「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

へんですねぇ へんですねぇ

今朝、仕事の合間に訪れた上石神井スポーツセンターにどういうわけか、
ヤッケに身を包んだ、ホームレスのおじさんがビニールハウスにしゃがん
でいる写真のポスターがありまして、いやぁなんかへんですねぇと思って
よく観たら、植村直巳さんでした。
まあ南極の越冬も、新宿西口中央公園の越冬も越冬に違いがあるじゃなし、
死んでしまえばみな同じ♪って、あぶないこと言ってますが、
へんですねぇ、へんですねぇ ワーキングハイでしょうか?

というわけで、ってどういうわけだ?
まぁいいか、というわけで ベトナムの子供を支援する会発行の
長新太 「へんですねぇ、へんですねぇ」と井上洋介「ばんざいじっさま」が
少部数入荷!上々堂ネットと興居島屋店頭で絶賛ちょびっとだけ発売中!
全部錦糸町じゃなくて、残部僅少!

追記上々堂店頭でも勿論買えますよ!
そのほか、興居島屋に入った平野威馬雄「レミは生きている」なんかいいですねぇ
[PR]

by shanshando | 2008-05-31 13:59 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 30日

ダイエット大作戦

昨夜、たしか同い年になるはずの知人の訃報が知らされて若干びびった。
癌だったそうである。
左程深いお付き合いはなかったけれど、不思議にご縁があって、
同い年ということもあるから、かなり身につまされる。
共通の知り合いの何人かに、その件で電話して、他にも知らないうちに
亡くなっていた知人がいることを知らされ、ショックの追い討ち。

30代後半から40代の初めにかけて、親の世代の親戚が続けさまに亡くなって
漸く葬式ラッシュから開放かと安心していたら、今度は同世代から若干先輩に
あたる世代に亡くなる人が多い。
本当にいつ誰が死んでもおかしくないねと、電話の向こうの友人に話した。

なんでもかんでも世の中のせいにするのはどうかと思うが、亡くなった知人たちの
件の多くがやはりかなり無理な生活をしていたようで、それはやはり世の中の
不景気と関係なくもないような気がする。
さりとて、自由業者が多い私の知り合いの死の責任を政府に取れとも言いにくい。
結局自分の身はなんとしても自分で守らざるを得ないのだなぁ、とつくづく思って
今日久しぶりに体重計に乗ってみた。

なぜイキナリ体重計なのかは説明不要だと思うが、ようするに
万病のもとは太りすぎにあり、と思ったからだ。
怖々乗ってみてビックリ!なんと68キロになっているではないか!
私の身長は176.4だから、世間並みに言うと左程太りすぎの部類には入らない
だろうけれど、私的にはこれは大ピンチ!
道理で足が痛いはずだ。
運動がしたいのはずっと山々だったのだが、足の関係で出来る運動が制限される
のと、時間がないのとを理由にのらくらしていたバチがあたったとしか思えない。

もう睡眠時間がどうとか、休息がどうとかいってられない。やらなければならない
仕事はやらなければならないけれど、睡眠なんて考えてみたら4時間もとれば充分
だし、休息なんて死ねばずっと休息だ。

とにかく、最近また6時台になっていた起床時間を一時間早め、午前中の仕事を
出来うる限り繰上げ、40分の時間の隙間を作って、運動に当てることにした。
出来れば八月までには10キロ痩せたい。
そんなに急激に痩せるとリバウンドするよ、という忠告の声も聞こえないではない
けれど、経験から言ってダイエットはやる気になったら徹底しないと成功しない。
徐々にとか、ゆっくりとか言っていると絶対途中でくじけるのだ。
とにかく今朝から雨が降ろうと、槍はめったに降ってこないけど、まぁ降ってきたとし
ても絶対に朝の40分の運動はやめない。
北朝鮮がテポドンをぶっぱなそうと、お得意様のおかまに犯されそうになろうと、絶対
に運動だけはやめない。
そうして、7月終わりの日に行く区民検診の日には体重は58キロです。と偉そうに
言ってやる!
[PR]

by shanshando | 2008-05-30 14:59 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 27日

