上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 12日

ごめんねメリー

 私ははっきりいって、「アンネの日記」読んだことありません。
「火垂るの墓」、映画も原作も未見です。たぶんずっと未見になるでしょう。
アカンのですなぁ……。根性なしなんですわ。かわいそうな話というのは
読めないのです。かわいそうな話というのはかわいそうだからアカンわけです。

 これあの偏見ですから、先に反省しておきますけど、女性は大抵好きですな、
かわいそうな話…………。やっぱり、あれはあのぉ残酷なんでしょうなぁ。
イヤ、根性がすわっとるわけですか。
むしろこのぉ………。私みたいな根性なしは、君子は厨房に入らずとか言うて、
現実に立ち向かわんから卑怯者なんでしょうかねぇ……。

 金の星社の「かわいそうなぞう」はもう220万部を越しているそうです。
今後も絶対に絶版にしないでしょうあれは……、ドル箱ですからねぇ。

 今日アップした「ごめんねメリー」は泉ヶ丘家庭文庫というところの出版。
今もやられているのかなぁ?この文庫。少なくともネットではその現状を探ることは
できませんでした。
 原画は木版らしいのですけど、まぁ下手なんですけど、そこがちょっといいです。
いいというのは結局巧いのかしら?
 
 舞台は熊本の水前寺公園にかつてあった動物園。
ここでは象は電気で殺されたそうです。………まぁ、なんとも……。

 先日、テレビで「日本海軍 400時間の証言  第一回 開戦 海軍あって国家なし」
という番組をちょっと見ましたが、これは戦後35年たってから旧海軍軍令部のメンバー
が秘密裏に集まって行っていた反省会の録音を紹介しているのですが、笑っとるので
すなぁ折々に、参加者が。まぁ編集の仕方もあるんでしょうが。
 もしこれがサリン事件を起こしたオームの残党の反省会だとして、この中に笑い声が
あったら世間は許すんでしょうか?
 それは人間だから生きている限り笑いもすれば屁もひるでしょうけど…、わたし、ちょっと
感情的にならせてもらいます。
 
 しおらしげに反省会などしといて、まだ笑いが出るなら自決しやがれ!


c0020598_11245641.jpg


上々堂売価  1500円
[PR]

by shanshando | 2009-08-12 12:21 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 踊る古本屋の躁鬱      ちょっとクスクス系写真集 >>