<   2011年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 28日

仮払金って、推進派ももらうの?

原発被災に対する仮払金が ようやく支給されるそうだ。
まったく遅きに失すると思うけど、素朴な疑問として、
これって、原発誘致に賛成だった人たちも貰うの?と、思う。
現地の避難所などでは、住民の和を考えてこんな議論はなされて
いないだろうけれど、(思っていても、たぶん言いにくい。)

まぁ、多くの人は賛成派と言っても、東電とか原発利権に絡んだ
政治家の嘘に乗らされただけだろうから、同じように保障を受ける
権利があると思うけど、利権に釣られて推進運動に関わった人や、
政治家は当然もらうべきじゃない。
というか、自分も加害者として、現状で処分できる資産を処分して、
他の人に償うべきだろう。

こんなことを書くと、眉をひそめる人も少なくないだろうが、考えて欲しい
今も全国には運転中の原発があって、多くの人はそれに不安を抱えて
いるのに、相変わらず、信念だか欲得ずくだかは知らないけれど、
原発は必要だと言いつづける人も居るのだ。
賛成する動機はべつにどうでも良い。こんなにはっきり危険だということが
明らかなものを、安全だと言い張って、もし万一のことがあったら、
「私は電力会社や国に騙されていただけだから責任はない」では済まされ
ないだろう。
これから、国や原発利権の怪物たちは必死で誤魔化しにかかり、尚も
原発を促進しようとする。国民の多くはおそらく反対するだろうけど、
経済や環境を理由にブラフをはり、なんとか丸め込もうとしてくる。
それをさせないためにも、いや、人間として当然の責任として、危険に
他者を巻き込んだ者には、相応の罰則がくだされるべきだ。

被災地で苦しんでいる人に、よくそんなことを!というお叱りはあるだろう。
しかし、今回はっきりしたように大人たちが迫られる、予測される危険に対する
判断は間違えば、未来を生きる子ども達に危害をおよぼすことになる。
「東電や国が安全だと言った。」などと言う言い訳はなりたたない。
国家権力や国策会社が、国民の命などに重きを置いていないことは、
普通に文字が読める知力がある大人になら、充分理解できたはずのことだ。

浜岡に上関に柏崎刈羽に悲劇を繰り返さないためには、まず為政者や
国策企業の言説を信じない習慣をこそもたなければならない。
[PR]

by shanshando | 2011-04-28 12:50 | ■古本屋子育て日記
2011年 04月 21日

浜岡原発で事故が合った場合…

日本中がその無責任さにどれだけ腹をたてても、福島の原発事故を
理由に東電や原子力安全委員会の責任者を刑事罰に問うことは出来
ないでしょう。本当に問いたいですけど、多分無理でしょう。
しかし、浜岡原発が同様の事故を起こした場合は違います。
あきらかに刑事罰に問われるでしょう。だってあきらかに未必の故意が
ありますからね。言い訳なんかできまでん。
最高刑?死刑でしょうか?死んでこんな大罪を償ったと思われては堪り
ません。被告席には政治家も並ぶべきでしょうね。その場合。

今、もし、想定できる危機がわずかな可能性でも、0.1%でも、絶対に
浜岡は即刻廃炉にされるべきです。人命に危害を及ぼしても許される
事業など絶対にありえません。
[PR]

by shanshando | 2011-04-21 18:00 | ■古本屋子育て日記
2011年 04月 18日

すぐに、浜岡停めないと3正面になりますよ。

ちょうど一箇月少し前、わたしは非常にナーバスになっていた。
原因は例の「ただちに……」である。
やれ、レントゲン一回ぶんに満たないだの、ニューヨークまで飛行すれば
もっとだの、官製デマに騙されて周囲の人間はみな楽観論を口にしていた
けど、どう考えてもそんなわけはない。
被曝しても水道で洗い流せば大丈夫って、犬のウンチ踏んづけたんじゃ
あるまいし……。