職業病

このところ、不調がどん詰まりという感じで、もう息も絶え絶え。
なんていううと、ざまぁみろと喜ぶ人がいそうなので。
ちょいと、霍乱の気味でゲス。などと言って、ヨヨとよろけてみたり、
いやぁ、今日はそうも言いたくなるほどに陽射しが強く。
裸眼では眼が痛くさえ感じやすが、グラサンなんぞかけますと
まったく○暴関係の人っぽくなっちゃうので、我慢しておりやすが。
今朝は上々堂のお客様で長崎の方に小包を送り、興居島屋に来ると
今度は香川の人に送る小包。なんだか気圧が高いと遠方の客人に
想いが伝わりやすいようです。

古本屋の持病というと、金欠病の他は腰痛がお決まりで、私の場合
足が一本人造物なので、特に腰に来やすいのです。
さまざまな腰痛もちの知り合いが、なかなか決め手になる治療法が
見出せないで苦しんでいる中、昨日わたしが受けた治療はちょっと
不思議でした。
痛い方の右足を少しずつ持ち上げながら、わき腹を指で軽めに触るだけ、
それが不思議につぼに嵌っているらしく、本当に弱く触れているだけなの
にビンビン経絡に響くのです。
痛がると足を更に持ち上げて、あまり痛くないところでまた暫く…
腰そのものには殆ど触れません。こんなことで効くのかと思っていたら
一時間の治療後不思議に腰は軽くなってました。
ぎゅうぎゅうぽきぽきやる指圧師は下手なのが多いですが、ソフトタッチ
でもここの治療院みたいのは珍しい。ひょっとしたら名人なんじゃないか
と思いますが、込むようになるといやなので場所は書きません。
[PR]

by shanshando | 2008-05-27 13:04 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 23日

親の敵

金券屋で買い物をすることが年に二三度ありますが、
金券屋ってなんで、どこでも客を親の敵みたいに睨みつけるんでしょ?
確かに取り扱う額に対して利益の薄い商売ですから、ロスが出ちゃうと
もうまったく儲からなくって、だからついトゲトゲしちゃうのかもしれませんが
あんなにいやな態度をとっていると、客足だって遠のくだろうし、自分はイライラ
するし、いいことはないと思うのですが。

おなじ古物商売の古本屋は昔は苦虫を常食としているかのように思われていま
したが、最近では不景気のせいか手のひらを返したように、ペコペコ。
いやそこまで露骨じゃないですが、たくさん買ってくれるお客さんなら、もう
○○を××してもいいと思ってるくらいに卑屈だったりして。

でもね、いつも忘れちゃいけないなと思うのは、偶に、本当にたまーに数万円の
本を買ってくれるお客さんより、数日おきに立ち寄って均一本を何冊か買ってくれる
お客さんが大事だということ。

もっと大事なのは、いい本をたくさん売ってくれるお客さんで、そういうお客さんに
ならアタシはなにをされてもいいの…と思ってる今日この頃なのでございます。
[PR]

by shanshando | 2008-05-23 13:54 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 20日

うひゃひゃひゃ

あの、古本の市場というのは基本的に同業者だけが参加するものなのですが、
プロばっかりだから、出品もなかなか侮れなくって、へんなものを出しちゃうと
ボーと言って、誰も買い手がつかないことがあります。
しかし、ではいいものを持っていけば必ず売れるかというと、そうでもなくて、
背に腹を変えられず。秘蔵の一品を持ち込むと、誰もそれを知らなくて、
売れなかったりして非常に悔しいというか、残念というか、複雑な思いをするわけ
ですが、先日こんなことがありました。

