上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 27日

薔薇族

漫画雑誌ガロの編集長故長井勝一さんと並んで、戦後日本のマイナー
出版の雄というべき伊藤文学さんの「秘話」を読んでいる。
昭和7年の生まれだというから今年78歳、敗戦の年は13歳だったはずで、
多感な時代に焼土を見、父親の後を継いだ出版業を存続させるために、
エロ本の出版を手がけるなかで同性愛に着目、ご本人はノンケながら
マイノリティーである同性愛者たちにシンパシーを持ち続け、以来
出し続けた「薔薇族」が次号通刊400号で終刊となる。
ちなみにお父さんは短歌関係の出版が主だったということで、ご本人も
歌人として岡井隆さんなどとも交流があるという。

短歌と同性愛ってどうしても縁が深い…というか、古にあってはともに
上流社会の嗜みであったんじゃないか?とも思う。その意味で、文科省
はこういう人を文化功労者に選ぶべきじゃないだろうか?
文科省がぐずぐず云うようだったら、いっそ宮内庁から叙勲とか……
[PR]

by shanshando | 2010-06-27 15:10 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 06月 20日

あるほどの…

昨日は、なんだかサッカーがどうしたとか、こうしたとか、
まぁ田舎に棲んでいる老母までが、観たってルールも判らんだろうに
狂熱してたようすで、毎度のことながら、日本人はマスコミに煽られ
たら、またぞろ戦争でもやらかしかねんでコリャ……と、ため息を
つきながら、そういや今日はわが店のある三鷹だって、桜桃忌で
盛り上がっているはず…、イヤ仮にも法要が盛り上がっているは、
おかしいか……、まぁ賑わってましたなぁ…。

私も、一応ご近所のご縁で朝から墓所には参りました。
法要が午後2時からですから、午前中は比較的空いているのですが、
それでも墓前は切花満開!
しかしねえ、もうちょっとなんとか統一出来んですかねぇ~、
この節は舶来種や改良種が多すぎて、なんちゅうか色合いに節度が
ない。草葉の陰で太宰さんもあまりのケバさにたじたじでっせ。……たぶん。
[PR]

by shanshando | 2010-06-20 11:55 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 06月 15日

もつ焼き横堀

ちょっと前の……、そう10年位前の三鷹を知っている人にとっては
古本屋といえば、すぐ思い浮かぶのが駅前にあった下田書店さん
だっただろう。なにしろご主人は三鷹事件の記憶をよく話されていた
というから、4,5年前に廃業されるまで、すくなくとも半世紀は営業
されていたはずである。
廃業のきっかけとなったのは、お約束の駅前開発で、ご子息はすでに
歯医者さんを営まれて盛業中だったから、転地してまでの営業続行は
選ばれなかったのだろう。
その下田書店のお隣で営業していたのが、もつ焼き「横堀」で、こちら
は少し位置を変えて今も駅前で盛業中。
以前から、一度行ってみたかったのだが、なにしろネタが売切れ次第
閉店のお店なので、上々堂の閉店時間にはもはや開いていることが少な
いので、果たせずにいたのだが、先日休日の羽伸ばしでようやく行ってきた。

こういう食べ物の話というのは、とかく大袈裟なヨイショととられがちだが、
はっきり云って、私はあんなに美味いもつ焼きを食べたことがない。
肉が全て大振りに裁かれていて、食感が信じられないほど柔らかい。
塩も特別なものを使っているのだろうか、ただの塩味ともいえない複雑
玄妙さで、なるほどこれならもつ焼き以外のメニュウをあえて置かないのも
よく判る。
席につくと同時に出される、小鉢のお新香ともつ焼きだけで100パーセント
満足させられる。
一日に何本くらいを売るのかは知らないが、良いネタを仕入れ、その日に売る
ぶんだけを仕込んで、売り切れたら閉店。もつ焼き屋にはよくある煮込みすらも
出さない。単純明快だからこそロスがなく、素材をおごることが出来るのだろう。
不景気にも強いこういう商売は見習いたくても中々見習えない。
大事なのは、運と思い切り?……だろうか?
[PR]

by shanshando | 2010-06-15 11:13 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 06月 13日

