上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ

2005年 12月 30日 ( 2 )


2005年 12月 30日

八王子のひき逃げ事件!切り捨て御免かよ!

私、テレビ見ないんで今日東京新聞読むまで知らなかったんですけど。
まったく酷い話ですね。沖縄ではこんな事件が頻繁に起こっていたん
でしょうね。
日米地位協定かなんか知らないけど、轢き逃げなんて卑劣そのもの
の犯罪じゃないですか?
公務で何かを運搬中だったっていうけど、子供跳ねたのを無視して逃げ
なきゃいけないほどの物を運んでたんですかね?核兵器とか。
まったく、アメリカと北朝鮮は同レベルの非常識国家ですね。

いや、どうも私子供が犠牲になる事件っていうのは、無条件で切れちゃう
ほうなので。失礼しました。

さて、今日で上々堂の今年の営業はおしまいです。年開けは3日正午から
です。3日は夜は早めに閉めるかもしれませんけど。

さて「掃苔帖」は休みの間の分。をまとめて書いちゃいました。
[PR]

by shanshando | 2005-12-30 19:12
2005年 12月 30日

古本屋の掃苔帖 第百四十三回 寺田寅彦 荻野久作 壇一雄 四代目桂三木助

閻魔の庁も天国の門も年中無休であるらしく、
大晦日、正月といえど人は死ぬ。
通常、このブログは私が店に出ない日には休んでいるが、
それは、例え飛んだ日があっても、歳が巡るうちにはいつか
書く機会があろうから、それで良しとしているのだが、年末
年始に関しては、書かずにいると最後まで書かない事に
なりそうなので、今日まとめて書くことにする。

寺田寅彦の随筆が初めて印刷物になったのは、明治38年
に「ホトトギス」に発表した「団栗」である。今岩波文庫版「寺
田寅彦随筆集」の一巻の冒頭に載せられている「どんぐり」
がそうなのだろう。
歳の瀬の今頃になると読みたくなる作品である。
20歳と15歳という、若年で最初の結婚をした寅彦は、5年後
20歳になったばかりの妻と死別している。随筆はその妻夏子
の発病が知れる、前年の暮れから始まっている。
妻はその時懐妊しており、不安さの中で恐らくはふるえていた
であろう当時の二人を、寅彦はのちに回顧し淡々と綴っている。
夏子が一子を残して、この世を去ったのが明治35年11月、
それから二度の結婚を経て、33年後の昭和10年12月31日
転移性骨腫瘍で寺田寅彦は57歳の生涯をとじている。

荻野久作、新潟の総合病院に勤めていた産婦人科医である。
今、新潟には彼の名を冠した「オギノ通り」なる通りがあるそう
である。何故一勤務医の名が通りの名になったか?彼はいわ
ゆる「オギノ式」の提唱者とされるからである。彼の論文に書か
れた月経の周期に関する計算式によってなされる避妊法は、基本
的に避妊を禁じているローマ法王庁が認める唯一の避妊法として
知られている。ただし、彼本人はこれを避妊のために使われる事
を嫌い、むしろ不妊治療に役立てて欲しいと考えていたそうである。
荻野久作は1975年1月1日、92歳で死んでいる。

能古島は福岡県姪浜からフェリーで10分程度の博多湾内に
浮かぶ周囲12キロの島である。春先には桜と菜の花で彩られ
る。昭和47年ポルトガルから帰国した壇一雄は、自らここを
終の棲家と定め居を構えた。家族のいる東京は彼には寒すぎ
たのだろう。やがて死期が近づき福岡の病院に入院するまで、
そこに過ごした。
娘壇ふみは、その著書「まだふみもみず」で、その間彼女自身
が父に会うためその島を訪れたのは、死の前年の春一度きり
だったと書いている。身勝手な父親に対する反発がそうさせたの
だろう。
その昭和50年の夏の十日間、口述筆記によって20年にわたる
連作長編「火宅の人」を完成させた彼は、翌51年1月2日肺癌で
死亡する。享年63歳。

四代目、つまりついこの間死んじゃった(もう4年になるか)三木助
は、何故死んじゃったのだろう?
1985年にオヤジの名跡を継いで、三木助になった。落語界は
最近血筋ばかりが話題になってつまらない。芸人がみんな血統
を云々するようになったら、落語なんて芸は駄目になるのに決まっ
ている。元来が他の世の中で使い物にならない奴が、使い物に
ならないくせに、良い思いだけするのが好きでなるような職業じゃ
ないか。だから面白いんじゃないか。良血だとか家柄だとか通用
しないからこそ、志ん朝はついに自ら志ん生を継がない事を貫い
たんじゃないか。
今いろんな雑誌で柳家花緑が取り上げられているが、いつの日に
しろあんな下手糞が小さんを継ぐようじゃ、落語界も終りだ。
四代目三木助が自ら果てた理由はわからないし、興味もない。
とにかく2001年1月3日に縊死した。 享年43歳だった。
それより私が気になるのは、今年2005年に立川流を除籍になった
快楽亭ブラックがこれからどう生き抜いて行くかだ。
頑張れ快楽亭!今の世に数少ない本当の芸人らしい芸人は快楽亭
ブラックただ独りだ!

さて、目出度かるべき元旦からこのブログを読んでくださる皆さん
ありがとうございます。
元日は冥途の旅の一里塚、目出度くもあり、目出度くもなし
いまだ死を知らずして、如何にして生を知らんや

来るべき2006年が皆様にとって御多幸な歳であることをお祈りします。
[PR]

by shanshando | 2005-12-30 15:18 | ■古本屋の掃苔帖