市場に出すときは最低価格が決まっていますから、大体業者として最低の値段
でも買えば見合うと判断したものを持って行くわけですが、先日私がまぁ詳しい
分野の本の束を持ち込んだところ、最低入札価格2000円の市場で買い手が
つかない。私も専門分野のことで買い手の人が損をしないような組み合わせで
持っていったつもりで、まあその束だけで3.4千円くらいは付くだろうと思ってい
たから非常に残念。
すごく出品量の多い市会だったので、ほかの束に紛れてちゃんと見られなかった
と思われます。そこで…
一計を案じた私はもう一度その束を別の市場に出すことに決めたのですが、
さすがにそのままでは覚えている人もいるだろうからと思って、おまじない代わりに
まぁ比較的売りやすい雑誌、売値だいたい1000円程度のものをおまけにつけました。
そうしたところ、先の市場では2千円で誰も買い手がつかなかった束に7千円の値段
がついたのです。

つまりこれはどういうことかというと、売りやすい一冊に目が引かれて、他の物も
ちゃんと見る気になったということです。
まぁ、プロと言ってもそんなもので、だから私は市場では買わない。
だって、下手をすると、不確かな気分買いに煽られて、仕入れ値が高くなってしまうと、
店に出す値段もやはり高めにしなくてはならないですからね。
[PR]

by shanshando | 2008-05-20 13:18 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 18日

いろいろと考えることが多くて

考えてもあんまり世の中のためにも、私自身のためにもならない事が
多いのですが、とにかく頭が付いてるんだから考えなきゃ損みたいにして
さまざま考えていると、頭が重くなって来て、首が痛くなって来て、
今日のような5月の晴れた日は、空を見上げると自然と気道が開いて、
いい匂いの空気が肺に溜まって気持ちいい。
だけどあんまり仰向き過ぎると、最近身体のバランスが悪いので、
腰の負担がエラいきつい。運動したいなぁ。
でもその前に休みたいなぁー。

最近ウィークデイの夜の上々堂の店番を堀内さんに替わってもらって
私は興居島屋に居る事が多い。本当はちゃんと上々堂にも来たいのだけど、
もう本当にきつくって、移動出来なかったりする。
興居島屋の夜は久しぶりで面白い事もあるけど、やはり上々堂の夜は
堀内さんが素敵な女性なので良かったね?って、ナニ言ってんだか?
[PR]

by shanshando | 2008-05-18 20:01 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 16日

怒!NTTは詐欺集団?

日本の大会社ってなんであんなに尊大なんでしょう?
私は店の家賃などの振込みの必要上、東京三菱UFJなるなんだかキリバリ
したような冗長な名前の銀行に口座を持っているのですが、じつは相手先の
指定口座がここになければ、こんなところとは絶対に付き合いたくないと思うほど
に嫌いです。

大体人様の金を鼻紙代にもならない利息で預からしてもらってるくせに、長蛇の列
を並ばせて、機械の操作まで客にさせて、おまけに場合によっては手数料までとるし、
放漫経営のつけを税金で穴埋めしてもらった乞食野郎の分際でなにを偉そうに…

と、まぁ銀行の悪口を言い出すとキリがないわけですが、今日私が怒っているのは
NTTです。

興居島屋も上々堂も一年ほどまえにフレッツ光に切り替えたのですが、忙しさにかま
けて見過ごしていたら、興居島屋のぶんの電話料金がこの一年異常に高い。
以前は送られきた料金明細も@ビリングとやらになって、わざわざこっちから調べな
いと、知らせてこないから、きっと相棒が仕事の都合で電話を多用するのだろうくらい
に考えていたら、実は相棒のほうでも同じことを考えていて、これはおかしいと私が
問い合わせてみたら、フレッツ切り替え時に解消したはずのADSLの料金が一年に
亘ってとり続けられていたのです。

ここまではじつは私も「間抜けな話しだなぁ。ちゃんとしっかり計算しなおして多すぎた
分は返してよ。」くらいに思ってた。しかしそのことが判明してからの対応が実に腹が立
つのです。
まず、初めに事が判明した部署では窓口が違うから、べつの番号を教えてやるから
そこへかけ直せ!という。ここでまずちょっと私ムカッとしました。
私たちの店で何か不都合があってお客様から苦情が来た場合、電話口に出た者が
事情が判らなければ、「申し訳ありません。」といって担当者が折り返し電話をします。
間違っても、ここは部署が違うからかけ直せなんて非常識は言えません。