被災した現地で危険に晒されている人がいるのに、自分の心配するなんて
…と、顔をしかめられたりもした。
一番怖かったのは子ども達に対する影響で、それは今も続いている。
関西の実家にせめて春休みの間だけでも子どもを疎開させたかったけど、
あいにく私自身に入院手術の予定がすでに震災前からあったりして、
商売のこともあるし、なかなか踏み切れず。踏み切れない自分にまたじれたり
して、これは子ども達に一生わびても追いつかない罪なことをしてるのでは
ないかと毎日悩んだ。いや今も悩んでいる。

人の逃げ道を塞いでまで、自分の子どもを逃がすのはエゴイズムだが、粛々
と自分の子の安全を諮るのは親として普通の判断だろう。
しかし困るのは、逃げるとなると仕事やその他犠牲にしなければならないことも
少なくないなかで、危機判断のための情報が正確に流れてこない事だ。

今次の震災を罹災して証明されたとおり、若干平和ボケの気味もあるのでは
ないかと思うくらいに日本人は冷静である。情報を過度に制限してパニック
対策をする必要があるとは思えない。なのに何故政府や東電はあんな三つ子を
あやすような見え見えの嘘をつくのか?発表した一週間後には簡単に覆るのだか
ら、嘘と決め付けても言いすぎじゃないだろう。
おそらく、交通機関への殺到などの直接的かつ物理的なパニックよりも、経済的
なパニックを怖れているからだろう。

大企業の中には入社式を関西で行ったところも少なからずあったようだから、現在
実質的な業務の拠点を関西に移管しつつある、あるいはすでに移管してしまっている
企業が多数あると思って間違いないだろう。表立ってそうしていない会社もいざとなれ
ば即座に移れる準備はしているにちがいないし、またそうあるべきだろう。そんな危機
管理も出来ないようなら、経営者は失格の烙印をおされる。
今回の地震が契機となって、東海沖や相模湾に大地震が起こる可能性が非常に
高いことは、周知の事実なのだし、政府に正常な判断能力があれば、東京在住の
人の中で、他の地域に移住する事が可能な人には、むしろそれを勧め、都内の人口
を減らしたほうが、いざ被災した時にも残った人の安全が諮りやすい。
そもそも、異常なほどの一極集中なのだから、そうするのが当然なのに、絶対にそう
しないのは、それが経済に与える打撃を怖れているからだろう。
一体、命と金とどっちが大事なのか?と問えば勿論口では「金です。」とは言わない。
しかし、本音のどこかで、「命なんて、抛っておけばまた生まれてくるんだから、それより
そうでなくとも落ち込んでいる経済に打撃を与えたくない。」と思っているに違いない。
というと、「言いすぎだ!そんなわけはない!」と怒られるだろうか?
しかし、それはどうやらこの国の真の為政者、官僚と財界の本音なのだ。
だって、そうでなければ、浜岡原発を未だに運転していることの説明がつかないではないか。

たとえば、東海沖に大地震が来る可能性が非常に少なく見積もって20パーセント
だとしても、その20パーセントが当たったら浜岡原発は必ずクラッシュする。
中日新聞などは広告主である中部電力の顔色を見て、まるでリスクが津波であるかの
ように情報操作しているが、周知のように震源はまさに原発の足元で、しかも立地する
土壌が砂岩、泥岩などの脆い土壌なのだから、最大のリスクは揺れそのもので、20パー
セントだろうが、10パーセントだろうが、来ちゃったらおしまい。近隣の人は福島同然の
悲劇に遭遇し、東西に汚染地を抱えた東京の首都機能は完全に死ぬ。つまり日本は
今度こそ立ち上がれない打撃を受けることになるのだ。

