上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 08日

国内外の小説・詩などいろいろ・・・

『道楽者の手記』(河出書房)
著:ジョン・クレランド 訳:吉田健一/ 1966年初版
上々堂価格 900円 / 状態 並 ビニカ

『ジャン・ジュネ全集 1  葬儀・泥棒日記』(新潮社)
著:ジャン・ジュネ 訳:平井啓之 朝吹三吉 / 1967年初版
上々堂価格 1300円 / 状態 並 函入り 函ヤケ少 月報付

『世界異端の文学 1  大伽藍』(桃源社)
著:ユイスマン 訳:出口裕弘 / 昭和41初版
上々堂価格 1000円 / 状態 並 函入り

『世界異端の文学 3  生きている過去』(桃源社)
著:レニエ 訳:窪田般弥 / 昭和41初版
上々堂価格 900円 / 状態 並 函入り 函キズ

『エロティシズム 』(桃源社)
著:澁澤龍彦 / 1967年初版 / 装幀画 金子國義
上々堂価格 1500円(絶版)/ 状態 カバしみ

『エロスの解剖 』(桃源選書)
著:澁澤龍彦 / 1965年初版
上々堂価格 1000円(絶版)/ 状態 並 

『イコノエロティシズム 』(河出書房新社)
著:澁澤龍彦 / 2003年初版 / 図版多数
上々堂価格 1500円 / 状態 良 帯付き 
 
『滅びの文学 バタイユとセリーヌ 』(白水社)
著:生田耕作 / 1988年初版
上々堂価格 2500円(絶版)/ 状態 並 函欠け

『ユリイカ 72年4月号 特集サド』(青土社)
上々堂価格 500円 / 状態 表紙イタミ ヤケ

『ユリイカ 72年11月号 特集エズラ・パウンド』(青土社)
上々堂価格 500円 / 状態 表紙イタミ ヤケ

『チボー家の人々(全13巻揃い)』(白水Uブックス)
著:ロジェ・マルタン・デュ・ガール 訳:山内良雄 / 1989年4刷
上々堂価格 4500円 / 状態 並 第13巻小口シミ少


『ルサンブランス 』(ペヨトル工房)
著:ピエール・クロソフスキー / 1992年初版
上々堂価格 4000円(絶版)/ 状態 並 函入り 帯付き


『失われた横顔』(新潮社)
著:フランソワーズ・サガン 訳:朝吹登水子 / 1975年初版
上々堂価格 900円(絶版) / 状態 並


『騎手マテオの最後の騎乗』(集英社)
著:フリードリヒ・トールベルク 訳:飯吉光夫 / 93年2刷
上々堂価格 1000円(絶版) / 状態 並
すいすい読めてしまう軽さ。そしてクライマックスの大活劇。しかし、そこはかとなく漂う哀愁とやるせなさがトールベルクの小説の魅力。
トールベルクは、カフカの親友マックス・ブロートに見いだされた作家であり、
有名な「プラハ詩人サークル」に誘われた後、小説家として、また論争的なジャーナナリスト兼、炯眼の劇作家として名を残している。


『インディアンに囚われた白人女性の物語』(刀水書房)
著:メアリー・ローランソン、ジェームズ・E・シーヴァー
訳:白井洋子 / 96年初版発行 / 状態 並
上々堂価格 1400円

これは、アメリカで最もよく知られている“インディアン捕虜体験記”で、インディアンに捕われた二人の白人女性の物語。
ひとつはインディアンに捕われたピューリタンの白人女性が三ヶ月後に救出されるまでを自ら綴った手記。もうひとつは捕われたのち、生涯をインディアンとして終えた女性へのインタビューを元にした物語。
文字を使わず、白人からは野蛮人のレッテルを貼られたインディアンの文化を多少なりとも白人社会に伝え、紹介してきたのは、こうした「捕われた白人」によって書かれた手記である。
アメリカの歴史の表舞台には出て来ないが、一時的であれ、生涯を通してであれ、インディアンと共に暮した白人は、実は数えきれないほどいたのだ。


     
『アメリカの没落 THE FALL OF AMERICA』(思潮社)
著 アレン・ギンズバーグ 訳:富山英俊 1989年発行
上々堂価格 1000円 / 状態 良 帯付き
1960年代、アメリカ横断旅行をしながら、詩人は、ベトナム戦争下、
没落していくアメリカのイメージを幻視する。世界を事故の内面へと包括するその手腕は、現在において最も刺激的である。


『眠くて死にそうな勇敢な消防士』(早川書房)
著:アルベルト・モラヴィア 訳:千種堅 表紙・挿画 飯野和好
上々堂価格 1500円(絶版)/状態 良/84年初版発行
モラヴィアが10億年前にさかのぼって語る、「動物寓話集」


『アフリカ散歩』(早川書房)
著:アルベルト・モラヴィア 訳:千種堅 / 88年初版発行
上々堂価格 900円(絶版) / 状態 並
モラヴィアが77歳のとき、アフリカ旅行で出会った様々な出来事を描いた作品。
モラヴィア独特の筆致で読ませる絶妙のルポルタージュ。

[PR]

by shanshando | 2005-02-08 22:48


<< 市場帰り      映画・音楽・・・ >>