「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 23日

石原のぶてる氏って大丈夫?

住居のある杉並区選出の議員なのに全然知らなかったけど、
石原のぶてる氏が、反原発の運動やってる連中は中核だとか言ってるらしい。
熊本に住んでる友人が教えてくれた。

ちょっとさぁ、現状認識が甘いにも程があるってかんじだ。
たしかに西荻の駅前でもそれ系の人たちが、チラシ配ったりしているけど、
むしろ空気を冷え冷えとさせているっていうかんじ。
大体赤いゼッケンみたいのつけてやってる時点で、もうむしろ人を遠のけている
というのに、彼ら自身が気づいてないんだもん。
石原氏が中核のみなさんを適視してたり、脅威に思ってたりするならお近くの
よしみで安心させてあげたい。彼らはあなたたちと同じくらい『浮いてます』から
ダイジョウブ!

それより不思議でしょうがないんだけど、なんで国会で財務官僚に次のような質問
をする議員がいないんだろう?
「もし、ここ五年十年以内に全国のどこの原発でも 福島並みのシビアアクシ
デントがもう一回起こったら、日本の国家財政はそれに持ちこたえますか?」

おそらく、原発大好きの官僚は
「そういうことのないように、関係各省において十分な安全への留意が図られている
ものとぞんじます。」
絶対そう答える。もう鉄板で。

「安全への留意」というのはなんだろう?
原発の安全基準を見直し、このたびのような想定外の事故が起こらないように
する……まぁそんなところだろうね。でもね、「想定外」というのは人間が「想定」を
打ち立てた途端にその外側に逃げちゃうものなの、だから「想定外」というのね。

「原発大好き」なみなさんは、二言目にはこうおっしゃいます。
「リスクなんてどこにでもある。」
その通り!例えば絶対に100%事故を起こさない飛行機なんてどこにもないし、
自動車にのれば事故に遭遇する可能性はかなり高いわけです。
そんなこと誰でも知っています。
「原発大好き」なみなさんはご存知ないかもしれませんが、そのためにこの社会
には保険というシステムがあるんですよ~。
事故の原因が当事者個人にある場合は、当事者が加入していた保険が事故被害
の清算にあたりますし、もし事故原因が車そのものにあった場合は、それを製造した
会社が責任を問われ、その段階でもたぶんその会社が加入していた保険が適用
されるんです。

飛行機の場合と自動車の場合じゃ、当然被害額に相当な差があるわけですし、
公共性に鑑みれば、個人の自動車運転手よりは、飛行機会社はあらかじめかなり
厳格なリスクにたいする対応能力が問われるわけです。
つまり、大事故が起こった時には十分な賠償ができるだけの保険に加入している
責任が問われるわけです。

さて、原子力発電の運営の責任者はだれでしょう?
電力会社ですね。
さて、今回の事故で、彼らは十分な事故の賠償が出来るでしょうか?
事故の賠償をしたあとでも、それぞれの会社を信じて投資をした株主に著しい
損害は与えないと言えるでしょうか?
ダメですね。
原子力賠償法なんて奇妙な法律は、自由主義経済の社会で行われるべきもの
とも思えませんね。国家がある特定の事業者にだけ、事故を起こしても尻拭い
してやるんだ。国家がお金出しても充分じゃない場合は国民が泣き寝入りするんだ。
なんてまるで社会主義国家みたいです。

でも、まぁ起こってしまったことはもう仕様がありません。福島の事故の後始末は
東電が送電線の売り払いも含めた全資産の売却をしたのちに、税金で補わねば
ならないでしょう。
さまざま考えると、それでもまだ充分な補償になるとは思えませんが、そうするしか
ありません。悪法も法なりですから。

さて、ではもう一度最初の質問。
「もし、ここ五年十年以内に全国のどこの原発でも 福島並みのシビアアクシ
デントがもう一回起こったら、日本の国家財政はそれに持ちこたえますか?」

原発続けますか、日本つぶしますか?
石原のぶてる先生、財務官僚に聞いてみてくださいよ。
[PR]

by shanshando | 2011-06-23 14:40 | ■古本屋子育て日記
2011年 06月 21日

がんばれ!再生エネルギー法

菅首相は、先日の市民集会での約束をまもって再生エネルギー法の成立を
退陣の条件にしているようですね。

考えてみれば、市民運動出身の総理らしいありかたに戻ったわけで、変に
カリスマぶりたがる政治家よりよほど現代的ですね。がんばって欲しいです。
この路線でいるかぎり辞める必要はまったくありません。

