<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

完全犯罪

完全犯罪を考えている。
と言っても何か違法行為を犯そうとか思ってるんじゃなくて、
最近、ミステリーばかり読んでいて、それでなんとなくそんなことを
考えちゃってるんだけど、ミステリーには実は完全犯罪を描いた物は
皆無なんじゃないだろうか?
だって、大抵は最後に真相が明らかになるわけだから……。
最後まで結局真相も犯人も判りませんっていうのがあったら、それは
やはり完全犯罪なわけだけど、それじゃあ小説にならないよね。
いくら暇だからって、入ってくるミステリーを片っ端から読んでるわけ
じゃないから、ひょっとしたら認識不足かもしれないけど、まずないだろう
と思う。小説の中では…。

グーグルで「完全犯罪」を検索してみると、なんだか2chのアホみたいな
書き込みが出てくるばかりで、でもまぁモノは試しに読んでみると、
毎日の味噌汁の塩分をふやして殺すとか、脂っこいもので殺すとか、
なんだかやたら配偶者を殺したがっている書き込みばかりで、「そーんなに
結婚を後悔してんのかよ?」って感じだ。
お遊びで考えるなら、もっとウィットに飛んだことを書けばいいのに、
なんでそんなに発想が貧困なの?

なんだよ!じゃあお前、なんか面白い完全犯罪書けるのかよ?と聞かれると、
ちょっと困って、困った挙句私ならこう答える。
「完全犯罪なんて、実はめずらしくもなんともないんじゃない?」
だって、ここ数十年の間にも迷宮入りで時効を迎えた事件がいっぱいある
わけだし、警察とか検察が無理を通して犯人を仕立てた事件でも冤罪が
いっぱいあるんだから、つまり小説世界では希少な完全犯罪が現実世界では
珍しくもなんとないという事になるし、それが完全犯罪になった理由の殆ど
は狡知に長けた犯罪者が奇想天外な手段を用いたとかではなく、単に
警察とか検察の能力不足、というかお役所仕事で犯罪捜査をやっつけちゃてる
せいじゃないかと思える。
冤罪事件の原因を探ると結局、警察や検察、どうかすると裁判所まで真実の
究明はそこそこにして、とにかく犯人でっちあげちゃえ!みたいな姿勢で
仕事しているのがみえみえで、彼らの経験則からはずれちゃうと全部完全犯罪
になっちゃうという困った事態なのだったりする。

だから、完全犯罪なんて全然おもしろくないじゃん!じゃ話が終わっちゃう
けど、まぁミステリーというのは空想、妄想の領域のお遊びなんだから、
現実に義理立てする必要はないよね。
そこで、弱冠奇想天外な完全犯罪のプロットをひとつ書いてお茶を濁してみたい。

