上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 12日

ことば

最近コンビニの接客の質があがった。
っていうか、接客に使われる日本語が随分ちゃんとしたものになった、
と思って、接客している人をしみじみ観ると、名札にカタカナの名前が
あった。面差しは大方日本の同世代の若者と見分けがつかないが、どこか
きりっとしているなぁ、と思うと大抵外国の人で、なんだか頓珍漢な敬語
だか、丁寧語だか、わからんもんしゃべっとるなぁと思うと、大抵日本の
若者なのだ。

別にね、言葉なんて時代時代で変化して然るべきものだし、それはいいの。
それに自分の母国語が片言でも英語は喋れたりするかもしれないしね……。
ただね、大変だなぁ、今のハイティーンから20代の人は……と思うのだ。

先日あるブログで、昔は先進国の国民の中で語学力のワースト2は日本人と
韓国人といわれてたけど、今は日本は韓国に完全に置いていかれた…という
ことを読んだ。
IMF危機以降の韓国は必死で国際人の養成に勤めたのだ。

確かに日本が豊かな時代に育った、私なんかの世代の人間は絶望的に他国語
習得者が少ない。勿論、ちゃんとしている人もいるけど、大方は中学程度英語
力も持っていないし、その他の言葉は旅行する時に一夜漬けのインチキ語学
をやる程度、ジャパンマネーが弱体化した今となっては、何処に行っても
人間扱いされないだろう。
「まぁ、べつに外国に住むわけじゃないしね。日本語が喋れれば充分だよ。」
なんて寝惚けたことを言ってたりする。
エッ誰がって?う~ん例えば私ですけど。

まぁ、とにかく今年50になる私は頑張ってせいぜい勉強したって、英語が少し
ましになるくらいで、それだってまぁ運がよければ生き残れないことはないと
思うけど、現在30代以下の人は少なくとも日本語以外に二種類の言語を話す
くらいでなければ生き残れないだろう。
イヤイヤ、特別なエリート世界からの脱落とかを言ってるんじゃなくて、簡単な
物販から工場労働まで、必要に応じた言語能力を持たない人間は生き残れない。
ということ、言葉だけじゃ勿論コミュニケーションは出来ないよね。他文化人の
習慣や心情を理解できる能力がなきゃ、生きていけない。
ネットとかで「朝鮮併合は文化が遅れた隣国を救うため、日本がやってやったこと
だ!」なんて無駄な威勢のよさを発揮してるようじゃ絶望的なんじゃないの…
問題は今でしょ、今!

なぁーんてね。英語もろくに喋れんオッサンに言われたくないか。
[PR]

by shanshando | 2010-02-12 18:17 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 白菜・昆布・バター      くるくるクルミちゃん >>