報道によれば、管首相は今朝、自らの政府の震災対策が国民に承認されているかのような
見事な勘違いを表明したらしいが、その道化ぶりを笑っている余裕はない。問題は、
彼がその中で地震と原発の2正面で大変だと言っていることだ。彼は、つまり、すぐそこにまで
第3の正面が姿を現す可能性を見ていない。いや、勿論政治家なんかにそこまで期待は
しないけど、彼がそういう発言をしれっと出来るということは、ブレーンとなるべき官僚にその
危機感がないということで、そのことを思うと夜も眠れない。誠に……
馬鹿は隣の火事より怖いのだ。
[PR]

by shanshando | 2011-04-18 13:25 | ■古本屋子育て日記
2011年 04月 14日

戦後の日本とは違います。……あたりまえだけど

震災以来、どうしてもTVをつける機会が多い。
子ども達も地震予知の警報を聞いただけで、何も言われなくても、
テーブルの下にもぐりこみ、親が安全を確認するまでは出てこない。
そうした子ども達の姿を見るだに、将来を考え切なくなる。

昨夜、TV朝日で池上彰という、頭が悪いのでなければ、かなり不正直の
おっさんが目に涙を浮かべながら、妄言を吐いていた。
「被災した街を見て、かつて戦災に焼き払われた日本の各都市を思った。
あの絶望的な焼土からも我々の親達の世代は日本を超大国にまで
復興させた。その子孫である我々にもそれが出来ないわけがない。」というの
が、その大意。

今回の災害と壊滅における絶望的な要素は、幼稚園児でも知っている通り、
原子力発電所の事故であり、これは明らかに戦後の高度成長経済を推し進
める為に、我々の親の世代が犯した判断ミスである。
勿論、多くの人々には自分達がこんな危険なものを選択したなどという意識は
ないだろう。しかし、原子力発電の危険性はずっと言われ続けきたのであり、
日本が火山列島であり、地震頻発地帯であることを知らなかった人など、ほとんど
いないだろう。
一庶民としてそれを選択する判断など問われた事がないという、言い訳など通用し
ない。異議を称えないことは容認したも同然だからだ。

また、戦後の経済発展には、戦勝国に比して圧倒的に安かった国内労働力が
寄与したことも中学生、いや小学校も高学年ならわかりそうなことだが、池上某くん
はその点も無視している。

もう戦後のような奇跡の復興などありえないし、必要ない。あるべきは拝金主義を
廃して、生命や環境が重視される質的な復興である。
「世界は原子力ルネッサンスなのだから、日本の原子力技術をさらに高めることこそ
必要だ。」などという言説は問題にならない。第一、唯一の被曝国でありながら、今
度は自ら進んで最悪の原発事故の被害国になった国の技術など、誰が欲しがるか?

もしかしたら、この国の国民は現在ある54基の原発すべてで、同様の事故が起こら
ない限り目が覚めないのだろうか?
先日の都知事選では、原発推進派の石原慎太郎が当選した。
つまり、都民は原子力発電を是認したわけである。
これからも原子力こそエネルギー政策の主流であると、東京で使うエネルギーは原子力
発電で作りつづけると、言明したわけである。
いいだろう、しかしそれならば当然発電所は都内に造るのが道理である。
石原都政の副知事猪瀬直樹は、東京に原発を造るという件に関して、「それは暴論だ!」
と吼えていた。福島の人は、一体誰が言っていることを暴論だと思うだろ?

復興構想会議なるものを立ち上げたとの報道もあったが、福島原発の事故はいつのまに
収束したのだろう?まさかこれからどうなるかも判っていないし、今回の事故原因も確か
められていないのに、とりあえず復興しちゃおう!とか思っているんだろうか?
脳が腐っているのかもしれない。

今は、拙速な復興議論より、事態の収拾を万全にし、原因を特定して、反省の上に
これからのヴィジョンを考える時である。ヴィジョンなき復興構想など税金の無駄遣いで
しかない。
[PR]

by shanshando | 2011-04-14 13:56 | ■古本屋子育て日記
2011年 04月 10日

在庫の山より

このところ、というのは震災以来ですが、持込でお売りいただくお客様が
増えています。
私が健康上の理由からあまりアクティブに集書できないので、ありがたい限り
ですが、荷捌きもなかなか追いつきません。
本日は、最近廃業されたご同業から在庫品を買わせていただきました。
さすがに筋を踏まえて、整理されていたので、査定はしやすかったし、
上々堂のカラーにあったものも多いのでありがたいかぎりなのですが、
病み上がりの体力の低下を思い知らされました。