夏座敷

京都駅から電車で20分ほどの私の故郷では、若い人は大抵駅前の
マンション住まいで仕事場は大阪や京都の都会だから、旧市街
や町外れは年寄りばかりになったという。

八月の末の地蔵盆は、水子の霊を供養をして、生きている子供の安全
健康を祈願する行事なのに、辻々のお堂に供えられたお菓子も、貰い
に来る子供もめったにいないから、しょうがなくジジババが持ち帰り、
遠く都会に住まう孫たちに宅配便で送るのだ。

元来道祖神信仰と、真宗の信仰が合わさって出来上がったとおぼしき
この祭礼は、奈良、京都、滋賀という、いずれも高湿度の盆地に続い
ており、河瀬直美監督「沙羅双樹」の双子の兄弟の片方が神隠しに会
うシーンが、絶妙にこの祭礼の日のうだるような猛暑に呆けさせられ
る人の神経、感覚を再現させて興味深い。

私どもの娘Q子とP子も誕生からずっと、本人は認識せぬままにこの
祭りで祈願の対象となっており、こーゆーことは信仰の自由を保証し
た憲法の条文に鑑みてどんなもんかという議論も、あるいは縁者から
出てくるかもしれないが、「まぁ田舎のおばあの気が済むんやさかい、
エエやないか。」という日本伝統的事なかれ主義によって守られて、
今年もおそらく「願主Q子、願主P子の身上に禍々しき事のなからん
ことを……南無地蔵尊南無南無南無………」

ジジババだけの「ゴースト一歩手前タウン」の古家では今頃襖を簾戸
に変え、夏座敷のしつらいが整ったろうか……?
今年こそは貧乏暇なしをおして昼寝に帰りたいものである。
[PR]

by shanshando | 2010-06-13 15:54 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 06月 11日

さらば40代

もうすこし、
あと1ヶ月と6日でついに50才になってしまう。

正直に言うと、ものすごく嫌だ。
老けてたまるか!と力めば力むほど、顔の皺はたるみ。眼は遠くなり。
それでも負けずに、明るい色の服などを着るように心がけると、
「無理している」と笑われる。……いや誰も笑っちゃいないし、
それどころか関心さえ寄せられていないのだが、そのように自意識に絡め
とられ易いところが何より気持ちが老けている証拠だろう。

娘のQ子は朝、若作りの服選びに余念のない父親を見物しながら、
「かっこいい!」などと世辞を言う。
4歳にしてこの如才なさは、商売屋の子としては頼もしいというべきか?
オヤジは思わず。「Qちゃん、あとでコンビニでピンクのポッキー買って
やろう!」などとすっかりのせられて、鼻歌まじりで朝の出張買取に伺う
べくバイクを発進させるのだった。
[PR]

by shanshando | 2010-06-11 11:30 | ■原チャリ仕入れ旅■
2010年 06月 06日

好日

4歳の娘が、朝食を前にしながら呆然と窓の外を眺めている。
路地奥の我が家の台所は、お庭と称する私道に面していて、
ここはアスファルト化を主張するご近所の意見に抗して、未
舗装なので、今頃はちょっと気を抜くと雑草が生い茂り大変
なのだが、東西に8メートル、幅2メートルほどの空間は
午前中、陽光をまんべんなくうけ、なかなかに美しい。
網戸の外にはかまぼこ板の親玉を並べた態の濡れ縁があり、
そのむこうにヨシズ。昨年神明通りの古道具店で買ったビードロ
風鈴がカラコロと音を奏でる。
2歳になった下の娘はヤンチャで手古摺るけど、長女のほうは、
おとなしいすぎで、ただしはモノに心を奪われると外の声が耳に入
らない。
考えたら、私自身小さい頃はこんなふうだったけど、合理主義者
の親の指導の甲斐あって(?)せっかちになった。
いや、50面さげて親の教育に苦情を言うつもりはないが、自分の
子供にはせっかちを伝染させたくないとつくづく思いながらも、
気がつくと、「早く食べちゃいなさい。ボーっとしてちゃ駄目!」
なんてやっちゃう。
考えてみればいいよね。幼稚園なんて遅れていったって全然かまわん
し、なんなら今日は休んじゃってもいい。とーちゃんもお仕事
さぼるから、ふたりでボンヤリしていよう。
[PR]

by shanshando | 2010-06-06 13:20 | ■原チャリ仕入れ旅■