上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 31日

古本屋の掃苔帖 第百六十八回 エディ・タウンゼント

昭和37年ハワイでボクシングのトレーナーとして定評を得
ていたエディ・タウンゼントをほぼ無理矢理日本に連れてき
たのは力道山である。
渋谷にリキ・スポーツパレスを建てたのを期にボクシング興
行にも乗り出そうとしていたのだ。ボクシング界には彼の参
入を望まない声が多かった。ショウであるプロレスとボクシ
ングが同様に見られる事を嫌ったのだ。
私は、案外実は力道山自身も自らが率いてきたプロレスのシ
ョウ的な部分にそろそろ飽きがきていて、現在の異種格闘技
戦のようなものを将来的に視野においていたのではないかと
思うのだが、その話は今はとにかく置く。

さて来日してはじめて、リキ・スポーツパレスのジムを訪れた
エディはそこに置かれていた数本の竹刀をすぐに片付けるよう
に指示した。それが何のために其処に置かれているかを直感的
に理解したからである。幸い力道山は遠征中でその指示はすぐ
に実行された。いれば一波乱あったかもしれない。
竹刀で選手にいわゆる「カツ」をいれるのは、相撲出身の力道
山にとっては一番手慣れた指導方法で、日本プロレスでも大い
に振り回していたことだろう。
ボクシングというのは、基本的に西洋の個人主義の象徴みたい
なスポーツで、選手はどこまでも自分のために闘う、相撲や日本
型のプロ野球とは違って、「伝統」のためとか「巨人愛」などと
いった種類の共同幻想は介在しえない。
プロになって、激しいトレーニングや過酷な減量に耐え抜いても
栄冠を得られるのはほんの一握りで、世界チャンピオンにならな
い限り、経済的にもアルバイトをしなければ成り立たない。過度
にストイックな状況に耐え抜く事ができるのは偏にナルシズムの
ためなのだ。そういうスポーツで選手のプライドを傷つけるよう
な「お仕置き」などなんの役にも立たない。
実際に選手の指導方法をめぐって、エディと力道山の間に論争が
あったかは知らないが、おそらく二人が共にいた時間が永ければ
必ずぶつかった事だろう。幸いといってはいけないが、力道山は
その翌年ヤクザに刺された傷がもとで死んでいる。
一時的には、うしろだてを失ったような形になったエディには、
戸惑いもあっただろうが、すぐに藤猛という逸材にめぐり遭う事
で、トレーナーとしての実力を日本のプロボクシング界に知らし
める事になる。

生涯で育て上げた世界チャンピオンは実に六人。
他のトレーナーが初心者のころから育て上げた選手を育ったとこ
ろで、横から取り上げるというような言い方で彼を避難する同業
者も随分いたようだが、つまりはこれも師弟関係という日本的な
共同幻想にとらわれて、プロフェッショナリズムに徹しきれない
人間の愚痴に過ぎない。選手は自分のために闘い、トレーナーは
自分のプロ意識のために指導するのだ。
エディはつねに片言の日本語で「ボクはラブで教える」と言って
いたと云うが、それはその選手の才能をまっすぐに見つめる愛で、
選手を自分の所有物と混同する愛ではない。

1988年1月31日、彼が最後に育てた世界チャンピオン井岡弘樹の
初の防衛戦を見守る為に癌に蝕まれやせ衰えた身体で会場に赴いた
エディは、試合開始直前、意識不明、呼吸困難に陥りそのまま病院
に搬送された。
井岡はエディの危篤を知らないまま闘い、苦戦したが結局TKO勝ち
し、意識不明のエディに娘が井岡の勝利をつげると奇跡的に意識が
一瞬もどりVサインをしてみせたという。
多くのトレーナーがボランティア同然の待遇で選手を指導していた
日本のプロボクシング界で仕事に見合った報酬を請求するプロのト
レーナーとして生きた彼は、最後の試合もきっと井岡とともに闘っ
ていたのだろう。
エディ・タウンゼントは1988年の明日2月1日の午前1時亡くなった。
享年73歳
[PR]