             ○

20XX年3月某日の早朝、東京郊外のマンションの一室で届けられたばかりの
朝刊を見ながら、Sは喜びが顔に出るのを抑えるのに苦労していた。
新聞の一面には彼の年来の敵の完全な破滅が報じられていた。
報じられた内容は、取りも直さず勝利者である彼にゴージャスな老後を約束していた
から、50代も半ばに達しようとしている彼をして女子高生のような嬌声を挙げさせて
さえおかしくなかったし、その笑顔を見られる相手も永年連れ添った女房くらいしか
いないのだから、遠慮なく喜べば良さそうなものだが、それでもあえて彼は下腹に力
をいれ、グッと喜びを噛み殺した。
彼のクライアントたちは彼にそいう慎重さを求めていたし、若い頃から仕事に
かまけて、碌なコミュニケーションもしていない女房が、彼の知らない間に敵と
通じていないという保証は何処にもないのだ。
最近は朝の味噌汁が随分塩辛いようだが、敵の指令を受けた女房が彼を成人病患者
にさせて殺そうとしているという可能性も充分想像できる。
イヤ、想像じゃない。時折彼女が見せる憎々しげな表情は完全に悪意をたたえている。
桑原桑原、こんな物騒な女と永年連れ添ってきたとは……まぁ、いいさ。今日オフィ
スに行けばクライアントから労いのメッセージが届く筈だ。午後には彼らを訪ねて、
前もって約束された褒章に上乗せしてブロンドの美女を紹介して貰えるよう交渉しよう、
そうして物騒な古女房には文句を言わせないだけの手切れ金を叩きつけてやる。
彼らはそれぐらいしてくれるさ、オレはそれだけの事を彼らのためにやったんだからな!」
彼は内心をさらに押し殺して、いつものように落ち着いたそぶりで身支度を済ませ、
30分後部屋を出る。右手には書類鞄、そして左手には女房に渡された生ゴミを持って。
幸い今朝はエレヴェーター前に人影がない。最近週刊誌などで顔を知られてきた彼の
そんな姿を、物見高い表情で見る近所の奴らとは顔を合わさずに出かけられそうだ。
エレヴェーターが一階につくと、玄関ロビーで待つはずの運転手に見られないよう
廊下を壁沿いに曲がり、忍者のような忍び足でゴミの集積所へ。ゴミ袋をポリバケツ
に押し込むと、もう一度表情を作り直して、さも今降りてきたばかりのような素振りで
ロビーへ。運転手の慇懃な挨拶を鷹揚に受け流すと車寄せに停めてある黒塗りのベンツ
の後部座席へ、
「今朝は、オフィスへ直行でよろしいでしょうか。」
「ああ、直行してください。午後にはまた六本木にやってもらうが、とにかく今は
霞ヶ関へ、中央合同庁舎第6号館へやってください。」

                    おわり

えっ?これの何処が完全犯罪だって?
さぁーねぇ……
[PR]

by shanshando | 2010-02-28 18:30 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 26日

お腹空いていませんか?

買取に伺った先で、初めて食事の心配をしていただいた。
「お腹すいてませんか?」と聞かれたのだ。
まだお昼には少し間があったし、朝早くから伺って、結構な
時間を費やしていたというわけでもないのに、ご心配を
おかけしたのは、よほど元気のない顔でもしていたのだろうか?
この頃は例によって花粉に痛めつけられているから、元気満々とは
言えないが、自分では差ほど弱っているという自覚も無い。
さういえば、子供の頃は近所や親戚など訪れると、時分時でなくとも
お腹の心配をしてくれるおじさんやおばさんがいたが、最近では
無闇に人に食べ物を薦めるのは禁忌になっているような気がする。
人が集まる場所、公園などで、弁当をつかっていて(この表現も最近
あまり使いませんね。この際言っておきましょう。弁当は食べるもの
ではなく使うものなのです。日本では…)
……弁当を使っていて、幼い子供がものめずらしげに近寄ってくると、
お結びの一つも差し出して、「食べるかい?」と言いたくなるが、
うかつな事は出来ない。酷くすると親御さんに犯罪者でも見るような
目で観られかねないのだ。

昔、見た映画でこんなセリフがあった。
「国じゃあ、乞食だって人が訪ねてきたら、飯を食わさずには帰さ
ないんだ。」
言葉はちょっと違うかもしれないが、映画は李恢成原作 小栗康平監督
の「伽椰子のために」だったと思う。
お腹の減り具合やトイレの心配、人の生理現象に想像を働かせ、気遣い
することは、本来人間性の充実を意味する事だと思うのだけど、
そういった感性はもう70年代くらいからこの国では失われた気がする。
オーガニックだ。スローフードだといろいろ新しい言葉が耳に飛び込ん
でくるけど、食を分かち合うという、群生する生き物としては基本的な
意識が失われたままそんなこと語ったってむなしい感じがする。

「お腹空いてませんか?」
この言葉がけっして特別な響きを持たずにあちこちで聞かれるほどに日本は
貧しくなったほうが良いのかもしれない。
[PR]

by shanshando | 2010-02-26 22:44 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 25日

