人気ブログランキング |

上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ

2007年 03月 29日 ( 1 )


2007年 03月 29日

カリスマ

火曜日、体調を壊して家で臥せっていたら、テレビで宮崎駿さんが
「理想の無い現実主義者というのは、すなわち最低ということだ…」
と言っていた。
良い事云うなあと感心したけど、同時にこういうカリスマ的な人が
こういう事を云うという事は、諸刃の刃だなあとも思った。
宮崎さんはアニメという表現をプロとしてやって行く上での覚悟として
云ったのだと思うけど。今の日本には全体主義的な意図で理想という
ことを語る輩が多いから、こういった言葉が編集可能なテレビという媒
体で使われる事には、老婆心的な不安がよぎる。

上々堂のある三鷹中央通りから吉祥寺方面に曲がって、成蹊通りを中
央線に向かって行くと太宰の死んだ上水を越したところにジブリの「社屋」
というのだろうか?何しろ欧米タイプの広々とした尺で造られた木造の建
物があり、屋根の上に植物を生やしたそれはまさに「理想」という言葉
を具現化しているようで、私は憧れと同時になんだかいつも身がすくむ
ような感慨を憶える。
そこから少し戻って、これからの季節、花で美しい上水の通りを左に進む
とジブリ美術館でこちらも圧倒されんばかりの結構だが、より女性的な
空間を好むオカマ野郎の私としては、ふたつともなんだか近寄り難いもの
を感じる。

現代の日本には喩えにしろ性別を感じさせる建物は少ないから、ここまで
ハッキリと明確に父性を主張している建物の存在は希有で、その存在は
素晴らしいものだと思うのだが、なんだか気恥ずかしい気がしてしまって。
いっそ早く潰れて廃墟になってくれれば愛せるのにと思う。

いつか、せめて生きてる内にチャンスが巡ってくれば、あの二つのジブリの
建物のような巨大な空間で古本屋をやってみたいと思うが、私がやるなら
大きくとももっと女性的な空間を……と理想にもならぬ、夢想だけはいくら
やってもタダで、私の夢は一向に現実味を帯びない。
理想のない現実主義者が最低だとしたら、現実味のない夢想家はなんだろう?

by shanshando | 2007-03-29 16:03 | ■原チャリ仕入れ旅■