まったく尊大な態度だ!と怒りながらも、まだ私はまぁ我慢して教えていただいた番号
に電話をしてまた最初から話をした。そうすると担当者は一応申し訳ながってるふりをし
て、「さっそく調査いたします。」と来た。
やがて、ようやく事実が確認され、「確かに多く頂いてしまったようです。」という連絡が
来て、さっそく返還の手続きをとるのかと思ったら、「返還できるかどうか審査にかけさ
せていただきます。」という。
こりゃあいったいどういうことだ?人の金を勝手に口座から盗んでおいて、「返還できる
かどうか審査」ってなんだよ?泥棒の親分に「ばれちゃったみたいだから返していいで
すか?」って聞こうというのか?!

怒りながらも、どうせ電話口の人間はマニュアル馬鹿なんだからと思って、堪えて
次なる電話を待っていると、今度は約束した日が過ぎても電話をしてこない。
しようがなく二三日後にこちらから電話すると、担当者はけろっとしながら「忘れてました」
というお言葉。
もう怒る気もなくして、「で、どうなったの?」と聞くと、
「これこれでお返しすることになりましたが、コンピューターが計算をするのに更に一週
間かかります。」という。いったいどんなコンリューター使ってるんだ?自分ところが多く
とりすぎてたということがわかった時点で、いったいいくら多かったのか位すぐにわかる筈
だろ!というと、
「実は明日から私お休みでして」という。
いったいなんの話してるんだ?俺はお前に個人的に金貸したんじゃねぇーぞ!と怒る
とじゃあ三日でやりますと来た。
それで三日後かけてきた電話で、「○○円になりますが、振込みには更に二週間かかりま
す」と抜かしやがった。
私はもうはっきりいってこれは最初からこの人間がいいかげんなせいで起きたことなのだ
思ったから、一度その電話をきってから次の日、もう一度電話をして、その担当者の上司
を呼び出した。
まず、このいいかげんな担当者の出した計算は(コンピューターがいい加減なのかもしれ
ないが、)信用できないから計算しなおすようにということと、
人の金を盗っておいて、返還に2週間というのはなめすぎだ、すぐに今日中に返しなさい。
と言ったのだ。
そうすると上司はどうやらこの件を全然把握してなかったらしく、大急ぎで調べてお電話
しますと言って、二時間後かけてきた。
それによると、返還されるべき金額が初めに担当者が言ってた金額よりさらに二千円ば
かり増えていた。
やっぱりいい加減に計算していたのだ。
で、今日中に返還というのはやはり無理で、数日待って欲しいという。

なんだか怒りで文章がめちゃくちゃだが、皆さん。
若いころ。うっかり残高不足に気づかず電話料金が引き落とされず、電話を止められた
ことありませんか?わたしは二度ばかりあります。
その当時は毎日夜に次の日仕事の予定が知らされる肉体労働をしていたので、いきなり
電話を止められると本当に困った。でも勿論NTTはそんなことお構いなしです。
期日がきたら、予告もなく切ります。それはいいでしょう。契約とはそういうものです。
ちゃんと払わなかった私が悪い。
しかし、では今回まったく自分ところの責任でとりすぎていた時には何故すぐに返還しない
のか?
もともとフレッツに切り替えたのはNTTからの営業によるもので、電話代が画期的に
安くなりますという言葉を信じてのものだった。ところが安くなるどころか、余分な料金を
取られていた。もしこの流れを疑ってかかったら、これは詐欺だ!といわれてもしょうが
ないのではないか?
ことが判明しても担当者の口先ではいくら反省して見せても、即刻返還せず。公式の
謝罪もない。
NTTさん、おたくは詐欺集団ですか?今日現在、いまだ料金の返還はありませんし、
謝罪の言葉も公式にはありません。