与野党、マスコミ、経済界など詭弁を弄して首相の態度を批判している連中は、
つまり原子力利権に未練たっぷりなやつらというわけで、辞めて欲しいのは、
むしろ彼らです。

震災への対応が先決だなどとは、まったくの詭弁。むしろ菅首相の立場のほうが
被災している人にも希望を与えるはずです。

がんばれ!
[PR]

by shanshando | 2011-06-21 13:28 | ■古本屋子育て日記
2011年 06月 17日

原発ジプシー

二十代のある夏から暮れに掛けて、高田馬場の「ヤマ」に通っていた。
演劇やダンスなどやっていると、公演の時は休まねばならないので、
なかなか普通のバイトや仕事に就くことができなかったのだ。

 西戸山公園の周辺の路上に、今も行われているんだろうか?
早朝、5時くらいから、日雇い仕事を求めて男たちが集まってくる。
毎日決まった。電信柱なら電信柱。公衆電話なら公衆電話、公園の囲いの
角っこ、植え込みの隅など所々に手配師が立ち、「タタキ8500!」とか、
「ネギリ8000!」などと呼ばわっているのに、声をかけて雇ってもらう。
「タタキ」は、生コンを打つ時の仮枠を叩いて回って、コンクリートが
まんべんなく入ってゆくようにする仕事で、「ネギリ」は未だ小型のユンボが
左程普及していなかった当時、小さな建築物の基礎溝を掘る仕事。
大体は仕事のキツさに比例して賃金があがっていくが、うっかり寝過ごして
「ヤマ」に着く時間が遅くなると、カスを掴まされることになる。

 一度、八時近くなってしまって、「今日はアブレか?」とあきらめ気分でいると
初めて見る顔の手配師が、「千葉でアスファルト打ちの手伝いだけど、
8000円。交通費は出ないけど、行きは送っていくし、昼飯も食わせるよ。」
と声を掛けてきて。千葉から帰ってくる足代と飯代を天秤にかけて、結局行った
けど、そこはほとんど山中のようなところで、帰ってくるのも大変だったし、
飯は確かに出たけど、トイレに蛆がわいているような、酷いたこ部屋の食堂で、
出された飯はとても食べる気になれなかった。

 幸い当時居た劇団の友人の紹介で仕事が見つかり、半年あまりで「ヤマ」通い
はしなくてすむようになったけど、もしあのままの生活が続いていたら、私も今
原発ジプシーになっていたかもしれない。
 「ヤマ」の手配師たちはたぶん5次とか6次くらいの下請けで、現場に掛かっている
シートや看板の名前はかならず大手ゼネコンだった。岡林信康の歌じゃないけれど
日本の土木建築なんてみんなそんな構造で成り立ってきたのだ。
 バブルがはじける以前、未だワーキングプアなどという言葉がない時分から、
日本には薪や焚き木のように命を削るような生き方しか出来ない人たちが居て、
そういう人の殆どは、私のような道楽半分の生き方の代償として、そこに至った
甘ちゃんではなく、一生懸命生きてもそこに行き着くよりなかった人たちばかりなのだ。

 元請のS建設やO組やT建設などは、クライアントからおそらく当時で人夫一人当たり
2万円余りの人件費を貰い、それが段階的に削られて数千円になる。何故そんな無駄
をしたのだろう。答えはおおまかに三つ。不景気になれば切り捨てられる、事故があっても
労災など関係なしの日雇いは泣き寝入りするだけだから、安全第一の看板に傷がつかない。
それから、伝統的に利権に食いついている暴力団への利益供与。
始めから直接雇用していればコストも削減できるけど、八方四方を丸く収めるには、この手
が一番!一番大きいクライアントは公共事業だから、費用はどうせ税金もち。業界の作法
を心得ぬ役人が文句を言ったら、金を握らせて、その分も工事代金に上乗せだ。
結局泣くのは、日雇い人夫だけ。……いや本当は税金を払っている国民全部が損をしている
んだけど、まぁいずれも文句の出る心配はないわけだ。

