上々堂(shanshando)三鷹

shanshando.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 22日

古本屋の掃苔帖 第六十二回 野田高梧

いや参った。
意味ある偶然というのはこういう事をいうのだろうか?
今日の掃苔帖は野田高梧というのは昨夜決めたことで、
今夜ブログをあけてみると岡崎さんからのコメントで笠
智衆のこと、話が出来すぎている。

しかし、昨夜書いたことには舞踏関係者からいくらか反応
があるかと、思っていたのだが、やはり舞踏関係者は誰も
読んでないということか?
一応、毎日5,60人くらいの人はすくなくとも見てくれている
ので、3人くらいは舞踏関係者が混じっていると思っていた
のだが。

さて、吉祥寺駅を北に出てアーケード街を抜け、五日市街道
を右に折れ、石材店の角を左へ、60メートルばかり行くと、右
手に吉祥寺東コミニュティーセンターの建物がある。
別名「九浦の家」、野田高梧の三兄、野田九浦の旧居である。
広い日本庭園を擁し、奥まった処には茶室まであるという。
吉祥寺駅前の喧騒から少し離れただけで、山中のような静謐
さを味わえる結構なスポットである。

野田九浦は人物画を得意とした日本画家で、日本芸術院会員
であらせられる。あらせられるくらいだから当然お金持ちで、高
梧はこの人から譲り受けた蓼科の別荘に小津安二郎とたてこも
り、脚本を書いた。

小津という人は、いろんな彼に関する研究書の類を読むと、淋し
がり屋だから一人でシナリオを書くことをせず。
デビュー作以外は全部誰かとの共著という形で書かれていると
されているが、ようするにあの単調でぶれの少ない物語を書き続
けるには、絶対に相談者が必要だったという事だろう。
あれは、とても一人で書き続けられる代物ではない。
森敦が養女という相談者を得てはじめて創作にかかれた事情と
似ているかもしれない。

森敦と違うのは、森の養女の場合批判的でもあることで、彼を触発
しているが、小津には完全に鏡のように彼のセンス、意図を映し出
せる相手でなくてはならなかった。
野田高梧はその意味で完全だった。
兄の九浦の絵も非常に個性を主張しない。地味な。早い話がつまら
ない絵だが。高梧は恐らく兄に似通った自分の性格を、小津という天
才的な個性のそばに置くことでいかしたに違いない。
小津は非常に野田を尊敬していると言い。二人で話し合って脚本を
書いていると、必ず台詞の語尾を「わ」にするか「よ」にするかまで一
致したと言っているが、それは野田が繊細かつ正確に小津の意志を
汲んでいたということだろう。
小津が死んだ時、野田は「これで私のシナリオ人生は終わった」と言
っている。

今の若い人が、ここまでを読むと野田高梧という人はつまらない人だと
思うかもしれない。しかし私が言いたいのは逆だ。
だから、野田高梧は凄いと言いたいのだ。
世の中には、完全に没個性に徹するという表現方法があり。それが徹
せられた時には、中途半端な自己表現など恥ずかしくって前に立って
いられないほどのものなのだ。

野田高梧、1968年9月23日朝、蓼科の山荘の洗面所で倒れ死す。
死因は心不全。享年74歳。       
[PR]

by shanshando | 2005-09-22 21:30 | ■古本屋の掃苔帖
2005年 09月 21日

古本屋の掃苔帖 第六十一回 淡谷のり子

岩波新書赤の636 「ポピュラー音楽の世紀」という本で
中村とうようは、
「藤山一郎とか淡谷のり子(ともに音楽学校出身)などの
歌唱力はじつに貧弱だった。声が上ずって音程も不安定、
歌い方は一本調子というか強弱がほとんどない。」と書い
ている。
文章の論旨は、政治が強要した音大教育がいかに伝統
の音感を押しつぶしたかという点にあり、けっして藤山や
淡谷の個人攻撃を目的にしたものではない事は読めば
わかるが、なんだかあまりといえばあまりな書きようでは
ないか。
1993年に亡くなっている藤山はともかく、淡谷のり子は
この時点でまだ生きている。
この本は岩波新書のために書き下ろされたもので、奥付
には1999年9月20日発行となっているが、淡谷はその
二日後に死んでいる。

