上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 07日

清瀬

今朝は出張買取で所沢の下安松に出掛けた。
土地勘がイマイチで、どのくらいかかるか予想がつかなかったので、
早めに出たところ道路が意外に空いていて、約束より一時間も早く
ついてしまった。
下安松というところは東京と埼玉の県境を流れる柳瀬川の北側で、
川を隔てて南隣は清瀬市。
あまり仕入れでも行かない土地なので、バイクを街道沿いのコンビ
ニに停めさせてもらい。缶コーヒーを片手にぷらぷら散歩。
柳瀬川には釣り人が出ていて、なんだか5センチくらいの小さな魚
を採っていた。声をかけてみようと思ったがあんまり真剣な表情で
釣っているので声をかけそびれた。ひょっとするとプロの川漁師な
のかも!?って、まさかねえ~。

川のほとりに立っていた清瀬市の地図を見ると、とても小さな市だと
いうことが判った。
どれくらい小さいかというと、小学生が社会科の授業で自分の住ん
でいる町の事を調べるのにちょうどいいくらい。
清流とはいいがたいが、足をつけるのに躊躇しなくていい程度には
キレイな川が流れていて、見渡せば丘陵や、森も多くて、家が少な
い。税収少ないだろうな…などと余計な心配をしてしまう。
川の向こう所沢市は大きな市で、西武など大きな資本もあるから、
もし所沢市長が邪心を起こして、攻め込んで来たら清瀬市は半日
くらいであっさり併合されてしまうだろう。
東京都知事も清瀬ぐらい呉れてやってもいいとかいいそうだし、当の
清瀬市民もこの際埼玉県民でもいいや、とか思うかもしれない。
左程鄙びているわけでもないのだが、なんだかいい具合に脱力した
感じの土地だ。

毎度の癖で不動産屋を探してみるが、近隣には見当たらず、替わり
に街道沿いのマンションの壁に直接値札が付いていた。
3LDKで1500万円!安っ!
小学生がお年玉貯めて買えそうな値段だ。というのは嘘だけど、とに
かく仮にも都内で家を買える値段じゃない。あっそうか都内じゃなくて
都下なんだ。引っ越しちゃおうかしら。

銭湯の煙突が見えたので、近づいてみると、窓を開け放ってお掃除
中。大きなボリュームでつけているラジオの音が大きな浴室にこだま
して、内容は聞き取れないが、なんだか開放的ないい感じ。
夕方四時くらいにこの銭湯に入って、川原で缶ビール飲んで、川の
向こうの肉屋で「新鮮!牛のレバー刺し」というやつを買い込んで家
路に付くというのはイイじゃな~い~(高松しげおさん風に)
[PR]

by shanshando | 2007-07-07 13:50 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 今日はフリマ      上々山房の夢 >>