by shanshando | 2006-01-31 22:32 | ■古本屋の掃苔帖
2006年 01月 29日

古本屋の掃苔帖 第百六十七回 宮本常一

先年、ノーベル賞を受賞した小柴博士のスパーカミオカンデによる
実験は壮大な予算を費やしたらしいが、それによって得られた成果
は、現実的に人間社会に貢献するような用途は一切ないそうである。
つまり、「ただ判っただけ」。
考えてみれば、大方の学問というのはそういうものである。
世界中の数学者が取り組んでいる難問の大方がそうだし、例えば、
考古学にしたってそんな大昔の事が判ったからといって何になるのか?

しかし人智が尊いのは、それが常に未知に向かっているからであって、
その未知が大きければ大きいほど尊いということができる。つまり、
成果があらかじめ期待されるような学問より、「成果なんかあるのか無
いのか判らないけど、とにかく疑問があるので研究してみる」という精神
こそが偉大なのである。

柳田國男という人は、さすがに役人あがりなだけあって、民俗学の使命
は現在の人間の生活に貢献することにあるなどと、言っていたらしいが
それは多分に政治的な意図であったのだろう。学者は漠然たる未知に
挑む情熱を持ち続ける事こそ本分で、その効能をあらかじめ説明するな
ど不純であると思える。

宮本常一が人格的に純粋であったなどというつもりはない。
おそらくは随分と食えない親父だったのであろう、しかし彼は主に渋沢敬
三の経済的援助と先にあげた、柳田國男の民俗学全体に対する政治的
な庇護のおかげで、ただ純粋にフィールドワークだけに生きられた、学究と
して稀有な幸運の持ち主だった。
宮本がフィールドワークのため歩いた足跡に赤い点をつけると、日本地図
は真っ赤になるといわれる。ただ歩き、出会った人と立ち話をはじめ地域に
残るいろんな習俗伝統を掘り起こす。生涯で泊めてもらった、他人の家の
数は1200以上になるそうである。

後年になって、彼は離島の振興や絶滅の危機に瀕する大衆芸能の復活を
支援したりしているが、それは延々と続けてきた無為とも思えるフィールドワ
ークの過程でたまたま出遭った問題に立ち向かったまでで、当初から目論
んでいた事ではない。

健脚と笑顔という、一見誰でも持てそうな能力をフルに生かした異能の民俗
学者宮本常一は、1981年の明日、1月30日胃癌で死んだ。
享年73歳
[PR]

by shanshando | 2006-01-29 16:05 | ■古本屋の掃苔帖
2006年 01月 28日

雑誌 hao

のインタビューを上々堂で、という事で加藤千晶さん来店。
またまた、私はすれ違い。しかし根津のたいやきお土産に
いただいちゃいました。三鷹の「たかね」のと同方針の
皮が薄めでパリッとしていて、あんこがたっぷりのやつ!
ほうじ茶いれていただきました!

夜、南陀楼氏が来店、「文鳥舎」で西江先生のイベントを
聞いた帰りだとか、「文鳥舎」超満員だって!

大好評の岡崎夫人手製文庫カバーは残り八枚に、今夜買っ
てくれた男性のお客様(推定年齢50代)は、じっくり迷っ
て買っていらっしゃいました。どうやらプレゼントらしい。

ネット販売はこちらからどうぞ

掃苔帖は八代目林家正蔵です。
[PR]

by shanshando | 2006-01-28 22:39
2006年 01月 28日

古本屋の掃苔帖 第百六十六回  八代目林家正蔵

日本の爺ィはいつから去勢されたのだろう?
右を向いても左を見ても猛々しいのは婆ァばかりである。
もう、30数年前に死んだ私の母方の爺ィなんぞは、見事な
薬缶頭を沸き立たせて、年がら年中周囲に小言を巻き散ら
せていたが、今はあんなよく沸く薬缶頭は見る事が無い。

小言というのは「叱言」という字をあてる人もいるくらいで、
愚痴や嘆息は、叱言とは云えない。介護保険などというのも
それは必要には違いなかろうが、社会的なシステムにしてし
まう事でますます年寄り、特に爺ィを去勢することになりは
しないかと心配である。婆ァはまぁ大丈夫だろう。男は根が
社会的な生き物として出来ている分去勢されやすい。
私は闘う爺ィになるぞっ!