最近、回転を良くするために永くあるものは、どんどん値下げしています。
銀花などは、100号までは、昔は一冊千円程度で売ったものですが、今や表で
105円。

やはり希少なものは、なかなかそこまでは下げれませんが、雑誌の類は
所詮、後から後から出てきます。防災のため家の中を整理されているお宅が
多ければ尚のこと、供給過多。
編集のしっかりとした良い雑誌ですので、読み応えはありますし、特集も
良いのですが、後生大事に倉庫に仕舞っておいてもしかたありません。
105円で、良いところをお持ち下さい。
[PR]

by shanshando | 2011-04-10 16:39 | ■古本屋子育て日記
2011年 04月 10日

日本はひとつじゃありません。

 人生の半ばを過ぎてから、ようやく念願の子どもを得て五年になる。
つまり上のこどもQ子は今年5歳、先日年長さんになって、非常に
誇らしげな様子。
 下のP子は最近成長痛に悩まされている。
 お姉ちゃんの時よりどうしても放任気味になり、トイレトレーニングとか、
お箸だとか、遅れ気味だったけど、偉いもので抛っておいたら抛っておい
たで、すべて自分で獲得してしまった。食の好みも淡白なもの好みのQ子と
くらべて、甘いものはとことん甘く、しょっぱいものはとことんしょっぱいのが
好きで、食べる量も半端じゃないから、小児糖尿病になりはしないか?と不安
を感じる親を尻目に好き放題に生を謳歌している感じで、体つきもこれは
どうやらQ子より大きくなりそうだ。

 なにしろ父親はすでに50歳だから、日毎にアクティブになっていく子ども達
にどこまで対応できるのか、大いに疑問であるけど、まぁそのぶん鍛えなおし
てでも頑張るしかない。

 この度の震災で、子ども達のお友達のなかにも、親御さんの状況が許す
お家ではさっさと西に移動した人も少なくない。
 私も一時は真剣に実家のある関西に帰って、京都ででも上々堂を再開する
ことを考えたが、関西の同業に聞くと容易ではないことがありありとみえて、
私自身もはや人生における生活歴は生地より永くなった東京を捨てがたいから、
今しばらくはここで頑張る以外ないと思っているけど、ひた隠しに隠されている
原発事故の実態がどうなるかによっては、東京を捨てる日も遠くない……かも
と思ったりもしている。

 もし迷走している福島原発の放射性物質が再臨界をおこすようなことがあれば、
もはや関西も安全ではない。そうなれば、いっそどこに居ても一緒か?と思ったりも
するが、現在の危機に対してなんの責任もない子ども達の安全をおびやかすことは
やはりできない。

 東北地方の各所で産土の地を失った方に対する同情と心配は、明日、わが事に
ならない保障が何処にあるだろう?

 日本で原発事業を推進してきたのは、表面的には愛国者を名乗っている人たち
だが、産土を汚し、人命を危機に晒し、農を壊滅に向かわせる所業は、本来わが国
に明治期勃興した民族主義に一番仇なす所業で、そんな人間が愛国者と名乗るの
は許しがたい欺瞞。明治の民族主義者からみれば、むしろ国賊というに等しい連中
である。

