上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ

2008年 01月 29日 ( 1 )


2008年 01月 29日

靖国通り

JR中央線と荻窪・天沼陸橋で交差した青梅街道は、阿佐ヶ谷、高円寺
中野の町をかすめて新宿大ガードをくぐると名前を靖国通りと変え、市谷
の防衛省を越したところで三度鉄道と交差する。それを更に進むと
靖国神社前から九段の坂をくだり、神田神保町の古書街に入るわけだが、
私はほぼ二日に一度のわりで早朝このコースを走る。市場への出品のた
めだ。

中央線の近隣の他の古本屋さんは大抵自動車を持っているから、精々
週に一度輸送するぐらいで済むようだが、原チャリしか持たない私は、何度
にもわけて運ばなければならないのだ。
売り買い両方で市場を利用する人は、輸送コストを考えても車のほうが有利
だが、私は売りがほとんどで、市場で商品を仕入れるということをしない、だから
帰りは大抵空車、出品は曜日別で個性の違う市が開かれるのにあわせるので
一度には左程沢山出ることは少ない、偶に大口の出品の時は赤帽さんに頼む
ことにしていて、そのほうが遥かに経費が安くですむ。

靖国通りはさっきも書いたように新宿大ガードから始まっていて、つまり振り出し
は歌舞伎町ということになるのだが、早朝の歌舞伎町というのはなんともいえない
倦怠感が漂っている。夜明かしの仕事あるいは遊びで疲れ、着衣も乱れた男女
が横断歩道の左側から右側の駅方面にむかい、逆コースにはこれから仕事に
向かう人たちの群れが渡ってきて、精気にみちた顔はどちらにも少ない。
私はなんだかいつもアウシュビッツに送られるユダヤ人の群れを想像してしまう。

今朝はことに寒く、あやうく降雪こそはまぬがれたけど、曇天が荒涼感に拍車を
かけていたのだが、そんな中をいったいなんの番組かは知らないが日テレのテレビ
クルーが大規模な撮影をしていた。
キャンピングカーのような中継車の後部からは流れる車の群れを正面からとらえ、
数メートル遅れてバイクに乗った二人組みが側面の映像と音を拾い、空にはヘリが
ホバーリングしていた。
おそらくアクションドラマかなにかに挿入するシーンを撮っていたのだろうと思うが、ひ
ょっとすると、私と並走して誰か重要人物が移送されているのかもしれないと思い
キョロキョロしてしまった。アブナイアブナイ。

昔事故で大怪我したのも市場への出品の途中で、あれで私の人生は大きく変わった
といっても大袈裟ではないのだ。
10数年前はまだ若く体の治癒力も強かったけど、今度は只では済むまい。
まぁ野次馬根性をだす私が悪いんだけど、あそこまで物々しい撮影だと、気になって
当然とも思える。
まるで私を待ち構えていたかのように大ガードから市谷の橋までくっついて来た彼ら
はひょっとすると地獄からの迎えだったのかも?クワバラクワバラ
[PR]

by shanshando | 2008-01-29 14:17 | ■原チャリ仕入れ旅■