上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

古本屋の掃苔帖 第二百十七回 レスリー・チャン

「ブエノスアイレス」を観て、スクリーンの中の彼の体臭を感じた
ような気がして驚いた。他の映画では感じた事のない感覚だった
から。
ウォン・カーウァイの映画はどれも妖しげで強い芳香を放ってい
るが、レスリー・チャンは特に強い匂いを感じさせる俳優だった。
それも、人工的で危険な効用を持った香水の香り。

香港の富豪の子供として生まれ、英国に留学した経験によるもの
か、あるいはゲイゆえの独特の自意識の故か、おそらくその両方
だろうけれど。
身奇麗でルックスが甘くて、身のこなしが洗練されていて、特に少
し才槌気味の頭部の下の品の良い顔立ちは、東洋人にも西洋人
にも他にあまり例を見ない特異なルックスで、「新人類」という印象
だった。

「新人類」というのは、少し的が外れている気がするが、ようするに
例えば「中国人」とか「広東人」とか「東洋人」でもいいけど、そういう
血の連鎖の中に彼が生まれたというよりは、むしろ突然変異として
神が造形した(すこし言いすぎかもしれないが)そんな存在に見え
たのだ。
事業に忙しい親に殆どかまわれずに育った経験が、彼から生活臭や
生態臭を奪い。換わりに悪魔にでも調合させたのではないかと思わ
せるような自意識というオーデコロンを振り掛けさせたのではないか?

2003年4月1日、香港時間の午後6時、彼とお茶を飲む約束をして
いた彼の元マネージャー フローレンス・チャンは30分を過ぎても
やって来ない彼に電話をしてみたところ、今車を停める処を探してい
るから、タクシーのりばに出て待っていてくれないかと云われ、ホテル
の玄関を出た。その時、レスリーは彼女を待たせたことを余程気にし
ていたのだろう。おそらくこれ以上は絶対に急げない方法で彼女の前
に現われた。つまり空から降ってきたのだ。
いったい何処に車を停めたんだろ?そうか!きっと、日本同様に香港
は駐車場が少なくって。あんまり置く場所に困った彼はホテルの屋上
からフックで車をぶら下げたんじゃないだろうか?
それにしても、いくら40分遅刻したからといっても、降りてくる時はやっ
ぱりエレヴェターを使ったほうが良かったね。良い子は決して真似しな
いようにしましょう。

レスリー・チャンの死後ホテルの前には花束が絶えず、殆ど歩道を埋
め尽くしたが、ホテル側は片付けるだけ無駄だと思ったか、しばらく放
置していたとか。
葬儀では、自殺の原因に関係しているのではないかと言われた恋人の
唐鶏徳氏が喪主をつとめた。
レスリー・チャン享年46歳、意外とおっさんだったのだ。年下だと思っ
てた。
[PR]

by shanshando | 2006-03-31 17:29 | ■古本屋の掃苔帖


<< 古本屋の掃苔帖 第二百十八回 ...      古本屋の掃苔帖 第二百十六回 ... >>