 平成22年度の出生数は、前年度にくらべて若干増えて1、071、000人。少子化
対策が功をそうしたか2000人の増加である。僅かなりとはいえ、少子化傾向に歯
止めが利くかと期待されたが、この間のことでもともとマニュフェストに揚げはした
ものの、なんとか辞めたくてしょうがなかった、子ども手当てなどを一番に辞める
方向に動いている。その他の少子化対策がやり玉にあがるのも遠い話ではあるまい。
これによって、今年はなんとか昨年度並み程度の出生数を維持したとしても、
来年からは、元の黙阿弥。いやおそらく戦後一番少なかった2005年を抜いて100万
人を割ることになることになるのではないか?
 そうなれば、勿論年金制度の崩壊は決定的だし、失業率はこれから確実に増加するから
社会保障費用の増大は避けられない。税収は増税をしたところで、国民の所得が
減少するのだから、累積した国債の償還に充分充てられるほど増やすことはできない。
まさに国家の崩壊への道筋がたってしまっている。

 そうなる事を避ける為には、抜本的な社会制度の見直しをする必要があるわけだが、
はたして出来るだろうか?
 マスコミでは盛んに「日本はひとつ」と訴えているけど、確かに個人レヴェルの善意が
圧倒的とはいえ、既得権益でがんじがらめの社会制度が、本当に「日本がひとつ」に
なることを阻んでいくのではないか?

 被災地では瓦礫の撤去の困難さがいわれているけど、多くの重機や技術者を抱えている
はずのゼネコンが企業レヴェルのボランティアに行っているという話を聴いていないのは、
私の情報不足のせいだろうか?
[PR]

by shanshando | 2011-04-10 12:42 | ■古本屋子育て日記
2011年 04月 08日

棄民

ネットでもTVでも、今次の震災に遭遇した日本人の冷静さ、行儀のよさが褒め
たたえられているけど、時に本当にそれでいいの?と、思うことも多々有る。

いやあ、こういう事を書くと顰蹙というか、お叱りを受けちゃう事を覚悟の上で
書くのだけど。
冷静というよりは、単に危機意識が薄いだけ。という気がする出来事もよく耳にする
からだ。
勿論、アクシデントに遭遇してパニック状態に陥るのは絶対に良くないが、一定
期間が経ち、情報もある程度浸透すれば、事態を自分で把握し、自分で安全を
諮るように行動するべきじゃないかと思うのだ。

昨日また政府は、「避難勧告の半径を見直しちゃおうかなあ……?!!!」みたいな
曖昧な会見をしたみたいだけど、
はっきり言って、今の福島原発周辺の住民の方々がおかれている状況は、大戦末期
に関東軍に置いてきぼりをくった満蒙開拓団の人々とそっくりだ。

福島原発の現在の状況二関して、経緯を見守っていれば専門家でなくてもはっきり判る
ことがある。
つまり、管理者である東電も国も事故以来なにが起こっているのか正確に把握して
いないという事実。そうして、当然のことながらこれからどうすれば完全に安全確実
に事態を収束できるのかなんて益々判っていないという事実。
これだけで、充分自主的に避難地域の拡大を自主的に検討するべき理由になりえる。

遠く離れた関西では、おばちゃんたちが日用品の買占めをして冷笑と非難を受けていて、
確かにそれも理性を欠いた行動だけど、どこまでも国を信じて、目にも見えない、匂いも
しない放射能の恐ろしさ、再臨界の可能性がゼロとは言えない恐ろしさに目をつむって
いるというのも、相当理性を欠いているのではないか?
はっきり言ってこの国の為政者の本質は大戦末期も今も大差ない。
大の虫を生かす為には、平気で小の虫は見殺しにする。
そんなことない。と言われるだろうか?
実際に電力を供給される東京周辺の関東域内に原発を一基も作って来なかったことこそ
その証拠ではないか。

TVでは市場原理主義者の先生方が、放射能のリスクなんてほとんど問題にならない
ように吹聴する。
おお!我々愚民を良導してくださろうというのだ。ありがたいかぎり!
どうせなら、東京のスタジオで御高論を述べられるのではなく、是非とも自ら福島原発
の20キロ域内に居を移して、そこからコメントしてくだされば尚の事説得力が増す。