まぁ、老衰で死んだ淡谷がこの本を読んだ可能性は殆ど
ないだろうし、中村も「まぁ、もうすぐ死んじゃうだろうから
いいや」などと思って書いたわけでもなかろうが。

中村はその音大教育の弊害を打ち破ったのが、美空ひばり
の登場であったと続けて、ひばりの天才ぶりを讃えている。
淡谷の大嫌いな演歌である。
中村によれば、演歌と言う言葉が一般的になったのは昭和
50年代からだそうで、ということは戦前からの流行歌手であ
った淡谷からみれば、演歌なんて成り上がりの新興勢力に
過ぎなかったのだろう。フォークやロックを聴いて育った我々
世代が「ニューミュージック」という言葉を軽蔑したのに似て
いるかもしれない。

もっとも、淡谷のり子という人はいろんなものが嫌いだった
人で、自身の代表曲「別れのブルース」なんかも大嫌いだ
ったらしい。おそらく誰かに「あれはブルースなどと言ってい
るが、ブルースというものはああいうものではない」と聞かさ
れ、正統派の私がそんな偽物を歌うなんて堪えられない。
と思っていたのだろう。
だとしたら「政治が強要したいびつな音大教育」は彼女自身
を一番不幸にした事になりはしないか?
くだらないエリート意識が、表現者本人を不幸にしている例は
今の芸大出身者にもよく見る現象だ。

晩年はバラエティー番組でゲテモノとして扱われ、それだけで
も往年の彼女のファンには耐え難いことであっただろうけど、
そこに持ってきて「歌が下手だった」と書かれたのでは、もう救
いようもない感じだ。

「ブルースの女王」淡谷のり子、1999年9月22日死す。
享年93歳。

追記、中村とうよう氏の著書はじつに面白い、批判的に書いたが
内心、歯に衣着せぬ態度は尊敬している。この国では年寄り相手
に本当のことを言うのが禁忌とされていて、なかなか本当の事が
言えない。
私は舞踏という分野の踊りを作っているが、この世界には大野一
雄というおじいさんが未だ健在で、健在なのは誠に結構なのだが、
もうとっくに踊れなくなっているのに、極近年まであちこち担ぎだし
ては、拝観して有難がるという悪習が横行していた。
そういう事がこの分野に対する勘違いを呼ぶことも考えないで。
まぁ、ご本人は無邪気なものなのだが、もう相当以前から踊り自体
がどこにもない事を指摘しない。今の大野一雄は「裸の王様」である。
[PR]

by shanshando | 2005-09-21 22:30 | ■古本屋の掃苔帖
2005年 09月 20日

篠山紀信・中平卓馬

「決闘写真論」朝日文庫版!
ネット販売、「写真美術コーナー」にアップしました!

さて、1999年の明日、「ブルースの女王」淡谷のり子がなくなってます。
「古本屋の掃苔帖」はここをクリック!
[PR]

by shanshando | 2005-09-20 18:23
2005年 09月 20日

古本屋の掃苔帖 第六十回 五代目古今亭志ん生 

志ん生に関してはあまりにエピソードがありすぎて
そして、有名すぎて今更書く事がない。
数々の 志ん生の伝説をつたえる本の中で、やはり
一番流通しているのは結城昌治の「志ん生一代」
だろう。基本的に小説なので脚色も色々あるようだが、
これを読んだ上でさまざまな 志ん生本を読むと
イメージがふくらんで面白い。

