「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 28日

3秒ルール

幼稚園の懇談会で、講師として招かれた管理栄養士なる肩書きの
オバサマの話を聞いてきて、家内が怒っている。
野菜は専用の洗剤で洗ってから調理しろとか、おかずの作り置きは
やめろとか、いろいろ気に食わないご高説が多々あるなかで、最も
彼女の勘気にふれたのが、御握りは素手で握らず、ラップで握れと
いう言葉。
その栄養士は、多分区の御用達なんだろうけれど、そんなしょうもない
者に禄を与える余裕があるのかね杉並区は?
おまけに「子供は国の宝」とかのたまったそうだが、先ごろ辞任を
発表した右翼区長の執政のもとで、こういうアホが幅を利かせている
んだな。きっと

はっきり言って、ウチの子供は拾い食いにすら「3秒ルール」を適用
しているし、母親の手が汚いなどと思うような、不幸な育て方はして
いない。それから子供は「オレの宝」ではあるけどお国に上納して、
「国の宝」などにさせる気もさらさらない。
[PR]

by shanshando | 2010-05-28 11:52 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 05月 25日

バザー

「そんな古いオモチャとか服出してどうするの?」
「Q子の幼稚園でバザーがあってね。」
「バザー?」
「うん、もう使わない物とかあったら、持ってきてって。」
「ふーん…………。そだ、ボクを連れてって、コレもう使いませんから、
 ってぇのはどーよ?ハハハ」
「あのさぁ……」
「うん」
「持ってきてって言われてるのは、『使わないもの』であって、『使えない
 もの』じゃないんだよね。」
「………………?ああ、ハハハ」
「フー、まぁこんなもんか。P子!お姉ちゃんのお迎えに行くよ!グズグズ
 してるとパパと一緒にお留守番させちゃうよ!」
[PR]

by shanshando | 2010-05-25 13:32 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 05月 16日

訃報

西暦2037年5月16日午後4時32分、東京県三鷹市下連雀4丁目の路上で、
近隣で古書店を営む石丸徳秀さん(76)が、通りかかった工事用車両に
はねられて死亡した。
ダンプカーを運転していたチョメサンドレ・ボルコムさん(24)によると、
この付近は2025年に行われた亜細亜連合発足を受けて首都機能が福岡へ移転
して以来人口減少が著しい地域で、普段めったに人影を見ないため猛スピード
を出すドライバーも多いが、AU連合労務局により優等運転手に認定されている
ボルコムさんは、もぐり営業の原住民ドライバーのように悪質な運転はしてお
らず、事故の原因は近年徘徊癖があったとされる石丸さんが突然道路に飛び出
したためと思われる。
石丸さんの古書店は現場から10メートルほど南に今も看板を出しているが、
現在では日に2,3人の原住民利用客がひやかしに来るだけで、実質破綻している。
店内に残された古本は上海市に在住する遺族が引き取りを拒んだ為、市のごみ処
理施設にて遺体とともに焼却されることになる。
[PR]

by shanshando | 2010-05-16 14:41 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 05月 09日

ポケットの穴

繕いに繕いをかさねたジーンズのポケットに穴が開いていて、小銭が
膝から脛をつたって、靴の中に落ちていく。
屈みこんで拾い上げ、未だ無事な左のポケットに移し変えるのは、
我ながら間抜けな格好だ。
そんなジーンズなど捨ててしまえば良さそうなものだけど、貧乏症で
捨てられない。
帳場には何時も針と糸が置いてあるので、穿いたまんまポケットだけ
裏返して、繕っているところを見られたお客様がさかんに感心している。
何に感じ入られているのかは判らないが、へぇーだのほぉーだの……
あんまり感心されるから、なんだか自分がたいしたことでもしている
ように思えてきて、しかしそんなわけは勿論ないから、やっぱり恥ずか
しい。面映いっていううのはこういう感じかしら…?
[PR]

by shanshando | 2010-05-09 13:38 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 05月 04日

奇病

最近、雑踏を歩いていると、無性に赤の他人にキスがしたくなる。
それが、若い綺麗な女性だったりすれば、まぁ犯罪には違いないが、
性的には極ノーマルなストレートということになるのだろうけど、
多くの場合、対象は熟年以上の男性だったり、若くてもどこか疲れ
ているサラリーマンの人だったりするから、これはどうやら性的な
衝動とは若干違うらしい。
相手の放っている気の中に、心身の疲労が読みと取れると、慈しみ?
愛惜?同病相哀れむ?なにしろそんな気持ちが起こって、思わずキス
したくなっちゃうのである。

昨日は、子供を新宿のプークに連れて行き、帰りがけ南口のタイムズ
スクエアの植え込みの縁石で一休みしていたのだが、行過ぎる人の誰
彼に対して衝動が沸き起こるので、一休みどころか大変疲れてしまっ
た。
幸い子連れなので、衝動をそのまま実行に移すことはなかったが、
もし一人ならやっちゃってたかもしれない。
そうなると、これは、やはり、性犯罪ということになるのだろうか?
先に書いたように、動機の根底に性的なものはないように、自分では
思っているが、いきなり無理やり唇を奪われたオジサン、お兄ちゃん
たちは、きっと二丁目でもてないオカマが陽気の関係で発狂して、暴挙
に出たと信じるだろう。

誓って害意はないが、まったく疚しさがないわけでもなくて、それは
もし衝動に従ってそれを実行に移し、万一相手が快く受け入れてくれた
のみならず、更なる関係の発展を望んできたきた場合、間違いなく今度
は私が引くことになるからである。
一方的に愛を表明して、相手が受け入れたら、否定するのでは、人倫の
途に反している。何処までも是非なく付き合うべきだとは言わないが、
やはり、一夜身体を委ねるくらいはせねばならないのじゃないか?
と考えると恐ろしくなってしまうのだから、私もまだまだ修行が足りませんな。
[PR]

by shanshando | 2010-05-04 14:21 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 05月 02日

棲家

西荻窪という土地との縁はおそらく生涯のものだろうと
思っていたが、どうやらそうでもないらしい。
少なくとも、私が現役の古本屋でいるうちは、あの地を
離れられないと思い込んでいたから、がらにもなく家を買
ったりしたけど、店がなくなれば、そこに居続ける理由は
薄くなる。

西荻の家を売った金を頭金にすれば、比較的無理のない額の
ローンで三鷹に新しい住居を手に入れられるかもしれないけど、
はっきりいって、住宅ローンぐらい胡散臭いものはこの世の中
にないと思っているのでまず考えられない。
結局、縁が薄まったまま西荻窪に住み続けるんだろうか?
ちょっとなんだか哀しいなぁ~

何処か、ある程度文化度の高い地方都市に店舗付きの住居でも
買えないかなぁ~。
地方じゃきっと不動産なんて、もう冷凍マグロより安いんじゃ
ないだろうか?
[PR]

by shanshando | 2010-05-02 19:59 | ■原チャリ仕入れ旅■