上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 19日

飛行船

私はサルの中ではゴリラが一番好きで、小さいのはどうも好かない。
なんだか因果な感じがするのだ。
ニホンザルの居る猿山もあまり好かない。虚仮にされて老いさらばえ
たオスを見ると我が身を見るようで悲しくなるのだ。
ゴリラだって、自然の中では群れで生活するわけだから、きっといろ
んなカクシツがあったりするのだろうけど、動物園で見ている限り、
あの悠揚せまらぬ在り方は浮世臭さを脱していて、茶人のようだと
いつも思う。ゴリラに宗匠頭巾を被らせるときっと似合うだろう。

外見のコワモテに反して、ゴリラは繊細な平和主義者で、食物もおお
よそ菜食。うずくまってじっとしている姿は哲学的な雰囲気をかもし出
している。
動物園でよく観るのはコンゴあたりから来たニシローランドゴリラで、
ゴリラの代表選手のように言われるマウンテンゴリラは繊細すぎて飼
育が難しいのだと聞いたことがある。絶滅危惧種だしね、たしか。

今朝テレビで「世界ジャングル紀行・コンゴ篇」というのをやっていて、
洗い物をしながらふと観るとゴリラが出ていた。いいなぁ、一度でいい
から、自然の中でくつろいでいるゴリラを生で観たいものだ。
アフリカ旅行なんて本当に高くて、私なんか一生行けるかどうか判ら
ないけど、行けてもきっとケニアでライオン観るくらいが関の山だろうな。
などと考えながら、カフェオレを作って飲んでいたら上々堂から電話
が入った。今日10時に伺うはずのお客さんから電話が来たというのだ。

やばい!スケジュールの入れ間違いか!いそいで携帯のスケジュール
表を確認するがやはり入っていない。すぐに電話で聞いた番号に電話
してみると電話の向こうの声に聞き覚えがある。確かに約束をした方だ!
しかも以前にも売っていただいた記憶がある。たぶんスケジュールを入
力する時にミスをしたのだろう。ともかく急いでいつものバイクに飛び乗
って、吉祥寺のマンションに急行。スミマセンスミマセンを連発しながら
奥の部屋に通されると、水木しげるさんの漫画が積みあがっている。
コグチの色合いからして相当永年のコレクションと見える。こういう思い
のこもった蔵書を処分されようという時に遅れて行くとは最悪!

しかしここはやはり落ち着かねばならない。水木モノ以外の値段付けが
出来ない雑誌類をまず除外して、後は買えるものを一冊ずつ繰っていく。
コグチの状態は悪いし、漫画にはあまり熱心でない上々堂だが、水木
モノなら話は別。状態を鑑みたうえで充分高いと思える金額で査定。コレ
クションの持ち主であるご主人に申し出ると快く了解。帰る間際にまたもう
一度お詫びをして、上々堂へ急行、荷物を降ろしてとんぼ返りで興居島屋へ、
バイクが西荻に近づく頃にようやく本当の余裕を取り戻し、空を見上げると
飛行船がプカプカ。ちょっとバイクを停めて深呼吸しながらしみじみ見上げ
ると、鯨型のお腹につけられた機械部分から誰か手を振っているような気
がする。まさかねー、あれって無人でしょ?いやでも確かになんか布のよう
なモノを振っているような。…両手の指を丸めて双眼鏡にしてじっくり観て
みると運転席でゴリラがハンカチを振っていた。
[PR]

by shanshando | 2007-05-19 14:36 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 露探だろうか、電波系だろうか      ぐるぐるドカン >>