檸檬エゴマ

魂がカンフルを必要としている時というのが、あるもんだなぁ
などというのは、大袈裟ですね。大袈裟です。
感慨を大袈裟に表現したくなるのは、年齢のせいでせうか。

今日、ずっと気になっていたけど、名前がわからなかった植物の
名前がわかりました。たったそれだけでこんなに気分が愉快になる
なんて、むしろ、ひょっとしたら一種の狂疾なのかもしれません。

植物の名は檸檬エゴマ、紫蘇の仲間ですが、檸檬に似た香りが
名前の由来です。
本州の山野の至るところで観られるとのことなので、来週再度の
高尾行きの時でも採取しようかと思いましたが、花期が8月から
10月とありますので、さすがに今は影も形も見つからんでしょう。

よし夏になったら絶対採取するぞ!
って、憶えていられるかなぁ?夏まで。
いや、私は憶えているんですけどね。檸檬エゴマのほうで私を
憶えていてくれるかどうか……

今日の買取は大沢のYさん宅。
もう確か三度目の買取だけど、毎回この時期に行ってるように
思えるのは、お宅の向かいの畑に生えている植物の名をその度に
聞いているから。
どうも稲科の植物らしいんだけど、麦ではいないし……
Yさんに尋ねると、
「ああ、あれはなんでもない物らしいです。」
「??????」
「あそこ、この間までは小松菜が植わってたり、季節ごとに
色々変わるんだけど、変わり目ごとにあの『なんでもない物』を
植えて、土をリセットするんだって。」
「はぁ、なるほど。」
思わず納得しちゃったけど、実は全然わかりません。
なんですか?「なんでもない物」って↓
c0020598_20291464.jpg

[PR]

by shanshando | 2010-02-25 20:23 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 24日

上石神井

上々堂の近くのルーテル学院やICUなんかもそうだけど、
キリスト教関係の施設というのは、やっぱりなんだか小さな
ヨーロッパというかんじで、ミーハー的な憧れを感じてしまう。

今朝は上石神井の修道院に隣り合ったマンションに買取で、
マンション自体もゆったりとした空間をもっている魅力的な物
だったけど、恐らくベランダから見渡せるはずの修道院の敷地が
背の高い立ち木が並ぶ、ヨーロッパの森みたいで、ああこういう
処だったらマンションもいいなぁ、なんて思ってしまった。

あれはやっぱり意図的に造られているでしょうね。
圧倒的な垂直は天上を意識させますからね。
そういえば日本の神社も立ち木が景観の重要な要素になっています。
仏教は一部の山岳仏教以外立ち木に繋がるイメージがないけど、
昇天という発想が輪廻思想とマッチしないからでしょう。きっと。
違っちゃったりなんかします??

美術本を中心に売って下さったUさんはかつて関西の美術館でお仕事
をされていたとかで、美術本以外も渋いご趣味の本ばかり。
4歳と0歳のお子さんの育児に追われ、今はあまり本も読めないとか。
4歳のお姉ちゃんは結構アクティブぽかったけど、なぁーにこんな
閑静な環境で育てば絶対に読書好きになりますよ。5年も経てば
親子揃って修道院の庭が見えるベランダでお茶しながら読書なんて…
羨ましいかぎりです。

関西時代に買われた本の中にクライン文庫の値札があった。
私より確か半年ぐらい早く始めたから、クラインも創業16年めになる
はずだ。
[PR]

by shanshando | 2010-02-24 13:05 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 23日