 さて、昨日の福島第一原発の事故に関わる統合本部会見でお名前の出た、元警視庁
刑事局長 栗本英雄様、東京電力に天下られてからのお仕事はいかがですか?
渉外担当の顧問ということですが、福島が大変な折、使い捨て用の人材はいくらあっても
足りないでしょうから、さぞご苦労なことでしょう。
冷温停止に欠かせないのは、水に窒素に原発ジプシー。
[PR]

by shanshando | 2011-06-17 14:00 | ■古本屋子育て日記
2011年 06月 13日

原発運転再開の最低条件

11日土曜日は、我が家でも原発反対のデモに参加するつもりでした。
新宿は、子供連れではハードそうだから、やっぱり国立に行こうか?
なんて話し合っていたのですが。前夜私の足に激痛。
当初、捻挫だろうぐらいに思っていたのですが、その原因は思い当たらず。
時間が経過するごとに痛みが激しくなり、とうとう一睡もできないまま、
結局デモは断念。
早朝、ネット情報をもとに自己診断したところ、痛みの真相はなんと
痛風でした。なさけない……。

このところ、ストレス解消と称して、昼間は甘いもの食べ放題だったし、
子どもたちのカルシウム摂取を考えて、食べるいりこを毎食食べたり、
おまけに寝る前は、チョコレートとウィスキー。
運動もそれなりにしていたから、大丈夫。尿酸値がすこし高いとは、
言われていましたが、
ただちには健康に影響はないと考えていましたが、
まさに、想定外のことでありました。

まぁ、今後は節制に努める所存でありますが、意外とお酒より甘いものが
やめ難くなっている自分に驚きです。

さて、あほなオッサンのドンくさい話は、まったく自己責任でありますが、
原発事故の「想定外」は冗談ではすみません。
東電や政府の会見で、この「想定外」がよく使われますが、
周知の通り、歴史的資料からその可能性、危機を指摘していた学者さんも居た
わけですから、そもそも「想定」が不十分だったことはあきらかなわけですが、
そうでなくとも、「想定外」は「想定外」に起こるから「想定外」なわけですから、
なにか事業をする時、それに伴うリスクの「想定」は人智の及ぶ範囲の二倍も
三倍も外側に設定せねばなりません。
今回の福島の事故など、
「抜き身の日本刀を新宿の雑踏で振りかざしていたら人にあたって死んじゃった。
それが抜き身の日本刀であることは、一目瞭然なのだから、まさかそんな危ない
ところに近寄って来る人が居るとは思えなかったし、こちらから近づいた場合は
当然避けてもらえると想定していた。」
というような、「想定」だったわけだから、当然「想定外」はなんの言い訳にもならない。

さてそして、まぁ上に書いた「想定」の基準は私の主観に過ぎないといわれても
しょうがないかもしれないけど、まず今回の事故を経験して、「自然災害というのは
どれだけ人間が予知をしても追いつかないくらいに、想定外
起こるものだから、想定の枠は今までよりずっとずっと広く設定しなければいけない。」
というのは、おそらく立場の違いを超えて日本人ほぼすべての共通認識だろう。

原発推進派の人たちは、「安全性を更に徹底すれば大丈夫!」などと言っているが
福島原発だって今年の3月11日までは彼らの言う「安全性の徹底」が施されていたわけ
だから、もし、どうしても、彼らがやっぱり原発を続けたいなら、条件として守られるべき
最低限の「想定外」に対する保障を彼らの「想定」の外に設定しなければならない。

ややこしい書き方だけど、つまり簡単に言うとこういうこと、
①今回の福島で起きた事故によっておきたすべての経済的損失に対する保障額を参考とし、
 それに人道的被害に対する保障などに必要な額をプラスした額のすくなくとも数倍を、
 保険として各電力会社があらかじめ担保して、国家とのあいだに供託すること。
②もし、今回のような事故を起こした場合、事業者の代表および行政の各段階代表者に
 刑法で定めるところの最高刑を無条件に課すこと、これはその人間がその職を退いた後も
 免責されず、その人間が死亡して刑に問えない場合は、その職の後継にあたる人間がかわり
 に罰せられる。

①の保険額は、おそらく国家予算を優に上回るだろうし、②の刑罰は死刑制度が廃止されない
かぎり、当然死刑で、そうなると、いくら高収入がもらえても電力会社の社長や会長になる人間
など、いないだろう。

