上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 30日

古本屋の掃苔帖 第六十八回 三代目古今亭志ん朝

目の前に二冊、雑誌「東京人」がある。
一冊は1999年8月号、もう一冊は2001年11月号。
両方とも特集が「落語」で、志ん朝の対談が出ている。
先のは、十一代目馬生の襲名にあわせた対談で、後のは
今年正蔵を襲名した、こぶ平との対談。
両方に写真が載っているが、わずか二年の経過とは思
えないほどやつれている。
この後の号の発売日にはすでに志ん朝は亡くなっているのだ。
誌面では、志ん朝の死については一言も触れられていない。
恐らく、死がわかった時点ではもう訂正できないところまで
雑誌が出来上がっていたのだろう。
その二年後、「東京人」は志ん朝の三回忌にあわせて、
志ん生、馬生、志ん朝三人の特集を組んでいる。

志ん朝は何故、「志ん生」を継がなかったのだろう?
落語に興味のある大方の人にとって、それは大きな謎だ。
1999年の号の対談で「おアシがかかるから」などと言っている
が、ファンとしては納得いきかねる答えである。
同じ号で、「志ん朝」という名前は自分が大きくしたと言うことを
語っているが、どうやらこちらが本音らしい。
確かに、「志ん朝」は父親志ん生と、兄馬生の出世前の名前で、
三代といっても歴史は無いに等しい。
そうして、後の世で客である私たちが「志ん朝」という名で思い出す
のは、間違いなく美濃部強次の「志ん朝」で、兄貴や親父ではない。
偉大すぎる父親をもった志ん朝のプレッシャーは外野席からはよく
わからない。

古今亭志ん朝、世間の期待をよそに六代目志ん生を継がぬまま、
2001年10月1日肝臓癌により死亡。享年64歳

さて、落語界は戦略的な襲名ラッシュのお陰で、近来稀に見る好
景気のようである。結構なことだ。落語が多くの伝統芸のように助
成金だのみと、ネズミ講的な集金システムの弊害に巻き込まれる
よりよっぽど健全だ。
しかし、六代目志ん生はついに現れないのだろうか?
志ん朝が蹴った以上、この大名跡を平然と襲名できるのはよっぽど
の大器か、完全な馬鹿かどちらかだろう。
[PR]

by shanshando | 2005-09-30 21:43 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第六十九回 芥川隆行      古本屋の掃苔帖 第六十七回 四... >>