高尾

ひさしぶりに遠出の買取。
8時出で高尾まで出かけた。

Kさん宅は京王高尾の駅裏の小高い処にあって、
街道からはすこし離れているから静かで、今日の日和も
あいまって、落ち着いた気分にさせいただいた。

売っていただいたのは、絵本、児童書、映画関係、
シュタイナー関係など、南欧、とくにイタリアにご関心が
あるようで、その関係の書籍も随分あった。
あらかじめ、大体の量を伺っていたので、バイクに積みきれ
ないようなら、赤帽さんに依頼を…とも思っていたのだが、
実際縛ってみると、微妙な量で、積みきれない分は宅急便…
という可能性も考えたが、結局来週もう一度うかがって二度に
分けての輸送をすることに。

良い本が少しでもあれば、遠くまで出かけるのはいっこう吝か
ではないのだが、コストやリスクも考えねばならず、難しい。

仕入れた本が右から左へ売れてくれるなら、なんの苦労もない
のだけれど……

段取りをすませて、帰る前にエスプレッソを出していただき、
しばし歓談。
正午前に出発、甲州街道沿いで大分とんこつのラーメンを食べて、
花粉もうもうの大気の中を三鷹まで、そして西荻窪。
家で少しだけ休むつもりが、往復4時間の原チャリ行で体表面の熱
をうばわれた身体は飴のようにとろけ、一時間余り眠ってしまった。

夜店番をしながら「天然コケッコー」
[PR]

by shanshando | 2010-02-23 22:19 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 17日

白菜・昆布・バター

なんだか卵かけご飯なんていうものが流行ったりして、へんな気分。
お茶漬けにしろ猫飯にしろ、お手軽、安価なご飯は大好きで、卵かけ
だってよくやるけど、専門店まで出来るなんてなんだか変だ。

私は肉体労働をやっていた独り者の若い頃から、自炊派だから世に
貧乏だ貧乏だといいながら、コンビニ弁当なんて買う人がいるのを
理解できない。
「一人分だと、材料とか無駄になって結局割高なんだよね。」なんて
いう意見をよく聞くけど、それは絶対嘘だ。野菜だって、肉だって、
魚ですら、冷蔵庫や電子レンジを利用すれば、いくらでも有効に使い
きれる。無駄になるのは、知識と努力の不足以外のなにものでもない。

いや、中には時間が本当なくて自炊できない人もいるだろうけれど、
そういう人は、まぁ相応に稼いでいるだろうから、外食しても無駄は
ないけど、一日12時間以下、週休二日の労働で、それでいて稼ぎもあまり
なくて、自炊していない人は、元来貧乏になる才能すら掻けているのかも
知れない。

まぁ、ちょっと言い過ぎかな。
若いと、カロリーがあって、食べでのある物を食べたくなるのは無理ないし、
思いついた時だけ、肉や野菜を買っていると確かに無駄が多いかもしれない。
給料日前になると一週間ぶっつづけで卵かけご飯ばかりとか、やってたり
するんだろうなぁ。
判る判る。卵かけって一応物を食ったきになれるよね。たしかに。
でも、そういうのは本当に心を荒廃させますよ。

というわけで、そんなワープアなアナタに、頼まれもしないのに教えちゃい
ましょう。卵かけよりもうちょっとハイクラスな貧乏食!

まず白菜!
これは今大体8分の一が70円から90円くらい。
葉っぱを2、3枚はがして、2.5センチ四方くらいに切ります(適当ですよ。)
これを塩で揉みます。塩は始め「多すぎるかな」というくらいに入れて、
葉っぱがしんなりしたら、一度水にひたし、丁度良くなるまで塩抜きをしましょう。
次に、昆布。これは安くないけど、乾物で保存ができますから、お金がある時に
買っておきましょう。
昆布適量をキッチン用の鋏(100均で売ってるやつで充分)で細く切り刻み、
白菜にマブシ、ボールにいれ、適当におもしをして1,2時間すると昆布のぬるみ
が出て、即席浅漬けの出来上がり!
後は炊きたてのご飯にバターとこの浅漬け、おかかでも入れてお醤油をチョビ。
混ぜて食べると、卵かけの10倍くらいの満足感がある食事になります。
残った浅漬けは冷蔵庫で2、3日は大丈夫だから、当分食いつなげます。
やってみてください。
不精して出来合いの浅漬けなんて買ってくると、保存料の味で口が捻じ曲がります
からご注意!
[PR]

by shanshando | 2010-02-17 15:14 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 12日