これは、けっして極端な意見だとは思わない。今回の事故の状況をみればむしろ当たり前すぎる
くらいの責任担保だろうと思う。
ただし、今回の事故調査にはこの考えは採用するべきではない。
日本の自然を汚損し、子どもたちの未来を奪った守銭奴たちは、殺しても飽き足りないが、
今必要なのは、こういう愚かな構造を冷静に検証し、解体することで、2,3の政治家やその他
原子力に巣食う寄生虫どものうすぎない首など取ったて、ひまわりの肥やしにもならないからだ。
[PR]

by shanshando | 2011-06-13 12:40 | ■古本屋子育て日記
2011年 06月 09日

杉並区議さんから教えていただいた公園の線量

杉並区議の松浦さんという方がおそらくは、自主的にお調べいただいた線量を
教えてくださいました。それによると、

木の蔭のベンチ周辺:0.129
日差しを浴びたベンチ:0.091
滑り台周辺:0.068
中に入れる遊具:0.108
砂場:0.082
 
単位はμSV/hということですが、記述の内容からおそらく空間線量ではないかと
思います。つまり砂場で子どもたちが遊んだ場合、経口や傷口などから取り込まれる
線量を心配している私の心配とは違うような気もしますが、いずれにしても
木陰のベンチ 中に入れる遊具など雨に洗われにくい箇所には結構多い線量がある
ということが、これで判ります。
一番多い木陰ベンチ周辺の線量を年間に直すと外部被爆だけで1.13ミリシーベルト
になるわけで、これはもうこれだけで法定の1ミリシーベルトを超えています。
住居の環境、行動範囲の環境しだいでは、同程度の線量の箇所も少なくないと思えますし
第一、そこに飲食物等から取り込む内部被爆の量をあわせると、一体子どもたちは
どれだけの被爆を強いられているのかと不安になります。
発生地から200キロ以上離れた杉並区でもこの数値ですから、もっと近いところは
どうなるのでしょう?
本当に本当に、もうくだらない政争などやめて真剣に子どもの安全を考えてもらいたいです。

松浦さんは「生長の家」に関係していらっしゃるらしいですが、イデオロギーや思想など
この際関係ありません。区が動かないから自主的に計測してくださるというのは、
本当に政治家としてあるべき姿として、敬意を抱く次第です。
[PR]

by shanshando | 2011-06-09 13:10 | ■古本屋子育て日記
2011年 06月 07日

福島第1原発における事故調査・検証委員会

なんかあきれている。
というのは、委員会の内容のことではない。
委員会は少なくとも発足時において健全性を保っていると思う。
各委員が言っていることも、非常にまっとうなのに、それに対する反応、
えーとつまりニコ生で観てたんだけど、寄せられているコメントとかツィートが
アホすぎる。

特に、証言を刑事裁判や民事裁判の証拠としない。ということに対する反応。
そんなもんあたりまえだろう。…というよりもっと踏み込んで、はっきり証人には
免責さえあたえるべきなのに、それが判らない馬鹿が多すぎる。

今、例えば東電だとか日本原燃、寄生虫のような政治家などの原発利権に絡ん
でいる連中にとって怖いことは、彼らがやってきたことが完全に白日に晒されることで、
仲間内から1,2のスケープゴートを出すなんて屁でもないはずだ。
要は一番悪い奴は生き残り、スケープゴートを逃れた他の寄生虫とともに、これからも
原発を続け、甘い汁を吸い続ける。阻止しなければならないのは、まさにそれで、
だから委員会は証人に真実を述べさせるべく、どんどん免責の札を切らねばならない。
一清水社長だとか、勝俣会長なんかの白髪首をとって喜んでいてどうするんだ?

ようするにソーシャルメディアとか言っても、参加しているのが西部劇で公開処刑に
溜飲をさげている愚か者の集まりと変わらなければ、まったくメディアそのものが意味を
失うというわけだ。

やれやれ情けない。
[PR]

by shanshando | 2011-06-07 16:12 | ■古本屋子育て日記
2011年 06月 06日

ひまわりの苗さしあげます。

数に限りがあるのですが、去年家で咲いていたひまわりから
採れた種を、発芽ポットで育て、本葉が出たものを持ってきました。
放射能の除染に役立つというほどの量でもないですが、
みなさんが家に持ち帰ってくださり、秋にまた種を採取して、
来年またほかの人にあげれば、どんどん広がって、
そのうち本当に放射能に汚された大地を清めてくれるかもしれません。

ひまわりの種を利用したバイオマス発電なんていいんじゃないですかね。
どうでしょう?
c0020598_1453511.jpg

[PR]

by shanshando | 2011-06-06 14:54 | ■古本屋子育て日記