保険会社や食品会社、自動車会社に建築大手、日本の大企業はなんらかの不正を
していると思って間違いないようです。
[PR]

by shanshando | 2008-05-16 15:16 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 13日

ハクビシンと原子力母艦

いやぁ、横須賀の原子力母艦の訴訟、住民敗訴になりましたねぇ。
なんでもジョージ・ワシントンは過去に放射能漏れなどの事故を起こして
おらず、寄港地としての工事を差し止めるほどの必要はないというのが、
判決理由の主旨だそうですが、
まったく……。
酒酔い運転で人身事故をおこしたオヤジなみの言い草ですね。
「今まで何度も酒飲んで運転したけど、別に事故は起こさなかったし…」
ってやつです。
裁判官も行政官も政治家も事が最悪になった時の責任の所在が明確じゃ
ないから、こういう無責任な判決を下せるんですね。
もし、たまたま「今まで」事故を起こさなかったジョージ・ワシントンが今後、放射能
漏れか、それに順ずる事故を起こした場合、この工事を推進する側の責任者
およびこの判決を下した判事は、裁判なしで直ちに極刑に処されるという法律が
あれば、怖くてこんな判決は下せないでしょう。
まぁ放射能漏れがあった場合、首都圏は阿鼻叫喚の地獄絵になるわけで、そしたら
そのドサクサに紛れてこういう奴は逃げちゃうかもしれませんが。

関係ないですが、昨日西荻の私の家の前にハクビシンが現れました。
お犬様たちが、お座敷にお上がりあそばして危険がなくなったお陰で、東京は
では野生動物が増えているそうです。
ハクビシンは果物を食べるぐらいで穏やかな生き物ですが、青梅のあたりでは狸を
駆除したあとに野生化したアライグマが増えて、これは見た目は可愛いけど獰猛な
肉食獣だそうで、猫や鶏を襲ったり、場合によっては人間にも危害を及ぼすそうです。
見かけてもあまりうかつに手を出さないほうが良さそうです。
[PR]

by shanshando | 2008-05-13 15:46 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 10日

じょーしき

噂の楳図邸をみて来たけど期待したほどに奇抜でも、奇矯でもなくて
かえってちょっとがっかりしたという友人が数人居る。

あの問題をニュースなどで取り上げるたびに思い出すのが、昔私が
ちひろ美術館の長新太展で出会ったおばさんで、彼女はそばに置いてある
長さんのプロフィールや写真に気づかないまま
「なにこのピンク!まぁ最近の若いひとはねぇ…。絵本て言うのはもっと
なんていうの淡ーい色で描くイメージじゃない?普通。」なんて言ってた。
どう見たって精々50代のそのおばさんより、長さんのほうが「若いひと」な
わけはないのだが、おそらくはちひろの画風が絶対的な絵本観になって
頭の中心に居座っているそのおばさんの感性では、加齢するごとにむしろ
感性を若返らせていった長さんの凄さなど理解する余地はないのだろうし、
どんな頑迷さでも不用意に笑ったり嘲ったりするべきではないと思うが、
聞いてて許せなかったのは最後の「普通」という一言だ。

私は今、普通に朝起きて、普通にご飯を食べて、普通にうんこをして、
夜になると普通に寝て、普通に服を着て、普通に日本語を喋って、いろんな
普通をやっているけど、ほんとはそんなことちっとも普通じゃない。
夜仕事して朝寝る人は一杯いるし、朝ご飯を食べない主義の人もいっぱい
いるし、日本語なんか喋るどころかそんな言葉があることすら知らない人が
世界にはいっぱいいるし、世の中の人が全部裸だったら本当に平和なのか
もしれないし、朝ごはんは食べないけどうんこは食べると言う人だっていっぱ
い(じゃないかもしれないけど)確かにいる。
普通なんていったいどこにあるのだ?