さて、麻生芳伸編「林家正蔵随談」を読むと、トンガリの異名
に羞じぬ小言のオンパレードである。マジメに読んでいると、
しまいに「ええい煩い爺ィだ!」とこちらの額にも青筋がたっ
てしまう。
しかし、昔気質の芸人らしい律儀さと、使われている「昔言葉」
のボキャブラリーからは、生身の去勢前の爺ィにひさしぶりに
会ったような気分が味わえ、まぁ面白い。
例えば言葉でいえば、二十歳を「はたち」と読むのは誰でも知
っているが、十九歳を「つづ」と読むなんて、私はこの本を読む
まで知らなかった。

所詮、聞きかじり読みかじりの噺家の逸話を知ったかぶって書く
のは野暮だくらいの事は知っているが、この彦六になって死んだ
八代正蔵に関して、どうしても好きな逸話があるので、お目汚し
は覚悟のうえで書いてみたい。

戦後になって大学卒の落語家が増えて、噺家同士の会話も高尚に
なったと見えて、ある時若手噺家同士がよってテレビの科学番組
(たぶん「ウルトラアイ」かなんかじゃないかと思うが)を見な
がら「何故ものは腐敗するか?」ということについて論議してい
た。(高尚ですなー)そこへ入ってきた林家に
「師匠はどう思われます?」
「なぁにがぁ?」
「いえね、ものはなんで腐るんだろうって?」
「バァカァヤァロオウ!早ぁく食わねぇからだ!」

八代目林家正蔵は1981年、一代限りの約束で借りた名跡を七代の
子息である三平の遺族に返し、初代彦六となって翌82年の明日、
1月29日88歳で他界した。
[PR]

by shanshando | 2006-01-28 21:33 | ■古本屋の掃苔帖
2006年 01月 27日

レクトロ物語

お待たせしました!
というか、待ってないかもしれないけど、数日前にネット販売に
超目玉と書いたのは、ライナー・チムニク「レクトロ物語」でした。
「レクトロ」は、ヨーロッパではアニメのキャラクターとしておなじみ
ですが、日本では1984年に筑摩書房からソフトカバーの単行本
が出て、あまり売れなかったのか再版されなかったようです。
物語も、イラストもチムニク自身が書いており、ヨーロッパの庶民
の生活感や人生観がつたわる良書です。
新刊で売れなかったのは、おそらく日本人の生活感や人生観とか
け離れていて、面白さが伝わらなかったのではないかと思うのですが。
タイコたたきのゆめ」や「クレーン男」を読んで好きだった人には
きっとこの味がわかってもらえると思います。
是非!おすすめです!

ネット販売はこちらからどうぞ

掃苔帖は日系人宇宙飛行士 エリソン・オニヅカです。
[PR]

by shanshando | 2006-01-27 17:29
2006年 01月 27日

古本屋の掃苔帖 第百六十五回 エリソン・オニヅカ

太平洋戦争終結の翌年ハワイ島のコナで生まれている。
両親はコーヒー園を経営する日系二世で、先祖は福岡県の
浮羽町の出身である。
コロラド大学在学中から、アメリカ空軍の予備将校の訓練を
受けており、卒業と同時に少尉として入隊。
1978年、スペースシャトルの飛行士候補に志願、230倍の
難関を勝ち抜き候補生となるが、実際に搭乗のチャンスが巡
ってきたのは7年後になる。
1985年1月24日、スペースシャトル・ディスカバリーに乗り込
んだ彼は、国防省関係の任務をこなすかたわら、宇宙ではじめて
箸を使う、宇宙ではじめて寿司を食べるなどのパフォーマンスを
演じて見せ。無事地球に帰ったその夏、家族とともに浮羽町に墓
参をしている。

