上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 10日

土佐

かつを美味しいですね。ほんとに。

かつをといえば土佐ですが
私にとってある時期土佐という土地が聖地のようであった時期があります。
ご多聞に漏れず、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に嵌っていたこととか、
夏目雅子主演の「鬼龍院花子の生涯」とか、宮本常一とかが、まぁその
原因です。

大学一年の時にはじめて四国に渡り、興居島を訪れて、そのあと松山から
バスで高知に行ってみましたが、まだ若すぎて旅の楽しみ方もわからず、
なんだかボーっとした時間を過ごしてしまいました。
あっ、まぁボーッとするのもまぁ旅の楽しみといえばそうですが……
夜の桂浜からみた月がほんとに綺麗でした、
テラテラとうごめく海面に白い月光が鈍く映されて、流れている時間が
この世のものではないような気がしました。
浜辺はアベックばかりでそれがなんとも妬ましかったですが、
唄にある月の名所というのは嘘ではないです。

アベックが妬ましかったことも影響してか、京都に帰ってすぐに彼女を
作りました。高知出身の、
気の強い、まっすぐな気性の人でしたが、今はどうして居られるでしょうか。
その後三軒茶屋に住んだ私を訪ねてきて、風呂屋のおやじが東京弁で言っ
た言葉が頭にきたとかで、喧嘩したりして…。

先日来、ひょんなことから「歌姫」なるテレビドラマのDVDを観てしまって、
あんまり面白かったものだから結局全篇観てしまいましたが、
中で語られる土佐弁は東京訛りが随分まじっていたように思いますが、
でもなんだか古いことを思い出してしんみりしました。

気がつけば、土佐を訪れてからもう30年近くないます。
グッときちゃいましたですよぜよやんけ。
[PR]

by shanshando | 2008-06-10 15:52 | ■原チャリ仕入れ旅■


<< 謎      パワハラ >>