おそらく、活字にはなってないであろう話題で、川柳
川柳(かわやなぎ せんりゅう)の話で聴いたものが
あるが、あまりに極端な下ネタなのでちょっと紹介し
かねる。

我々の世代は勿論 志ん生のナマの高座に接し得な
かった世代で、さまざまな音源は聴いたけど、それが
どんな風な所作や顔つきで演じられたか、何とか観ら
れないものかと思っていたら。数年前愛宕山にある
NHKのたしか放送文化研究所とかいう施設の映像
ライブラリーで閲覧できた。
もう、大分晩年の映像ばかりで、期待したほど面白
くなかった、しかし貴重な動画の志ん生体験は充分
同世代の同好の士に自慢できるものだったと思う。
勿論、本当のナマ志ん生を観た人たちには負けるが、 

志ん生ほど、死後も多くの新たなファンを作り続けて
いる噺家はいない。それはおもにレコード テープ 
CDなどによるもので、 志ん生は微妙なタイミングで
これらのメディアを生かせる時代に間に合ったといえる。

たとえば、志ん生より一回り年上で、56歳で亡くなって
いる初代桂春団治は、たくさんのレコードを残しているし
もちろん人気は凄かったわけだが、録音技術が未成熟
だった為現存している音源では春団治の本当の面白さ
は伝わらないと言われている。

芸人は一度、「ヨゴレ」というレッテルを貼られると、二度と
浮かばれないと言う定説を見事にひっくり返して、昭和の
大名人の名を揺るぎないものにした五代目古今亭志ん生
は1973年9月21日83歳で亡くなっている。
 
おそらくはこれから先も多くの人が志ん生を聴くであろうし、
それもいいけど、 志ん生ばかりが落語家ではない。当代
にも一杯芸達者がいて、今まだナマで観られる彼らを見逃
しては何もならない。
先ごろ亡くなった志ん朝や、談志はそれこそ、死んでからも
音源を聴けるが、大事なのは音源の残りそうもない芸達者
たちだ。先述の川柳川柳などは今聞いておかなければ、二
度と聴けなくなる可能性が濃厚である。
志ん生以上のアル中なのだ。 
[PR]

by shanshando | 2005-09-20 16:42 | ■古本屋の掃苔帖
2005年 09月 18日

気持ちよい連休ですね。

貧乏閑無しの私には関係ないですが。

さて、古本屋にとってきつい、きつい夏も去り。
本がまた巡りだす季節がやってきそうです。連日の入荷で
上々堂の店先は賑やかになってきましたが、良い物はやはり
羽根が生えたように飛んでいきます。
ネット販売にあげたばかりの「吉田健一集成」は早くも売れて
行ってしまいましたし、昨日入荷、棚に出したばかりの「100%
オレンジ」の本は、出して2時間でちょうど新商品の納入のお供
で来た岡崎さんちの日向子ちゃんが買って行ってくれました。
やはり血は争えません。毎回するどい選択で良い本を買ってくれ
るんです。

さて、明日は正岡子規の命日、
「古本屋の掃苔帖」はここをクリック
[PR]

by shanshando | 2005-09-18 14:08
2005年 09月 18日

古本屋の掃苔帖 第五十九回 正岡子規

「病床六尺」は明治35年5月5日から9月17日までの
間、新聞「日本」に連載された子規の病床随筆である。
136日間に127回というのは、つまり新聞の休刊日のため
であるかと思っていたら、岩波文庫版の上田三四二による
あとがきによると、新聞側が気をつかって休載日をつくった
事があるらしく、その時子規は「今朝新聞ヲ見タ時ノ苦シサ。
病床六尺ガ無イノデ泣キ出シマシタ。」と云い。出来るだけ
休載にしなでくれと、訴えている。「病床六尺」のみが自分
の生命だと。