戦後のハワイで日系人の子どもとして育った彼は、幼い頃から
戦時中の日系人部隊の話など聞いてそだったという、父祖の地
に錦を飾るという思い入れは、同世代の日本人より、強かったの
だろう。浮羽町でもまた在米日系人社会でも、彼はいまだに語り
継がれる英雄なのだ。

翌1986年1月28日に打ち上げられたスペースシャトル・チャレ
ンジャー(オービタ)は、意識的に女性や他人種のクルーの搭乗
が決められていて、これにエリソン・オニヅカも選ばれている。
二度目の飛行で彼は父祖の地を偲ぶどんなパフォーマンスを考
えていただろう。
アメリカ東部標準時間の同日11時39分打ち上げ、その73秒後
に爆発をおこし、炎上、海面に墜落し、搭乗員全員死亡した。
のちに行われた調査によると、搭乗員室は爆発の被害を受けて
おらず、搭乗員の死は海面に激突した時の衝撃によるものと考
えられる。

エリソン・オニヅカ 享年39歳
 
[PR]

by shanshando | 2006-01-27 15:14 | ■古本屋の掃苔帖
2006年 01月 26日

みたか太宰の会

の小船井さんと島田さんが、来店!
先日、お持ち下さったフリーペーパー「太宰マップ」
お客様に大好評で、無くなってからも噂を聞きつけて来られる
方がいらっしゃるので、ご連絡してみたところ、今日補充分を持
ってご来店!
三鷹市でも似たようなマップを出しているようですが、内容の充
実度が違います。
お二人は会の中心メンバーで、84年の桜桃忌に発行されて以来、
98年に改訂、一貫して主婦のお二人が手弁当でやっていらっしゃる
ようです。こういうのは、市が応援するべきですよね。箱もの公共
事業ばかりやって余得に預かる事ばかり考えてないで。
毎月補充して下さるそうですが、枚数に制限があります。ただし、
コピーは可ということなので、見て面白ければコピーして友達にも
あげましょう。やい!三鷹市!印刷費くらい支援しなさい。

さてネット販売は。こちらから

「掃苔帖」は景山民夫です
[PR]

by shanshando | 2006-01-26 18:41
2006年 01月 26日

古本屋の掃苔帖 第百六十四回 景山民夫

私のような不信心のかたまりのような人間でも、40年余
生きていれば、神仏があるものならばすがりたい気持ちに
なった事がある。
家族の病、子供の誕生など自分の我慢・努力だけでは如何
ともし難い時。
特に何の神だとか、仏だとかとも思わず、ただむやみに手
をあわせるくらいの事で、根が不遜だから事が済めば、そ
れが良い結果であろうと、悪い結果であろうと、医師の尽
力や当人の幸運を思うばかりで、神仏などけろっと忘れて
いる。
断定しては叱られるかもしれないが、事神仏・宗教という
ことに限定した場合、私は平均的な日本人だと云えるので
はないか。勿論、平均である事を誇るほどは、私も愚かで
はないので、別に自慢しているのではない。かといって羞
じもしないが。

人類は今までに幾つの神仏・宗教を創造してきただろう?
人類は宗教を造るのが好きなのだ。多分。SEXや飽食や飲
酒以上に。ドラッグなんかメじゃない程に。
私は嵌った事がないので知らないが、様々な新興宗教やその
類似品に群れ集う人々の様子を見ていると、実に気持ち良さ
そうである。
組織や教義に身を委ねている限り、自分を疑う必要が無い。
どのような快楽も自らを疑い、自ら物事を判断しようとして
いるうちは得られない。快楽はつねに判断停止の先にある。

