかできないことですね」
・・・・・

わたしも目標や夢を「達成した〜!!」というヨロコビ。
いつかは感じたい。と、思った夜でした。

運転手さんは、今夜これから朝まで仕事なのだそうです。
私はそろそろ片付けです。
[PR]

by shanshando | 2005-01-28 23:28
2005年 01月 28日

歌を歌って

1月28日 金曜日 晴れ時々曇り

ここのところ寝不足が続いている。
こういう時は意外と勘が働くもので、とくにコースを考えずに走り始めても
絵本の山にぶつかったりする。
今日は11時に西荻窪を出発して、
正午過ぎ気付くと埼玉で絵本の山の前に居た。
疲れていたので長時間は回れなかったが効率は良かった。
収穫品はベスコフの「おひさまがおかのこどもたち」
リードベリとウィーベリの「トムテ」などなど 。
本の前では目が覚めるがバイクで走り始めると眠気が催す。
危ないので眠気ざましに歌を歌いながら走る。
「あんこ椿は恋の花」アアンアンアン・・・♪
[PR]

by shanshando | 2005-01-28 19:35 | ■原チャリ仕入れ旅■
2005年 01月 27日

多摩八景

1月27日 木曜日  晴れのち曇り

行きも帰りも多摩堤通りを飛ばし川崎方面へ。
絵本の収穫はまずまず。残念ながら今日はフィンランドの作家のものはなかったが、スウェーデンの作家イーヴァル・アロセニウスの「リッランとねこ」が買えた。
帰りの時刻、多摩堤通りは二子玉のあたりで夕焼け。
昔、本で読んだ『多摩八景』を思いだした。確か夕照は登戸が名物とされていたから場所違いだが、なかなか見事であったのだった。
冷えたので、国領の『熊王ラーメン』でラーメンを食べてしまう。
[PR]

by shanshando | 2005-01-27 19:20 | ■原チャリ仕入れ旅■
2005年 01月 27日

いい日でしたか?

2005年1月27日(木)晴れのち曇り 寒い

こんな日もあるさ、という静かな店内。
記録ノートをいくら眺めても売り上げが増えるわけではない。
まあ、もともと計算には弱いし、細かい事を気にするタイプではないので。
と、言って、それが裏目に出る事の方が多いような気がしますが。
本日は専ら未整理の「素晴らしい本」の数々を棚に差して行く事に終始した一日。

今夜はこのあとコモリさんとバトンタッチ。
家でゆっくりやすみます。

では、明日はもっと良い日に。

日記のBGM は "LOOK FOR THE SILVER LINING 〜 Chet Baker" 
[PR]

by shanshando | 2005-01-27 19:17
2005年 01月 25日

雑感

2005年1月25日(火)快晴 

本日、午後三時頃の光景。
上々堂ではお客さんの数が一瞬増える時間帯。
今日はこの時間、店内どの棚の前にも若い女性。
それぞれが、思い思いに本を選ぶ光景が見られた。
角田光代、江國香織、夏目漱石、宮沢賢治の本、
絵本はレオ・レオニ、西巻茅子、赤羽末吉などなど、30冊余り。
よかった。
売れたうち、半分は面出しにして「見てね」とメッセージを送っていた本だったので、わかってもらえたのかな、と。

やはり、どんなことでもわかって貰うには時間が必要。
一年半かけて積み上げて作って来た上々堂の色合い。
私自身は暗中模索。お客さんに「上々堂らしさ」を教えて貰う有様で
どうしようもないのですが、まあ、ぼちぼち、やって行きましょう。

あら、雨のようです。お客さんが「雨ですよ、外の本、大丈夫ですか?」と又助けられました。ありがとうございます。
雪になるかも、と天気予報。
あったまりたい、そんな夜ですね。
ではおやすみなさい。

なんとなく、prefab sproutな気分で今宵の日記のBGMにしてみました。
ではまた。
[PR]

by shanshando | 2005-01-25 22:56