一般に胃腸病などの消化器系の病より、胸の病いをえた人の方
が、生に対する執念が強いようだ。性欲なども強いと聞く。
子規の場合はおもに、食欲方面に旺盛であったようだ。
死をひと月半後に控えた、7月29日のメニュウ。
朝 牛乳一合、麺包(パン)すこし、胡桃と蚕豆四、五個づつ
昼 卯の花寿司
おやつ 懐中汁粉
夜 飯三椀、焼物、芋、茄子、富貴豆、三杯酢漬。
暑中に今と違って、空調もない座敷に寝ているだけの身で、よく
喰うものだ。
先年没した私の父は、最後は消化器系にまで癌が転移していたが、
不思議と食欲だけは衰えなかった、これもその親の代まで伊予・
興居島の人で、どうもあちらの人間は食い意地がはっているらしい
などと言えば。愛媛県の人に叱られるだろうか。

ほぼ、毎日記して百回に至った時、新聞社の住所が印刷された原稿
郵送用の状袋が二百残って居り、これを使いきれたとしたら来年の
梅が観られることになるかと書いているが、残念ながらそのひと月
後、辞世三句を残して死ぬ事になる。
 
 糸瓜咲て痰のつまりし仏かな
 痰一斗糸瓜の水も真にあはず
 をととひのへちまの水も取らざりき

明治35年9月19日、享年35歳。
命日が「句一句」と読めるが、これは…洒落?じゃないよね。
[PR]

by shanshando | 2005-09-18 13:38 | ■古本屋の掃苔帖
2005年 09月 17日

新入荷は続くよ!

今日もまた、新入荷が!
残念ながら、これはネット販売むけではないですが、
約70冊ばかりの自伝、伝記やその他。
自伝、伝記、評伝は近々店内にコーナーを造るので
そこむけですが、すでに棚に出している本で目玉は
田中小実昌「アメン父」、竹中労「無頼の墓碑銘」
など、安岡章太郎「僕の昭和史」は三冊揃えて、
表紙見せると壮観です。
ぐっと秋めいてきた事だし、この連休是非三鷹から
深大寺方面の散歩かたがたお立ち寄りください。

さて「掃苔帖」は、ジミ・ヘンドリックスです。
[PR]

by shanshando | 2005-09-17 22:43
2005年 09月 17日

古本屋の掃苔帖 第五十八回 ジミ・ヘンドリックス

「自由」という概念は勿論幻想にすぎないけど、
もし貴方が、幻想でもいいから味わってみたいと
思うなら、用意しなければいけないモノが最低二つある。
ひとつは、適度な「檻」(何が適度かは人によって様々)
もうひとつは、そこに自分を閉じ込めてくれる「敵」である。

ジミ・ヘンドリックスにとって軍隊は悪くない場所だった
ような気がする。
そこには、かっこうの「檻」と「敵」が揃っていて、適度の
緊張の中彼は「薬」と「オナニー」にふける事が出来た。
もし、1964年に軍隊のほうから愛想尽かしをされなかったら
彼はずっとそこに居たかもしれないし、そうしたら天才ギター
リストとしての彼の活躍はなかっただろうけど、本人にとって
何が幸せかはわからない。

軍隊を抛りだされた彼は、2年後チャス・チャンドラーの引きで
イギリスでブレイクし、死の年までの4年間を疾走するわけだが
、この間も勿論「檻」と「敵」は存在していて、それは軍隊より
始末の悪い相手だったらしい。
どちらにしても、「檻」と「敵」と「薬」と「ギター」は彼には
付き物で、折角のテクニックを持っているんだから「薬」なんて
やめたら、という事はナンセンスでしかない。そのどれが欠けて
もジミ・ヘンドリックスはジミ・ヘンドリックスではなかっただ
ろう。
薬を餌にして彼を操っていたギャングですら、「ジミ・ヘンドリ
ックス」という奇跡をこの世に登場させるために、神が準備した
小道具のひとつだったのだ。