景山民夫が幸福の科学に走った時、多くの人が嘲笑と共に
疑問に思った。「なんであの人が、あんな愚かな事を?」
しかし、どっちが愚かかは判った物ではない。
彼は、彼を嘲った連中には想像もつかない快楽をそこに見い
出したのかもしれない。いや多分そうだ。
「だってさ、O川隆法ってキ○○イじゃん、自分をキリスト
とか、釈迦とか云っちゃってさ。」などと言うことを云って
いる人は、永久にその快楽を知れない。キリストや釈迦だっ
てキチ○○だったかもしれないし。たとえまさしく○チガイ
だったとしてもそれが何だというのだ。自分で判断している
うちは、救われないのだ。
景山は多分永年マスコミという宗教に属していて、それじゃ
あんまり効かなくなってきたから、幸福の科学に乗り換えた
のだ。キット。

景山民夫は1998年の明日、1月27日に自宅の火災で一酸化
炭素中毒になり死んでいる。一説によると自殺だったという
が、私はO川先生のありがたい教えによって、生きてるよりもっ
と気持ちいい事を教わったに違いないと睨んでいる。
享年50歳
尚、一部のサイトで26日を命日としているものがありますが、
実際は27日の午前一時半に他界したようです。
[PR]

by shanshando | 2006-01-26 17:51 | ■古本屋の掃苔帖
2006年 01月 25日

古本屋の掃苔帖 第百六十三回 藤沢周平

どの新聞であったかは忘れたが、1990年の池波正太郎の
訃報記事に藤沢周平の
「僕には池波さんの鬼平は書けない…」という談話を紹介
していた。一体どんなシチュエーションでこういう談話が
語られたのであろう?
当時九品仏にあった「なないろ文庫」の店番だった私が想像
したのは、当時も今も変らず売れまくっている「鬼平犯科帳」
の続編を藤沢に書いてくれないかという注文が、文藝春秋から
出されたのではないかという事だった。
いや、今から考えるとまさかそんな失礼な事を云いだすわけは
ないのだが、古本屋の店番としては、店頭に出せばかならず売
れるシリーズが終わってしまうというのは、もったいない気が
したのである。

藤沢周平の作家としてのスタートは遅い、オール讀物新人賞を
とったのが44歳、翌年「暗殺の年輪」で直木賞受賞。本格的に
人気作家となったのは50代からである。
若い頃肺結核を罹病しており、その為に教師の職を辞する事に
なるのだが、その療養期間にした大量の読書がのちに作家とな
る為の素養となった。怪我の功名といえるかもしれないが、禍
福はあざなえる縄の如し、療養はもうひとつ余計な贈り物を藤沢
に与える。
右肺上葉切除の大手術のおりの輸血が原因で肝炎に感染していた
のである。晩年発病したこの病に悩まされ続け、ついに1997年の
明日、1月26日他界する。
享年69歳
[PR]

by shanshando | 2006-01-25 20:44 | ■古本屋の掃苔帖
2006年 01月 24日

どーもテレビの話題ばかりで…

本屋としては、恐れ入る次第ですが、
昨日、なんだか東京12チャンネルでコマーシャルソング
ばかりの番組をやっていましたが、結構おぼえているもんですね。

今日は掃苔帖もコマーシャルがらみ。

ネット通販には近々、超目玉が登場予定!
といっても、個人的な思い入れのある本ということで、他の人がどの程度
関心持ってくれるかは、未知数。
ヒントを言いますと、ライナー・チムニク関係で、どちらかというと余り知ら
れていない本です。
数日手元で愛でて、結局、誰に買われていくのかはわかりませんが、本音
は売りたくない。極端に高価な値段をつけるわけにもいかないものだし、それ
を売ってしまわなくとも、営業に支障はないのですが、ここが辛いところ、
何せ、古本屋は私的な蔵書ゼロが矜持ですから!
[PR]

by shanshando | 2006-01-24 17:38