この国の国民の温順さは、歴史風土によって培われ、この危急の時を迎えても未だ
改めるところがない。為政者や特権階級にとってこんなに扱いやすい民はないだろう。
温順さといえば、聞こえはいいが、ようするに思考停止なのだ。
自分達に押し付けられたリスクを、真剣に検討しようとしない。事実を究明しようとする
人間は反社会的な人間であり、お上に楯突かない人間こそあるべき国民の姿。
温順さを褒めたたえる風潮は、ともするとそういうお仕着せを強要する風潮となる。

事故が起きて初めて「何故こんなに危険で恐ろしいものが、私達のすぐ傍に置かれている
のだろう?」とビックリする。原発の危険性なんて昔から言われてきたのに、そういう事を
言う変な人々よりも「お国のほうが信用できる。」と自分達が選んできたのじゃないのか?
勿論、すべての人々にその選択の機会があったわけじゃない。
生まれた時から当たり前にそこに原発があったという人も多いことだろう。
過ぎたことを言ってもしょうがないが、今突きつけられた具体的な危機に目を塞いでは
ならない。

福島原発周辺の住民の方々には、国が責任をもって安全を保障するべきだし、リスク
を自分で判断するための情報を隠蔽したり操作したりするべきじゃない。
そうして、住んでいるところに関係なく、この原子力発電という危険性の高いシステムに
依存した文明を共有してきた私達全員が反省をし、改めるべきだろう。

リスクのない自然エネルギーへの転換なんて、そう簡単にはできないし、そこにはまた
別のリスクが生まれる可能性もある。理性的で、お行儀が良いのは結構だけど、能天気
なのは困る。



追記:その後こんな動画を見た。
東電の社員だけ、90キロ以上退避がその日じゅうに出ていたってどういうこと?
一方、避難所にいる一般の人は危険もちゃんと知らされていないという、東電のやってる
ことって、まんま関東軍だ。
[PR]

by shanshando | 2011-04-08 11:45 | ■古本屋子育て日記
2011年 04月 06日

上々堂日曜市延期のおしらせ

古書上々堂日曜市*にじまくら*
先日開催の告知をしたばかりですが、
諸事情により、
今回は延期することに決めました。
楽しみにしてくださっていたみなさま、
申し訳ございません。

次回は5月29日(日)
となります。

こんどこそ気合をいれて、
楽しい日曜市にします。
どうぞご期待ください。
[PR]

by shanshando | 2011-04-06 20:26
2011年 04月 03日

通常営業再開いたしました。

おかげさまで、店主復活いたしました。
気合も新たに、店を充実させていきますので、
今後ともご愛顧のほど、
どうぞよろしくお願い申上げます。
店は本日から通常営業に戻っております。

11:00~22:00ごろまで
(火曜・土曜は21:00まで)

定休日はございません。

また、古書上々堂日曜市*にじまくら*
も、着々準備をすすめております。

次回は
2011年4月24日(日)
11:30~15:00

地震の影響を受け、今回はこぢんまり、ですが、
新メンバーも続々参加です。
ちょっとした軽食も出店予定です。
みなさまのお越しをお待ちしています。
[PR]

by shanshando | 2011-04-03 13:22 | ☆おしらせ
2011年 04月 01日

これからおこること

子ども手当ての見直しが言われていますが これが行われなくても 少子化はさらに加速するでしょう。
企業は業績悪化を理由に 大幅な人員解雇を行います。
ターゲットは子育て世代の四十代。
来年の出生率の低下は記録的なものになり、公的年金制度の破綻はダメを押されます。
国債の償還は絶望となり、国家財政は完全に破綻。
失業率は四十%に近づき 治安は悪化。

最近復興支援のため 元気を煽るような 論調が多いように思いますが 大事なのは 現状を見据え 早期に大鉈を振るうことです。
今ならまだ間に合う 策があるんじゃないですか?
50兆円にのぼるアメリカ国債の売却です。
これをやれば 復興費用を賄え 国内経済の建て直しもできます。
やらなければ アウト
[PR]

by shanshando | 2011-04-01 06:59