1970年9月18日、ジミ・ヘンドリックスは薬とアルコールのや
りすぎで、ゲロを喉に詰まらせて窒息死している。
享年27歳。

尚、ジミ・ヘンドリックスの人生についての本を読んでみたいと
思う人はノエル・レディングの「ジミ・ヘンドリックス(リアル・
エクスペリエンス)」以外の本を読んだほうがいい。ここに書か
れているのは八割がたノエル自身の事で、題名を「ノエル・レデ
ィング」と換えたほうがいいくらいだ。
[PR]

by shanshando | 2005-09-17 22:26 | ■古本屋の掃苔帖
2005年 09月 17日

さて

今上々堂は、店頭に「Arne(アルネ)」最新号が入荷のほか。
ネット販売には
松浦弥太郎氏の本など続々新入荷が!

同時に蔵書をご処分いただける方には、お買い上げ品を無料配達いたします。
ただし地域限定です。

(お売りいただく冊数が20冊以上の場合伺う地域)
中野 練馬 杉並の各区 武蔵野市 三鷹市 西東京市 調布市 国分寺市 国立市
府中市 

(お売りいただく冊数が50冊以上の場合伺う地域)
豊島 板橋 新宿 渋谷 目黒 品川 大田 の各区と川崎市 横浜市(ただし東京
より)八王子市 立川市 と東京都下の各市と埼玉の一部


このサービスをご利用になって、本をお買い上げいただくお客様はHPからではなく、
直接下記にメールをください。
 
    shanshando@aol.com


勿論買取だけでも伺います。お気軽にどうぞ。ただし、漫画や百科事典など買取を
お断りするものもあります。

そして、今日の掃苔帖は 若山牧水 です。
[PR]

by shanshando | 2005-09-17 00:11
2005年 09月 16日

古本屋の掃苔帖 第五十七回 若山牧水

随分秋めいてきた。
若山牧水を読むにはうってつけの季節である。

近代まで日本人は実によく泣いた。
現代になって、交通通信の発展によりあまり泣かなくなった。
という意味の事を司馬遼太郎がたしかどこかに書いていた。
たしかに、日本人は元来、兄弟たる極東アジアの諸民族同様
感傷的な民族であると思う。
近代と現代という区切りをどこでつけるべきなのかは知らないが、
牧水の歌がひろく読まれた、昭和初期まではすくなくとも感傷に
とらわれる事を恥とする傾向はなかったようだ。

牧水はよく泣く歌人である。
しじゅう「さびし」とか「かなし」とかばかり言っている。
多情さは、彼を酒に溺れさせ、女に惑わさせるが、常に感余のおよ
ぶところは山河になるようだ。そこが大きくていい。
岩波文庫「若山牧水歌集」からいくつか書いてみる。

白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

この河の流れて海に入らむさま蘆の間におもひ悲しむ

いわけなく涙ぞくだるあめつちのかかるながめにめぐりあひつつ

牧水はまた旅の人でもある。生涯の多くの時期を旅に過ごしている。
晩年はおもに住宅をかねる「創作社」の社屋建設のための資金作り
のための「揮毫会」の旅で、けっして自由気儘なものではなかったよ
うだ。
旅はやはり、あてどなく彷徨うのが一番で、金策の為の旅など辛い
ばかりであっただろう。
昭和2年朝鮮から九州を回る旅からもどり、翌3年9月17日急性腸炎
兼肝臓硬変症で死んでいる。享年43歳

今興居島屋の店の外で虫の音が聞こえる。しばしCDを止めそれを聞く。
さて、あと一時間半で店を閉めて戻って牧水読みながら寝酒を飲もう。
牧水と違って、こちとら毎晩、寝る前に台所で啜り込むコップ一杯の冷
酒だけが楽しみの、極小市民的酔っ払いである。
明日と言う日がなけりゃ朝までだって飲むんだが。

白珠の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり
[PR]

by shanshando | 2005-09-16 23:55 | ■古本屋の掃苔帖