ことば

最近コンビニの接客の質があがった。
っていうか、接客に使われる日本語が随分ちゃんとしたものになった、
と思って、接客している人をしみじみ観ると、名札にカタカナの名前が
あった。面差しは大方日本の同世代の若者と見分けがつかないが、どこか
きりっとしているなぁ、と思うと大抵外国の人で、なんだか頓珍漢な敬語
だか、丁寧語だか、わからんもんしゃべっとるなぁと思うと、大抵日本の
若者なのだ。

別にね、言葉なんて時代時代で変化して然るべきものだし、それはいいの。
それに自分の母国語が片言でも英語は喋れたりするかもしれないしね……。
ただね、大変だなぁ、今のハイティーンから20代の人は……と思うのだ。

先日あるブログで、昔は先進国の国民の中で語学力のワースト2は日本人と
韓国人といわれてたけど、今は日本は韓国に完全に置いていかれた…という
ことを読んだ。
IMF危機以降の韓国は必死で国際人の養成に勤めたのだ。

確かに日本が豊かな時代に育った、私なんかの世代の人間は絶望的に他国語
習得者が少ない。勿論、ちゃんとしている人もいるけど、大方は中学程度英語
力も持っていないし、その他の言葉は旅行する時に一夜漬けのインチキ語学
をやる程度、ジャパンマネーが弱体化した今となっては、何処に行っても
人間扱いされないだろう。
「まぁ、べつに外国に住むわけじゃないしね。日本語が喋れれば充分だよ。」
なんて寝惚けたことを言ってたりする。
エッ誰がって?う~ん例えば私ですけど。

まぁ、とにかく今年50になる私は頑張ってせいぜい勉強したって、英語が少し
ましになるくらいで、それだってまぁ運がよければ生き残れないことはないと
思うけど、現在30代以下の人は少なくとも日本語以外に二種類の言語を話す
くらいでなければ生き残れないだろう。
イヤイヤ、特別なエリート世界からの脱落とかを言ってるんじゃなくて、簡単な
物販から工場労働まで、必要に応じた言語能力を持たない人間は生き残れない。
ということ、言葉だけじゃ勿論コミュニケーションは出来ないよね。他文化人の
習慣や心情を理解できる能力がなきゃ、生きていけない。
ネットとかで「朝鮮併合は文化が遅れた隣国を救うため、日本がやってやったこと
だ!」なんて無駄な威勢のよさを発揮してるようじゃ絶望的なんじゃないの…
問題は今でしょ、今!

なぁーんてね。英語もろくに喋れんオッサンに言われたくないか。
[PR]

by shanshando | 2010-02-12 18:17 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 07日

くるくるクルミちゃん

本日入荷しました!
c0020598_12413457.jpg

コンデションはあまり良くないので、二冊3500円で、店頭に出してます。

c0020598_12521098.jpg


ウチの凶暴な次女に似ております。容姿が、(親バカ)
[PR]

by shanshando | 2010-02-07 12:43 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 02月 04日

山谷ブルース VS 釜ヶ崎人情

昨夜、居眠りから目覚めてなんとはなしにテレビをつけたら
「SONGS」という番組で岡林信康が「山谷ブルース」を歌ってて
びっくりした。
いやぁ時代が変われば変わるもんです。
かつて放送禁止歌の代表的存在だったものを、NHKがやるなんて!

