上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 17日

森林に逃げ込め!

こんなに暑い日が続くとイカンと思いつつクーラーに頼ってしまいます。
なんだか、試験が近いのに頭の中は親に内緒で買ってきたエロ本の
ことで一杯で、勉強するといって机にむかっても結局オナニーに全精
力を使ってしまう馬鹿な中学生みたいで、情けない気持ちになりますが、
やはりもう何処かで歯止めをかけんとイカンでしょうと思いますデス。

世の中なんだかクールビズとか言ってますが、あれってどの程度効果
があるのでしょう?確かに冷房の設定温度を下げることでエネルギー
の消費量をさげることはありえると思うのですが、そういった商品を生産
したり流通させたりする為には当然やはりエネルギーが必要なわけで、
差し引きするとそんなに劇的な違いがあるようには思えません。

クールビズという口上のもとに新たな商品展開をすればそれは景気浮
揚策にも繋がるし、ということなのでしょうけど、本当に現在我々が直面
している地球環境の問題を見るならばそんな欲と二人連れみたいな中
途半端な政策が賢いとは思えません。
どうせやるならビジネスマンの皆さんも国会議員のみなさんも夏はTシャツ
にしちゃえばいいと思うのですが。
そうすれば商品の製造や流通にかかるエネルギーももっと減らせるし、洗
濯で消費するエネルギーも大分減らせると思うのです。

さすがに公の場でTシャツはまずいだろう。というお馬鹿な抵抗をするオジ
サン達が居るかもしれませんが、そんな人には罰として暑い路上を十二単
でも着させて歩かせれば反省するでしょう。

いくら着衣を軽快にしても、冷房の設定温度には限りがあります。
まぁ現在上々堂の場合、除湿だけにするか、28度に設定するかですが、こ
れをもし30度にしたとしたら、もうあまりクーラーの意味はないような気がし
ます。要は究極的にはクーラーを使わない生活をいかに目指すかです。

ちょっと調べてみたのですが、日本の国土に対する森林のしめる割合は66
.49%で世界一(調べた資料によればそうでした)なんですね。
これは私が良く書くフィンランドより若干多い数字です。
ところが、国民一人あたりの森林面積で比較すると、一位のカナダの8.3ha
に遠く及ばず、フィンランドは勿論アメリカなどにも抜かれてわずか0.2haし
かありません。大体一辺が44.73メートルの正方形一個分です。イメージ
できますか?それだけの面積で植物が造ってくれた酸素を私達は頂戴して
いると、まあそんなに単純な計算ではありませんが、こう暑いとそんなことを
考えてしまいます。

これには明治以降の異常な人口増加も少なからず影響しているわけですが、
人間というのは利己的なもので、こうやって具体的な暑さに苦しめられると、漸
く想像力を働かせようとします。
この0.2haを頑張って0.3haに、いや1haくらいには出来ないものか?
そうしたら、東京も過ごしやすくなって、サルマスから抜け出せるんじゃないか
と思うのです。
まぁラニャーニャだとかエルニーニョなんていうのはもっと地球サイズの出来事
なのでしょうけど、なんにもしないよりはいいはずです。というかしなきゃ駄目でし
ょう。
人口を減らせば一番手っ取り早いわけですが、これはそういうわけにもいきま
せん。

具体的にどういうことをすればよいかは一古本屋の想像を超えているのですが、
最近興居島屋の近くでも立派なお庭をもっていたお家がそれを壊して駐車場に
したりということが続いていて、そこの家の人も本当はそんなことしたくなかった
だろうなと思うと、土地行政や税制はもっと視野を広げて見直されるべきだなと
思うのでした。

追加:
考えたら、無理な話でした。もう既に国土66.49%が森林なんだから、一人当たり
を1haに増やそうと思ったら国土を広げるか、人口を減らすしかないわけですしね。
やっぱりもう少し人口が減少したほうがいいのかしら?
それより、やはり人口の都市部集中を解消したほうがよさそうですね。
[PR]

by shanshando | 2007-08-17 15:11 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 写真      麦藁帽子は冬買え >>