上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 09日

あけましたね………ところで

どうも、真っ当な挨拶というのが苦手で、お正月嫌いにはそのせいも
あるのですが、とにかく。
あけましたようなので、おめでとうございます。

私のほうではいつも不義理ばかりなのに、懲りもせずに賀状をくれる
皆さん、本当に有難うございます。
でも、本当にもうエコロジーのためにもどうか来年からはお出しいただ
かないようにお願いします。
日本中であの無意味な習慣をやめれば、印刷や配達にかかるエネルギー
消費だけでも相当なものでしょうから少なからず温室効果ガスの排出減少
につながると思うのですが………と言うと、
「お前の不精を棚に上げて、つまらぬ理屈を言うな!」と怒られた。
「日本の大切な伝統文化をそんなことで絶やせるか!」と言うのだ。

はっきり言って、年賀状なんていうものはどう考えても郵便制度が施行された
明治中期以降の習慣でしかないはずだから、あんなもの伝統文化でもなんでも
ありません。

よくお客様で、同情かたがた
「いやぁ、いくら最近の人は本を読まなくなったとはいえ、紙文化は永遠不朽だと
思うよ。」などと仰る方がおられますが、私は紙文化なんてそんなに大事だとは
思えません。
江戸時代まで、日本は木版印刷が殆どで、書物の出版数は今より遥かに
(それこそ蟻と東京ドームぐらいの差で)少なかったはずですが、その頃のほうが
ずーっと書物は大事にされていたわけで、今はもうどーでも良いような本ばかり
を次々に造っては、次々に断裁し、その両方でエネルギーを無駄に消費してる
のだから、そんなつまらない文化はとっとと絶滅すればよいと思っています。

手始めに新聞をすべて電子化して……それでは端末を持たない人には情報が
行き渡りづらいというのなら、公共施設に自由に使える端末を配置すればいい
……書籍は印刷用紙の配給制などやると戦前みたいに言論統制に繋がるから、
一応どんな書物でも自由に印刷用紙は使えるけど、増刷に関しては上限を設ける
ようにすればいい。そうすれば!
そうすれば、きっと古本屋が儲かっちゃうじゃないか!

あああ、正月早々我田引水ですよ。
[PR]

by shanshando | 2009-01-09 14:15 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 現金輸送車      今年もお世話になりました。 >>