上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:■原チャリ仕入れ旅■( 608 )


2005年 01月 08日

もう勘弁してよ

2005年1月8日 土曜日  晴れ

元日に泥酔を介抱した友人が詫びに本を売ってくれるというので出かける。
彼はなかなかの読書家なので期待していたが、果たして涎のでるような棚!!
15冊と区切り自由に選ばせるという約束なのにいざというとグズグズ。
じっくり元日のご乱行を思い出させてあげ、哲学思想中心に15冊選ばせて頂く。
他店に持ち込むより確実に高いはずだから恨まないでね。
また呑みに行こう。
[PR]

by shanshando | 2005-01-08 19:58 | ■原チャリ仕入れ旅■
2005年 01月 07日

ポカポカ陽気

2005年 1月7日金曜日
昨夜は結局7時くらいまで休んでしまい。もそもそ起き出し徒歩で近くの穴場へ、スズキコージのすこし珍しい物など数点、あまりに寒いので焼酎お湯割を数杯飲みに寄る。同行者と今買ったばかりの絵本を酒場のカウンターで眺めながら呑み且つ喰う。よい大人が絵本を見ながら一献というのは傍目にはどう見えるのであろう。私としては割と日常なのだが。

うって変って今日はポカポカ陽気、三輪バイクに打ち跨り板橋、川口方面をとろとろ廻る。世田谷から神奈川コースにくらべ町並もぐっと庶民的で、昭和30年代生まれの私には親しみやすい雰囲気、成果のほうもまずまずでエリック・カール「パパ、お月さまとって!」が無傷で出てくるのは珍しいと言っていい。個人的には柳原良平の「しょうぼうていしゅつどうせよ」が本日のハイライト、これは興居島屋へ。明日はまた冷えるそうな。
[PR]

by shanshando | 2005-01-07 22:18 | ■原チャリ仕入れ旅■
2005年 01月 06日

中村美律子ショウへ

2005年1月6日(木)

1月6日木曜日 朝食を家でとりそこなって、駅前の牛丼屋へ。
接客のお姉さんが黒人で、それはマァ今どき珍しくないのだが、この人の日本語がスゴくきれいで、なんだか嬉しくなる。

10時半岡崎さんとアルタ前で落ち合う、二人とも歌舞伎町など普段縁がないのでキョロキョロしながら新宿コマへ。やっぱり観客の年齢層高い。
「我々が最年少やな」と岡崎さん。新聞屋に貰った切符なので覚悟して行ったのだが、わりと見やすい席だった。お決まりで第一部がお芝居、二部が歌謡ショウ。大阪女性特有の楽天性が好きだ。「河内おとこ節」がやっぱり一番いい。

中央線で帰宅。
岡崎さんは「ささま書店」に寄るらしい、やっぱり古本病だ。
私も一休みしたら絵本探しに出よう。







2005年1月5日(水)

朝10時小平市在住の詩人のUさんのお宅に伺う。
採光の考えられたハイセンスな家に期待が高まる。
Uさんは詩のお仕事だけではなく、児童文学やフォークソングの作詞などのお仕事もあり。蔵書は買わせて頂けた物も、今回は見るだけだった物も興味深いものが多い。状態は必ずしも良くないが、それは本が棚のかざりではなかった証拠であり、特に古い児童書には家族の生活の歴史がつまっているようで、こういう買取りは商売抜きで楽い。
上々堂に戻りアルバイトのたまちゃんと店開け、今日はハセガワ女史は休みなのだ。午後からいつもの絵本さがしの旅へ、今日は行きなれた都内のコースだったのだが途中つい見知らぬ脇道に入って迷ってしまう。マルシャーク「しずかなおはなし」など10数冊、しかしやはり今日のハイライトはUさんからの西村繁男「サックサックは鎌のうた」 谷川俊太郎 沢渡朔 こどものとも「なおみ」かな。
あとUさんからは映画資料のおもしろいところも譲っていただいた。
[PR]

by shanshando | 2005-01-06 12:16 | ■原チャリ仕入れ旅■
2005年 01月 04日

イシマル・原チャリ仕入れ旅 今日の格言

2004年1月4日(火)夜の日記
8時過ぎに上々堂を出て、一軒だけ穴場を探る。昨日さらったばかりの店なのでさすがに今日はないだろうと思いつつ、しかし何か閃くものがあったのだ。おかげで今入荷したばかりの「木を植えた男」他数冊を棚に出す前に譲ってもらえる。やっぱりこの商売、勘ですなぁ。そこで格言好きのハセガワ女史にお年玉がわりの一言、「直感は誤らない、常に誤るのは判断である」言った人は忘れた。