学校に行かない子供に「どうして普通にできないの?」という愚問を発する親
の愚かしさは、目の前に実在している子供の存在より、雲や霞レベルの不確
かさでしか存在しない「普通」というインチキくさい概念を優先している愚かしさ
で、それと絵本の絵はかくあるべしという頑迷なだけの思い込みを同一に見る
のは行き過ぎではないかと言われるかもしれないけど。「馬鹿は隣の火事より
恐い」というコトワザどおりにこういう性質の悪い「普通信者」を野放しにしておく
と、世の中に不幸をドンドン作っていく。しかも無意識に作り出すのだから本当
に性質が悪い。

楳図氏の家は彼の表現の一部であるということだが、その好き嫌いは別にして
「普通」というモノサシを振りかざして襲い掛かってくるヤツがいるかぎり、表現者
としては断固戦うべきだろうと思うし、本来は裁判所なんかお呼びじゃないんだけど、
それでも性質の悪いモノサシなどという武器をふりかざして襲ってくる暴力に対して
は司法もやはりいくらかは役にたつかもしれない。
[PR]

by shanshando | 2008-05-10 14:39 | ■原チャリ仕入れ旅■
2008年 05月 07日

旨いラーメン屋は何故か

読売新聞を置いていることが多いようです。
別に私は読売のまわしものじゃないですけどね。何故かそうです。
モチロン全然新聞なんて
置いていないところもありますし、スポーツ新聞だけというところも
ありますが、少なくとも私がこの数ヶ月注意してみたところによると
圧倒的に読売が多い。

まぁ大体読売が発行部数で一番なんだから確率的には不思議は
ないですが、ちょっとイマイチかなと思うと朝日だったりするので、
やっぱりなんだか理由があるようです。

新聞というのは昔からインテリが作ってヤクザが売るといわれていて
勧誘員は強引であつかましいのが多い。
昔アパート暮らしだった頃入浴中に読売の勧誘員が来て、あまり煩い
ので「取る気はないよ」と答えるとドアーを蹴っ飛ばして「火ぃつけてやる」
と凄んでいったことがあります。 

まさかラーメン屋さんたちは脅かされて取っているわけじゃないと思い
ますが、考えられるのはラーメン屋というのは美味しい味をキープしよう
と思うと、スープ管理などに非常に地道で愚直とも言えるような努力が
必要だから、どうしても考えが保守的な人が多いのかもしれません。

その昔慶応の三田のキャンパス近くにあったラーメン二郎という店は
熱烈な共産党のシンパで、店の中は赤旗の広告だらけでしたが、本格的な
トンコツが東京にまだそんなに多くなかった時代に脂ギットリのラーメンを
なんと一杯200円台で出していて、このへんやっぱ共産党だなぁと関心
しましたが、数年後には某大手商社に魂を売り渡したとかで、今や東京
じゅうに支店を広げ、値段もたしか700円とか取っているようです。
ラーメン屋にもペレストロイカの嵐が吹き荒れたわけです。

昨日、ネットでいろいろ見てましたら新聞配達員の人の労働条件は過酷と
言っていいほどで、休みなしで早朝から働いてもいくらにもならない。
それに比べて新聞記者というのは、非常に高額の収入を得ている。
まぁ考えようによったらインテリが労働者から搾取するという構図で、
こういう組織が作っている媒体に格差社会がどうのこうのといわれてもシラ
けるだけですが。ラーメン屋さんが好きな読売新聞の場合、そのインテリの
更に上でふんぞり返っている爺さんが居て、今じゃ保守の守護神のような
誇大妄想で新聞ならぬ醜聞をまきちらしていますが、若い日には確か
やっぱり共産党のシンパだったはずで、共産党と保守の境界線上にひょっ
としたら美味しいラーメンの秘密があるんじゃないかと、そういえばラーメンと
いうのは非常に背徳的な魅力に満ちた食べ物だと、思う今日この頃なので
ありました。
[PR]

by shanshando | 2008-05-07 13:27 | ■原チャリ仕入れ旅■