って、まぁそれほどのもんでもないですか、
公共のメディアっていうのは、昔は非人間的なまでにガチガチのモラル
をふりかざしているものと信じてましたが、実は大新聞社もNHKも結構
自分たちの利益保守しか考えてなくて、「モラルってえのは、時代に
よって伸び縮みするスケールなのよ、トーゼンでしょ。そんなこと!」
ぐらいにはみんな開き直っているから、ある部分非常に話が判るように
なって、こういう番組も創ったりするし、かとおもうと権力者におもねって
露骨な情報操作をするのも平気だったりする。
良いことなのか、悪いことなのかは、まぁ議論があるところだろうと思
いますが、要は受け止める側に「鵜呑み」をしない知性が要求されるのは
確かなようです。

遠からず新聞社はその営業形態を大きく変えざるを得ないだろうし、JALより
もっと絶望的な退職者年金の資金問題を抱えているNHKだって、改組の
話が出てきてもおかしくない、とよそ目に観ていて思うのだけれど、組織の
内側にいる人は案外呑気なのかもしれませんね。

新聞販売店で働いている知り合いが言ってたけど、最近やっぱり偏向報道を
理由に契約を打ち切る人が多くて、このままだとどうなるのか不安だと言っ
てましたが、高給取りの本社社員の人たちはひょっとしたらこういう末端の
労働者を切り捨てやすくする為に、敢えて部数削減を画しての偏向報道を
しているのかもしれません。新聞が紙メディアから脱却するのに一番障碍に
なるのが販売店システムに関る人たちの処遇でしょうからね。
「販売店を出てドヤ街へ向え!」それが昨日のSONGSのメッセージかしら?

さて、「山谷ブルース」ですが、昨夜はピアノ伴奏が山下洋輔という豪華版
で、こんなの二度と聞けないと思いましたが、番組は意外と短く、次週も
この番組ではこういう凄いのを、やるのかと期待して予告を観たら、
なんだか聞いたことのない、歌手らしきおじさんがクネクネしてて「なんじ
ゃい?これ?」
歌う時に踊るなとは言いませんが、一応公共の電波ですから、美醜の基準は
しっかり確保していただきたいものです。

表題の件ですが、さまざまご意見好みはあろうかと思いますが、私は「釜ヶ崎
人情」に一票!
20代の頃立ちんぼを(戸山公園ですが)やってた経験から、より楽観的なほうが
実際にその場に直面している人間の気分としては合うと思うからです。
以下に、歌詞を並べてみますので、読み比べてみてください



山谷ブルース

 岡林信康 作詞/作曲


今日の仕事はつらかった
あとは焼酎をあおるだけ
どうせどうせ山谷のドヤ住まい
他にやることありゃしねえ


一人酒場で飲む酒に
かえらぬ昔がなつかしい
泣いてないてみたってなんになる
今じゃ山谷がふるさとよ


工事終わればそれっきり
お払い箱のおれ達さ
いいさいいさ山谷の立ちん坊
世間うらんで何になる


人は山谷を悪く言う
だけどおれ達いなくなりゃ
ビルもビルも道路も出来やしねえ
誰も分かっちゃくれねえか


だけどおれ達や泣かないぜ
働くおれ達の世の中が
きっときっと来るさそのうちに
その日は泣こうぜうれし泣き


釜ケ崎人情

 もず唱平 作詞
 三山 敏 作曲


立ちん坊人生 味なもの
通天閣さえ 立ちん坊さ
だれに遠慮が いるじゃなし
じんわり待って 出直そう
ここは天国
ここは天国 釜ケ崎


身の上話に オチがつき
ここまで落ちたと いうけれど
根性まる出し まる裸
義理も人情も ドヤもある
ここは天国
ここは天国 釜ケ崎


命があったら 死にはせぬ
あくせくせんでも のんびりと
七分五厘で 生きられる
人はスラムと いうけれど
ここは天国
ここは天国 釜ケ崎



ちなみに釜ケ崎は昭和42年 山谷は昭和43年の作品です。
[PR]

by shanshando | 2010-02-04 13:41 | ■原チャリ仕入れ旅■