2004年1月4日(火)昼の日記
不覚にも、10時ちかくまで寝床に居て、今日は午前中の絵本仕入れ行けなかった。
一昨日電話をくれた新潟在住の友人の事を考えていたのだ。
京都での学生時代の友人なのだが訪ねるという約束をはたせないでいる。
春になって暖かくなったらいつもの原チャリで埼玉群馬新潟の同業者を廻りつつ一週間ぐらいかけて新潟市の彼を訪ねるというのはどうだろう、などと夢想しているうちに10時になってしまった。
午後は西荻の店「興居島屋(ごごしまや)」で仕事、上々堂には夕方行く予定。悲鳴をあげるくらい、査定待ちの本があればよいけど。
[PR]

by shanshando | 2005-01-04 13:55 | ■原チャリ仕入れ旅■
2005年 01月 03日

イシマル・原チャリ仕入れ旅「仕入れ始め」

2005年1月3日(月)曇り

今日から仕入れ始め。昼前から埼玉方面を回る。
まだやってる店はまばらだが、走りはじめて2時間で絵本が20冊あまり。
まずまずのあがりかな、ここまでは。
寝正月で頭が呆けているのかめまいがする。まだ腹は減らないが、休憩をかねてラーメン屋に入って、戦利品を眺める。長新太『つきよのかいじゅう』 バーニンガム『おーい、おりてよ』などが目立つあたりかな?ラーメン食べたらもう少し回って、上々堂に帰るか。めまいの上に冷えが厳しくなると危険だからね。今私が倒れると二つの店が干上がるのだ。
しばらく走って、新河岸川の畔で再び休憩。この寒いのに釣りをしてる人がいる。
☆下の写真が“「原チャリ仕入れ旅」のバイク”
c0020598_15533566.jpg

[PR]

by shanshando | 2005-01-03 15:16 | ■原チャリ仕入れ旅■
2004年 12月 31日

イシマル仕入れ日記・雪の大晦日も仕入れに出るのだ

2004 年12月31日(金)大雪も夕方には止む・・・19時に記す

査定待ちの本は、古い知人のSさんの蔵書だった。ハセガワ女史に聞けば開店当時からのお客様だそうで。すぐに電話で査定額のお知らせと共に間違いなくそのSさんであるかを共通の友人の名前など出して確認。狭い世の中や、つい先日も出張買い取りで似たような事があったばかり。どちらの場合も私イシマルが上々堂の関係者だと知らないでだからねぇ。



2004年12月31日(金)昼間は大雪・・・13時に記す

なにもこんな日にと我ながら思うのだが10時過ぎに起き、仕入れに出る。さすがに遠出は無理なので近くの穴場に、なんとか絵本4冊。『とけいのほん1』『ぴかくんめをまわす』『バーバパパのはこぶね』『ねずみのかいすいよく』どれも定番絵本で珍しいものはない。あえて言えばバーバパパは「はこぶね」はわりと少ないかも。
ついでに年末年始の食材を買い、家に下ろし一休み。雪はどんどん降り積もり、もうバイクは乗れないので、これから電車で三鷹の上々堂へ。
ハセガワ女史が査定待ちの本とともに待っている。
[PR]

by shanshando | 2004-12-31 14:28 | ■原チャリ仕入れ旅■
2004年 12月 30日

イシマル仕入れ日記・どうしてこんなに絵本が揃ってるの

2004年12月30日(木)快晴

典型的な西高東低、太平洋側はどこも晴れとか。朝から絵本の仕入れに出る。よく「お宅はどうしてこんなに絵本が揃ってるの」と聞かれるんだけど、実はあの手この手でなかなか苦労してかき集めているのです。一番多いのは、専門分野の違う同業者を回って在庫を安く分けて貰う事。今日の一番めは世田谷のS書店さん、ここは社会科学関係が専門の堅いお店、一見して絵本などありそうもない構え。ところがこのお店住宅街に立地しているせいか時折意外な拾いものがあるんです。今日も洋書絵本数冊買わしてもらう、「安くしておくから全部持って行ってよ」といわれるが、専門分野だからこそ不良在庫は持たない主義なので、悪いが欲しいものだけ正価で買って出る。こうやって寒い中1日バイクにまたがって、東京近県を回っても買えるのはせいぜい数十冊、利益なんて僅か。我ながらあまり賢い商売じゃないと思う。まぁ好きじやなきゃ出来ないね。唯一のナゴミは途中でとる食事、いろんなところのいろんな食堂に入る。美味い所もそうでもない所もあるけど。とにかく身体に熱を取り込めるのがありがたい。今も丁度サバミソ定食待ってます。
[PR]

by shanshando | 2004-12-30 14:16 | ■原チャリ仕入れ旅■
2004年 12月 29日

イシマル仕入れ日記

2004年12月29日(水)雪

朝から極寒。
仕入れ用のジャイロUPのハンドルを握る指に感覚が無くなるくらい。
寒いというより痛い。
西荻の自宅から三鷹の上々堂に行く途中、以前から約束のあった友人宅に処分本を見るため立ち寄る。
「たぶん駄目だと思うけど」という最初からのコメントに違わずペケ。わかっているけど行っちゃうんだよね。上々堂を始める10年前からやっている西荻の店での体験で、そういうコメントがつくと十中八九やっぱり駄目なんだけど、残り一ニがとんでもない大当たりということもあったからね。今日のは個人的な友人からのお誘いだったので、良かったらどちらの店の品筋かを見究めて独断で分けるつもりだったからどちらのスタッフにも話してなかったので結局「がっかり」は自分ひとりで腹の内へ。
午後、上々堂から岡崎武志さんにTEL。新春に新宿コマ「中村美津子ショウ」にお誘い。快諾さる。
[PR]

by shanshando | 2004-12-29 22:51 | ■原チャリ仕入れ旅■